2007年07月27日

嫁さんを選ぶなら このエントリーを含むはてなブックマーク

嫁さんを選ぶなら

服装で倹約力があるかどうかは簡単に判断できる。

ニッセンとかユニクロのありがちな服を着こなしてる子の方が、ブランドモノだとかヒラヒラだとかで着飾ってる奴より遙かに堅実で印象も良い。一番危険なのはそれをだらしなく着こなしてるような奴だが。


何が言いたいかというと、堅実でない奥様の勘違いブルジョワごっこに人生通して付き合うつもりはない男性諸君は

そこら辺はちゃんと見定めないといけないってこと。年収が年代平均程度しかない男がそんな女と運悪く絡んでしまったら泣きを見るだろう。


何も服に限ったことではない。ブルジョワごっこ大好きな奥様は常に浪費をしてくださる。

ランチパスタ(笑)だとかスイーツ(笑)だとかを1品数千円とかをガンガン浪費して下さるかもしれない。

さらには家は新築一戸建ててじゃなきゃ嫌だとゴネて、新築3千万の30年ローン地獄(利息3千万)の箱庭生活とか、車も使いもしないのに新車で??とか、論拠のない浪費癖を挙げたらきりがないのである。


奥様の気分一つであなたの生涯収入の半分近くは浪費されると見て間違いないだろう。


男性諸氏からすればこれだけ色んな罠が待ち受けてるわけなので、考えるだけでも恐ろしい。

世の男性諸君、勘違いブルジョワごっこ奥様にはご注意を。

続きを読む
posted by tsukamoto at 15:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 結婚

この間、好きな人と会って このエントリーを含むはてなブックマーク

この間

好きな人と会って、

でも、後から、

ちゃんと喋れたかな?とか

退屈させなかったかな?気使わせてなかったかな?

とか、そういうことばっかり考えてしまって。

あー不安。

難しく考えないて、楽しめばいいよ。

って周りの人は言うけど、考えちゃうよ。言葉の意味は理解してるけど、

だからって上手く心をコントロールできないよ。


また近いうちに会うけれど、不安。

怖い怖い。

だけど会いたい。

続きを読む
posted by tsukamoto at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年07月25日

今日の会話 このエントリーを含むはてなブックマーク

今日の会話

20歳大学生男。今日女友達と一緒に授業受けた。ちょっと暗いけどすごくかわいい子。

「増田君ってさぁ、誰とでも話せるよね。すごいなぁ。うちは狭く深くの人間関係が好きだから・・・

あんまり大学では友達つくろうって感じはないな。もうただ授業受けに来てる感じ。」

「そうなん?だって増田ちゃんは実家生だしさぁ。実家だと地元の友達がいっぱいいるでしょ。

僕は下宿だし。下宿は大学の人間関係がすべて、ってわけじゃないけど、大きな要素になってるのは確かだよね。」

「ああ、そうだろうね(笑。でも地元の子ともそんなに遊んだりはしないよ・・・さすがに中学とかの友達とかとは疎遠になっちゃうし・・・。

増田君、大学の授業楽しい?うち全然楽しくないわぁ。浪人して入ったから最初はがんばろう!って思ったけど、やっぱだめ。つまんない。もうただ単位のために来てる感じ。」

「そう?確かに楽しくないのもあるけど・・・。じゃあ何が楽しいのさ?(笑 最近楽しいことあった?」

「うーん、何にも楽しくないかも(笑」

「えー?そんなことないだろー?生きてるって楽しいじゃん(笑)(意味不明だな・・・)」

「そうだね・・・もうすぐ夏休みだから友達と旅行行くのが楽しみかな。。国内旅行だけど。」

「いいじゃんいいじゃん。(適当)それにさー、うちのゼミ(ゼミが一緒)は結構楽しい感じしない?人間関係もいいしさぁ。」

「そうだね!他のゼミは『ただ授業が一緒』っていうだけの感じだもんね。それに比べてうちの所はアットホームだよね」

(以下略)

今思い返すと暗い話題ばっかだなぁ。

上の会話の改良点とか教えてくれるとうれしい。

あとこの女友達を明るい方向へ持っていく方法を教えてくれ・・・

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

ゲイの男性にプロポーズされて早2ヶ月 このエントリーを含むはてなブックマーク

プロポーズと言えば、

ゲイの男性にプロポーズされて早2ヶ月。

ようやく彼も「女性とのセックス」に慣れてきたようです。

基礎がしっかりしているのか(?)飲み込みが早い。

でもまだ「自分はゲイだ」と言い張ります。

ダーリン、アンタ以外としぶといなぁ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚

原稿の締め切りが近づいてくる このエントリーを含むはてなブックマーク

原稿の締め切りが近づいてくる。ものすごく怖い。

あー。なのに、やる気が出てこないのはどうして。

まずいなあ、まずいなあ、まずいなあ。

締め切りの前日が、夏休み最後の日みたいにならなきゃいいな。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑談

日本はこんなに幸せな国なんだよ的なやつ このエントリーを含むはてなブックマーク

日本はこんなに幸せな国なんだよ的なやつ

ああいうの見ると腹立つ。

だからなんだよ。だからこのくらいの苦しみでガタガタぬかすなってか?これからますます日本は酷くなるけどアフリカ等の皆さんに比べりゃマシなんだからブツクサ言うなってか?

ふざけんな。そんでまた、そういう事言う奴はたいがいテレビに出ててガッチリ稼いでる奴なのな。てめーがいうなっていう。


もしくは貧しい他国と比べて、俺らまだまだ裕福じゃんって安い優越感を得るバカどもの仕業。

どっちもこりごりだ。気持ち悪いんだよ。吐き気がする。


大体ああいうのって、日本の不幸せな面は全く公表しない。アンフェアだ。




つーかこんな日本で幸せな国とか言われても絶望以外何も思い浮かばない。こんなレベルで、現代の地球にある世界の中ではかなり幸せなほうなんていわれたらあまりに希望がなさ過ぎる。なぜそこに気付かず、暢気に「俺らまだまだ裕福じゃん」とかいって優越感得られるんだ?気持ち悪くてしかたがない。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2007年07月24日

19歳当時の自分が30代後半の女性に嵌った理由 このエントリーを含むはてなブックマーク

19歳当時の自分が30代後半の女性に嵌った理由

おそらく自分も親に結婚の意志を打ち明けていたら、容赦なく叱責されていただろう。

二年前、俺が大学一年の時の彼女は30代後半で、親子でもあり得なくない歳の差の人と付き合っていた。

俺たち二人が手を繋いで歩いてたり、電車内で抱き合ったりキスしたりしてた光景は、かなり異様だったかもしれない。

俺は彼女のことが大好きだし、彼女も俺のことを好いてくれてるから、付き合い始めてしばらくすると同棲を始めた。

少しでも早く同じ屋根の下での暮らしを始めたかったので、一緒に部屋を探すなんていうじれったいことはできず、俺が彼女の部屋に転がり込んだ。

婚姻届を出すのも時間の問題だった。愛が芽生えれば、すぐにでも結婚していたはずだ。

そう、愛なんてありゃしなかった。全部性欲だった。射精する度に消えうせる夢・幻だった。

全てセックスが原因だ。アプローチをかけてくる彼女に、俺は拒否する理由もないので、流されるまま性運動を行った。

それまで俺の中でセックスとは、あまり楽しくないものだった。

その前に付き合っていた彼女とは、お互い初めてだったので、何回やっても上手くできない。

したいにも関わらず、しても満足感が得られない。快感が得られないのが、それまでのセックスだった。だが、彼女とのセックスは違った。

まず彼女は俺に舌を出すように要求すると、唇を俺の舌に吸い付つかせてきて、口内を何分も貪った。そんな刺激的なキスは初めてだった。

何をしていいかわからず動けない前の彼女とは違い、彼女は俺を気持ちよくするために積極的に動いた。

すごく気持ちよくて、脳が溶けるような思いだった。俺は彼女の虜になった。彼女と一緒にいたい、独り占めしたい、たくさんセックスしたい。

一日二回のオナニーで発散していた性欲が全て彼女に向けられた。彼女もそれに答えてくれた。

俺は友達と遊ぶ回数が極端に減り、毎日彼女の帰りを待った。彼女の仕事が休みの日は、俺も大学に行かずに、一日中裸体で過ごした。

セックスだけじゃなく、経済的な面も彼女に依存していた。生活費・食費は彼女が払ってくれる。

そんな生活も半年とちょっとで終わった。

posted by tsukamoto at 01:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | セックス

僕は物体Xを持っていない このエントリーを含むはてなブックマーク

僕は物体Xを持っていない

当方理系院生。彼女も理系院生。来年就職。どっちもわりと有名な会社から内定もらった。勤務地も結構近く。平日は実験だ発表だで忙しいけど、休みは二人で夕飯作ったり出かけたりしてる。今までも何度かピンチはあったものの、最近はだいぶ安定期。就職してからもこんなペースで会って、いつかは結婚とかして仲良くやっていければいいと思ってた。特別な喜びとかドキドキがあるわけじゃないけど、ほんわかした幸せ、小さな喜び。そんなありふれた日常がこれからも続いていくんだろうと思ってた。つい昨日まではね。

いつものとおり二人で夕飯食べてたら彼女の様子がおかしい。なんか大人しい。とりあえずカフェに入った。ブレンドコーヒーを二つ。

「言わなきゃいけないことがある」

「元彼に告白された」

元彼のことは彼女からもよく聞いてた。彼女と同じサークルの人。高校からの知り合いで、大学入ってすぐ付き合いだして、2年ぐらい付き合ってたみたい。今D1。

「どう言ったらいいか分からないけど、彼はどうしようもなく好きと感じさせられる「何か」を持ってる」

「あなたといるのは楽しいし、このままこの幸せが続いていけばいいと思う。

でも、あなたに対してその「何か」を感じたことは今まで一度も無かった」

「彼はこれからまだ2年間学生でこっちにいて、私達は一緒にこの街を出る。彼と付き合うとしたら遠距離になるし、うまくいく保障だって何処にも無い。茨の道を歩くことになるのは分かってる。あなたと一緒にいる将来はよく想像できて、きっと楽しいものになることも分かってる。でも、正直気持ちが揺れてる」

落ち着いてた。いつか来ると思ってた言葉だったから。社会人になってからかな、とは思ってたけど、まさか昨日とは思わなかったよ。まぁ分かってはいたんだ、自分がそれを持っていないということは前から聞いてたしね。

でも僕はそれを理解した上で、受け入れた上でいままでの時間を積み重ねてきたんだよ。その「何か」を持っていない分、別の何かをあげようと僕なりにいろいろ考えてやってきたんだけどな。お互いが与えられないものをそれぞれ納得したり妥協したりしながらこれまでやってきたつもりだったし、これからもやってくつもりだったんだけど。彼女もそう思ってくれてると思ってたんだけど。

考えて考えてお互いの関係を構築してきたつもりだったけど、それでもやっぱり駄目なのかな。その「何か」を持ってるか、持ってないかで、最初から決まってたのかな。

君にとっての僕は、安いドラマででてくる「運命の人の手前の人」みたいなのだったのかも知れない。最終回の一話前ぐらいにヒロインの親友が「自分の気持ちに正直になって!」とかヒロインに言って、それで最後はヒーローへ、みたいな、そんな安っぽいドラマ。

ありふれたラブストーリー。型にはまった展開、ありがちな結末。なのにどうしてこんなに悲しいんだろ。

別れる事になったら、このことから何を学べばいいのかな。僕に足りないものって、何だったんだろう。悔しいよ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年07月23日

沖縄県人のメンタリティ このエントリーを含むはてなブックマーク

沖縄県人のメンタリティ

沖縄県在住のアーティストがテレビ番組に出演していると

決まって「東京は人が多い」「早く沖縄に帰りたい」などという。

沖縄県に観光にいくとひめゆりの塔などで軽い日本批判をする

現地在住のガイドに出くわす。3回いって2回そうだった。

別段気にも留めてはなかったけど、ふとこれのルーツは、

琉球王国を日本に侵略されたという恨みからきてるものかしらと思ったら

似たような経緯で日本につっかかってきている隣国の方々を連想した。

だから、沖縄の人にくわしく気持ちを語ってもらえると隣国の住人

の気持ちも少し理解できるんじゃないかと思った。

沖縄の人は日本語も通じるし。逆に日本のほうの感情も少しは理解できそうだし。

さしあたってどうして「沖縄が1番」って東京のスタジオで収録し全国にむけての放送で

無邪気に言い放つことができるのか知りたい。

そういう演出なのかもしれないが、それでも気を使うってことはできないのかと思う。

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

恋愛ごとって このエントリーを含むはてなブックマーク

恋愛ごとって

頭を使わないほうが恋愛できるんだね。

頭を使って、倫理とか世間体とか考えて、相手のためとか誰にも迷惑かけずとか思っているうちに、腰が引けて一歩も踏み出せず、いい年になって童貞抱えたりするより、考えるより腰が先に動くような年齢に避妊も性病も考えずがむしゃらに恋愛ごっこを繰り返したほうが、現代では勝ち組。

頭を使わない人々は、駆け引きもなく、お互いの体からまず交わらせ、お互い心はどうでもよくて、利用できなくなったら捨て、終わったことで怒り泣き叫び、だがなにも反省せずにまた同じ事を繰り返す。

それでも恋愛できるだけ彼らは勝者だ。

恋愛したい増田よ、頭を使うな。異性には体でぶつかれ。とりあえず馴れ馴れしく触れ。頭をひねり心を砕いて恋愛のステップをあがるよりもずっとその方が早い。その場合頭を使わない異性しか引っかからないが、それでも恋愛は恋愛だ。勝ち組になれるんだ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年07月22日

神田川を聴いていると このエントリーを含むはてなブックマーク

神田川を聴いていると

あなたは もう 忘れたかしら

赤い 手ぬぐい マフラーにして

二人で 行った 横町の風呂屋

一緒に 出ようね て言ったのに

いつも 私が 待たされた

これって不思議な歌詞じゃね?なんで女が待たされるんだ?

風呂はだいたい男の方が早く出るもんなんだが、何か深い意味でもあるのかな?

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑談

2007年07月20日

強姦されて山の中置き去りにされた私ですが このエントリーを含むはてなブックマーク

強姦されて山の中置き去りにされた私ですが

何とか生き延びれました。

ホント何にも無いところで放置されたうえに荷物ばらばらにされたせいで

お財布が見つからなくてタクシー捕まえられなかった。

途中パトカーに手を振っても無視されて

靴擦れ起こして足の皮すりむけてもうだめぽ…と思ったら

世の中には親切な人がいるんですね…


その方は私がパトカーに無視されてたことに気付かれたみたいで、

わざわざ追いかけて車に乗せてくれました。

しかも家の前まで送っていってくれました。

そしてこういうときって色々質問されたりするものだと思ってたけど

オジサマは何も聞かないでくれました。

本当にありがとうございます。


家に帰れたのはいいけど

親に勘当されてひとり暮らしだし友達はひとりもいないし

そもそも食材は使い切るタイプだからストック空だし財布はないし

どうしようって途方にくれて思いついたのが売春。

もう同じじゃん?って思って。


ケイタイ番号載せたら速攻で申し込まれました。

さっそく近くまで来てもらって会った途端に鳴るわ鳴るわ私の腹。

ちょっとは自重しる!って思ったらオジサマ(B)すごい真剣な表情で心配してくれた。

そして言われて初めて気が付いた。私のカラダスリ傷だらけじゃん?

車に乗せてもらったときは夜だったから気付かなかったんだなーって。


色々心配してもらったけど、猫にいじめられたってとぼけた。

ウソ。泣いた。大声で。明け方で近所迷惑なのわかってたのに。

ご近所づきあいとか無くてマジ良かった。


オジサマにやめとこうっていわれたけど、

お金ほしいんでホテル行ってくださいってせがんでラブホへ。

ちょっとしかこわくなかった。


ホテルついたらされるんだろうな、って思って部屋に入ったら

オジサマはベッドじゃなくソファへ直行。

ソファでされるのか…と思ったらファミレスのメニュー?みたいなの開いて

なに食べたい?だって。


ポカーン


やばい俺マジで頭おかしくなったのかと思ったけど食欲には勝てないね。

サラダ冷やし中華とヤバイ大きさのチョコレートパフェがたべたい!


待ってるあいだに、オジサマが洗面所から濡れタオルを持ってきてくれた。

明るいところで見ると私ってば汚いわあ!

傷やアザもだけど、泥や草でも汚れてた。これなんてサバイバル?

シャワーだと痛いだろうからって。

うん、拭いてもちくちくして痛かった。

いたいいたい言いながらラブホでカラダ水ぶきする女は私くらいだろうなー


しばらくしてごはんキター

食べるって言うかむさぼってた。ゾンビだね。うまいうまいスコットー

チョコパフェとか1分かからずにぺろり。

いやあ私こんなんなっても生きようとしてるわーマジ感動。


食べ終わって即シャワー(水)。ちょっとひりひり。

で、やりました。

しなくていいって言われたけど、しなくちゃいけない気がしたから。


帰り際、オジサマは2万くれた。


ありがとうオジサマ。これで生活できるよ


すごい上機嫌だった。

だって2万だぜ?されるだけでごはんと諭吉が手に入るとかどこのRPGですか

とか考えてた。


でも、家のドアを閉めたとたんすごい吐き気。

トイレに全部でた。

レタスがたっぷり入ったごまだれの冷やし中華も

バナナとチョコアイスだけかと思いきや苺もたくさん入ってた夢のようなパフェも

ぜんぶ私から出て行った。


たぶん、あの男のアレも。


そう考えたら、すごく気持ちよくて

のどに指を突っ込んで水っぽくなるまで吐き出した。

これやばいわ。

カラダの中がきれいになってく気がするもん。


気が付いたらトイレで寝てたみたい

起きたら夜8時だった。

食べ物がほしくてスーパーへ行った。

歩くと傷がすれて痛かったけど、それよりも口に物を入れたかった。

カップめんとか駄菓子とか、普段食べないのに、むしょうに食べたくなって買いまくる。


家に帰ってパソコンつけて、買ってきたものを食べながら

2ちゃんねるとかブログ更新とか(笑)

ていうか今ももぐもぐしてる。チョコク○スピーとかもうすぐ一箱いけそうだわwww


もうね、こうしてると昨日のことは夢だった気がする。

パソコンって最高じゃね?

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | 人生

最近わかった事だけど、世の中に本当に悪い人なんていない このエントリーを含むはてなブックマーク

最近わかった事だけど、世の中に本当に悪い人なんていない

そしてそれと同様に、本当に良い人なんてのもいない

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生

2007年07月19日

女高生球児、規定で出場できず応援対決へ…東東京大会 このエントリーを含むはてなブックマーク

女高生球児、規定で出場できず応援対決へ…東東京大会

http://www.yomiuri.co.jp/sports/hsb07/news/20070713i409.htm

この時期になるとこういう3面記事がぽつぽつ出てくるな。

高校野球大会に女子が出場できないのを男女差別とか、高野連の保守性とか言う奴もいるし。

高野連は列記とした「男子」高校野球の連盟であって、別に意地悪して女子を排除してる訳じゃないんだけど。

むしろ、男女別が当たり前で、フェミニストたちさえそのことに異論を唱えないスポーツ界で、どうして野球だけ男女混合なんて馬鹿げた話が出てくるのかが疑問。

「野球狂の歌」とか「メイプル戦記」とか「勝利投手」とか、そういう作品の影響だろうか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

俺31歳既婚でニート、ついでに既婚メンヘル このエントリーを含むはてなブックマーク

俺31歳既婚でニート、ついでに既婚メンヘル

今日仕事の面接をキャンセルした。

ちなみに、俺ずっとニート。

五年前からうつ病で仕事でけへんくせに結婚して、妻妊娠した。

大学院博士中退くずれ…。俺の人生オワテル\(^o^)/? オワラナイ方法ある?

id:finalvent先生に俺の人力検索質問を引用して貰ったけど、もとの質問見つからねwww

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚

美人の痴女や逆レイプになら遭ってみたいとか言い出す男 このエントリーを含むはてなブックマーク

美人の痴女や逆レイプになら遭ってみたいとか言い出す男

痴漢やレイプの話をしていて、美人の痴女や逆レイプになら遭ってみたいとか言い出す男には、心底反吐が出る。女を狙う男の性犯罪者と、男を狙う女の性犯罪者を同列に語ることが、そもそも間違ってる。簡単だ。男の方が力が強いからだ。

基本的に女は、素手でも女を傷つけ、殺すことが出来る男の腕力が怖い。セックスが成立するのは、相手を信頼して身を任せてもいいと思えた時だけ。それ以外は夫婦間でもレイプだ。

「傷つけられる」「殺される」という恐怖感の前で、人間は本能的に体がすくむということを、忘れてものを言う人が多すぎる。性犯罪では、「気持ち悪い」「嫌だ」という嫌悪感ばかり取り沙汰されているけれど、それ以上に怖い。その気になれば、目の前の人間は自分に危害を加えられると分かっていて、声を出すことの勇気がどれ程のものか想像して欲しい。イケメンだろうとそうでなかろうと、自分の性欲に任せて相手をどうこうしようという人間は総じて怖いものなのだ。

女好きの男の人が、痴漢やレイプに遭った時の女の気持ちを想像する時は、痴女や逆レイプではなく、どう考えても腕力では勝てそうもないガチムチのゲイ(しかも武器所有)を想定して考えるといいんじゃないかな。もちろん真っ当なゲイの方々には申し訳ない話なのだけど、ポイントは嫌悪感だけでなく、危害を与えられるかもしれないという恐怖感なのだし。

女性専用車両の問題もそう。自分の周囲が毎日ガチムチのゲイの方々ばかりだったらと思えばいい。男=痴漢じゃないように、ゲイ=痴漢ではあり得ないのに、そのまま乗り続けられるストレートの男性がどれほどいるんだろうかと思う。

自分が腕力で敵わない相手から、性的な対象で見られることに、男は慣れてなさすぎる。だから一番最初に言ったみたいな、無神経な発言が出来るんだと思う。

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | セックス

バカばかりの社会で生きていくために必要な6つの心がけ このエントリーを含むはてなブックマーク

バカばかりの社会で生きていくために必要な6つの心がけ

http://lifehacking.jp/2007/07/ten-things-to-learn-before-graduating/

はてなブックマーカーは仕事中にブラブラとネット巡回してるくせに、仕事論みたいなものがホント大好きだよなあ!

僕の感想を言わせてもらうと、まったく嘔吐が出るね!あれしろこれしろって、俺は資本家ちゃんの奴隷じゃねーっつーの。これって「オーケ!みんなで社畜になろうぜ!」ってことでしょう?これ読んで喜んでる人って格差社会の下にいて快感を得てるようなマゾヒスト?それとも提案型営業が得意な自称コンサルタントみたいな人?

というわけで僕が社会で生きる上で本当に心がけてべきことを6つ書いておくよ。特に学生のみんなは参考にしてね。

無責任に生きる

会社では誰も責任をとろうとしない。責任を負うというのは目に見えない仕事で、目に見えない仕事は評価されないから。金はやるから上司は責任をとれよ、というのが年功序列システムだったのだが、これが崩壊して成果主義となったため、進んで責任をとる上司は絶滅寸前になった。責任感を胸に秘めるのは坊やの生き方である。責任逃れのテクニックを覚えよう。

会社はどうでもいい

会社の行く先なんてどうでもいい。いい給料でいい仕事があれば、迷わずそちらに転職すべきである。そのためには常に転職先を探しておくべきだ。それが自由経済というものだからである。今までやって来た仕事の責任なんて感じなくていい。人間関係に遠慮して下らない会社に留まるなんて愚の骨頂。社会的に出世すれば、人間関係なんて後からついてくる。大会社にいるから安心、なんて思っている人、かつてのダイエー社員やカネボウ社員もそう思ってただろうね。

時間を守らない

会社ってのはだいたい馬鹿みたいな組織で、暇にしているとどうでもいい仕事をさせられる。余裕があると会議が長くなる。だから仕事について、時間を守る必要なんてない。余裕を持って仕事を進めるなんてもっての他。上司の言う締切よりずっと後、自分の目で見て本当にギリギリのところで、ちゃんと仕事が出来ていればいい。もっとも、お客さんとの約束は守ろう。こちらもギリギリで十分だけどね。

付き合いは悪くてもいい

仕事の話になると必ず上司の酒は飲めとか、社員旅行には絶対参加しろとかいった類の話が挙がっていること自体、とっても恥ずべきことだよ。嫌な酒は飲まなくていい。それであなたの会社の評価が下がったなら、それはそれで甘受すればいいじゃないか。会社人としてのちっぽけな誇りを得るのではなく、人間として誇り高く生きるんだ。どこまで出世したって上司はいる。いつまでもヨイショしているような人生を歩んでも仕方ない。

バカと生きる

世の中はほんとうにバカばかりです。自分に自信がなくて働くのが怖いとか言っている人は、本当に働いてみると別の恐怖を味わうと思う。こんなバカが世の中を動かしているのか!ってね。企業の不祥事がニュースになるたび「誰も止めなかったのだろうか」と思うでしょう。誰も止めません。みんな現状維持しかできないバカだから。だからあなたに少しでも才能があって、ちょっと努力すれば、すぐに仕事なんて片付きます。もっとも、バカが邪魔しなければの話。本当に悲しいことだけど、実質的な仕事というのは大半がバカの対処です。バカと生きる術を身につけましょう。

社会のために働く

なんのために仕事をするのか?会社のため?まさか。稼ぐため?もちろん。自分や家族のため?そりゃそうだ。でも、もしあなたの心にもう少し余裕があるならば、社会のために働くんだ、という考え方を身につけよう。自分のため、稼ぎのためで仕事をしていたら、いつか潰れる。なぜなら、世の中には生まれた時からこちらの生涯年収を越える資産を持つようなガキがたくさんいるからだ。バカと付き合って身銭を稼ぐだけの毎日では、いつか死にたくなる。だから社会のために働こう。仕事の中に少しでもいいから、社会の利益になる提案を組み込んでいこう。社会を良くして、将来のためにバカを減らしていくんだ。自分の利益ばかり考えて仕事をしていると、定年になった時に自己中で溢れた荒んだ世の中に気付くことになる。そしてあなたは文句を言うこともできないんだ。

感想、反論、お待ちしてるよ。じゃあね!

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

アキバ系ファッションを世の中の最先端モードにする方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

アキバ系ファッションを世の中の最先端モードにする方法

http://d.hatena.ne.jp/k-d-hide/20070716/1184521331


モテを拡大解釈すると男も女もどっちにもモテる力を持った人ですよ

非モテでいいやっていう人はまぁ別に、周囲の人にどうおもわれようとかまわないって人ですね

でもいわゆる、非モテだろうがモテだろうが

生きている限り人間である限り誰かに「モテたい」とおもっているのは事実だと。

これはべつにセックスできるできないうんぬんの話じゃないですよ

注目されたいレベルの話です。人間的魅力っつうか。

ただ、別に自分と違うセカイの人、自分と属性が違う人から「もて」なくてもいいやーとおもってるだけだとおもうんですよね

だからオタクのひとたちが、渋谷っぽい人たちからさげすまれても別にあんまきにしねー非モテでいいやーってなってるわけですよ

あんなセカイが違うやつからもてなくていいやと

でも、同じ属性のやつからは人気をえたい。だから職人やらネ申が生まれるわけで。

アキバ系はファッションとして間違いなくアリだとおもいます

だってカルフォリニアンイデオロギー的ジーパンTシャツファッションだって、そのイデオロギー性とアクティブさでかっこよくみえるし

アイビーやらなんやら今の秋葉原系ファッションの元になっただろうものだって本来かっこいいものなわけです

なんでかっこいいかってそのひとたちがモテだから。=人間的魅力があるから=ひとをひきつけられるから

アキバファッションがかっこいい!ってなるためには、アキバ的価値観がもっと渋谷っぽい価値観や、丸の内史観な人たちにかこいいっておもわせることができたときですよ。

で、さっきの話に戻ればアキバ系はなんといおうが「自分たちの中のモテ」は追求しようとしている感じがある。

ある程度の人数に理解される価値観は、ちょっとしたきっかけでもっと広い範囲のモテへと変化できるとおもう

もっと世の中とアキバ系モテ的価値観が共有されれば、もしくは世の中を洗脳することができれば、アキバ系ファッションは間違いなくモテになる。





っつかたぶんさー、ニコニコ動画とかで、アップしてるひとの全身像の写真とか動画を絶対アップしなきゃいけないプロトコルになってて

神動画とかをアップしたときの映像がみんなあたりまえのように(交差点ですれ違うレベルで)みることができて

そのファッションがみんなアキバ系だとしたら

(そのうえ、日本人全員とはいわず、わかものがみんなニコニコ動画だいすきだとしたら)

たぶんアキバ系ファションは超モテですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

渋谷とかでアキバ系ファッションであるいてたらみんなふりかえって

あの人はセンスあるに違いないっておもうはずなんですよ!

だからニコニコ動画運営はいますぐにでも職人たちのアップ姿を強制実況中継するシステムにかえるべきだ。

かっこよくリターンキーをパシーン!!!!!!!!!!!!

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | ファッション

海外エロサイトで懐かしい映像が…… このエントリーを含むはてなブックマーク

海外エロサイトで懐かしい映像が……

海外のエロ動画投稿サイトで見つけちゃった。

ゴスロリの衣装を身に纏い、バイブを陰部に当てながら、静かに吐息を漏らして喘ぐ男……数年前の自分だ。

まだ10代で簡単にお金を稼ぎたかった自分は、出入りしていたゲイバーで知り合った人にそそのかされてある話に乗った。

女装オナニービデオを撮ること。自己紹介をし、ちょっとしたインタビューに答え、オナニーを披露するという内容。

それは特殊な嗜好の人間が集まる上映会で流される一本で、会では同じようなビデオが複数人分流されると聞いた。

被写体を気に入った会の参加者は、主催者を通じて被写体に連絡を取ることができる。

被写体は連絡がきたら無視してもいいし、援助交際してもいいし、普通に付き合ってもいい……。

自分には二人から連絡があり、それぞれお金をもらって数回行為に及んだ。

今にして思えば割の合わないことだけど、当時の感覚では短い時間で高いお金の貰える最高のバイトだった。

そんなバカで向こう見ずで、でもまだ若くて可愛かった時代の自分の映像が今全世界に配信されている。

……不思議と怒りや恐れは湧かず、むしろ嬉しい。英語で動画を賛美するコメントが10ほどついていた。

元々露出狂でMの気があるので、自分のオナニーが色んな国の人を興奮させていると思うと、自分も興奮してくる。

最近鬱だったけど、なんだか元気が沸いてきた。何ならこれ自分ですってコメントしちゃおうかな、なんて思った。

男性だけじゃなくて、女性って人も「素敵!」みたいなコメントしてくれてるんだよ。嬉しいなぁー。

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | セックス

リラックスするってどういうことだろう このエントリーを含むはてなブックマーク

リラックスするってどういうことだろう

好きだからこんなにリラックスできるんだよと恋人は言う。

それを聞きながら、リラックスするってどういうことだろうと思う。

恋人や友達よりも先に眠ったことがない。また遅く起きたこともない。

常に緊張している気がする。それが”正しい”と思っている。

酒に酔えない。陽気になることはできるけれど理性が手放せない。

自慰以外で絶頂に達することができない。気持ちいいのにどこかで抑制する自分がいて、素を出すべきじゃないと思っている。

真逆の性格をしている人に惹かれることが多い。

かれらの自由さに惹かれて、一緒に自由なふりをしてみて、最後には恐ろしくなる。


さらけ出すってどういうことだろう。さらけ出した自分はどんな人間なんだろう。

平穏な明日なんてないと思っている気がする。

どうしたら明日も愛されていると思えるんだろう。どうしたら明日も愛していられると思えるんだろう。

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。