2007年09月03日

会社を本気で辞めようと思っている このエントリーを含むはてなブックマーク

会社を本気で辞めようと思っている。

IT企業に入社してもうすぐ3年経つが、会社の経営方針と自分がやりたかった事にだいぶ差が出てきた。

会社は偽装派遣で社員という名ばかりの派遣を大量に生産し、部長クラスが40〜50代でその下に平社員が

全員20代という摩訶不思議な会社だ。

毎年入社5〜10年目の人が10人程辞めていき、文系大卒、高卒を20人程入社させると言ったスパイラルがここ3年続いていた。

何度も会社のトップに自分のやりたい事を直訴してきたが、一切聞いてもらえず、悔しいが説得できなかった自分の力量不足をもう認めようと思う。

しかし、ここで問題がある。

自分はプログラマとして働いてるのだが、現在地方に飛ばされており自社のある東京に帰れないのである。

12月までには戻れる予定なのだが、戻ったら現在のプロジェクトのSEとして客から用件を聞いてシステムに落としてもらうと言われている。

おそらく12月までの仕事は仕様を理解してもらう為のものだろう。

でもA社(開発)とB社(エンドユーザ)の間を別会社の自分がブリッジしなければならないのだろうか?

いま辞めると言うと会社としても大問題になるし、自分も次の会社を決めてない為不安がある。

しかし、東京に戻って次の会社を決めるとなるとぎりぎり年内に決まるかどうかだろうからその頃にはSEにならなきゃ行けなく、引き継ぎとかを考えると

辞めるタイミングがなくなってしまう。

辞めるタイミングや会社を探すタイミングなどいろいろ退職活動ってむずかしいね

http://anond.hatelabo.jp/20070902004800

昨日のコボルの子以上に泣ける。

辞めるいってるのに、別の仕事振られてふりまわされてるこの現状はなんなんだ? みたいな。

お人よしでも5年、6年で、強行突破を図るのでその手の会社で働き盛りが去るのはいたしかたがないこと。


冷静に考えれば、搾取する上がふさがっている以上、今の若手にその会社での目はない。


就職氷河期とバブルの残滓が集まって規模だけおおきくしたこのての会社は、

人手不足からくる圧倒的質の低下により、残念ながら早晩なくなるだろう。

面白いことにそういう会社に苦しめられた人の数というのは狭い業界に山のようにおり、

若い時期に苦労した甲斐あって、手に職をつけ、

それなりの会社のそれなりのポジションにいることもある。

つまり、OB層によるその古巣の包囲網が実は半端ない。


機会があったら君の会社の社員番号を見てみるといい。

その数からいままでに辞めた人の数を推測できないだろうか?

面接にいったらOBだったという奇縁はすくなくない。

非常に面白い業界でもある。

anond:20070902004800

まず、転職先を決めましょう。

次、1ヶ月後に辞めますとはっきり言いましょう。

後は、1ヶ月耐えましょう。

以上。辞めるのなんてすごい簡単だけど? 辞められない、と思うのは本人がそう思ってるだけであって、会社行かなきゃあそれまでだし、法的にもそれで問題ない。毅然とした態度が大事だよ。

anond:20070902011022

転職先を決めるのが先だな。

価値の話だが、

もし、次の転職先がいまの給与の倍くれるとすれば、今の会社にいる期間はその金をずっとドブに捨てている気がする。

金以外のことでも同様なものいいができるとは思う。

人の生死が関わっているわけでないし、そうそう大事な仕事なんて滅多にない。

会社の業務を必要以上に大事に考えるのは病にかかっているみたいなものだな。

http://anond.hatelabo.jp/20070902011022

自分の中で辞める事は決定してるんだ。


ただ、自分にとって一番ベストな辞め方が難しい。

転職先は現在地方なので探せても面接とかできないから内定もらえるのは年内だとぎりぎりになると思う。

そうなると転職先を決めずにすぐに辞めるか、転職先をみつけて来年辞めるかなんだけど

来年辞めるとなると引き継ぎとか色々と問題が出てくる。


同じ過ちを繰り返さない為に、次の会社はじっくり選びたいけど、それも難しいのかな。

anond:20070902012147

来年辞めるとなると引き継ぎとか色々と問題が出てくる。

この部分は重要。これは、あんたが面倒ごとに巻き込まれたくないから、と言う理由であればよくわかるし、正しい選択だ。


でも、みんなに迷惑がかかるから、なら、おかしい。あんたは、みんなのために犠牲になっていいのか? そもそも、辞めるタイミングを先延ばしにすることがみんなのためになるのか? 業務なんて、重要人物がいなくなっても必ずその代わりの人が生じてくる。人が足りなくなれば投入されるし、雇用だって起こる。たとえ業務の遂行に致命的な支障が出ても、企業は手を引くと言う決断もできる。


自分しかこの業務はできないんだって言う、自己陶酔に近い幻想を抱いてないか?

anond:20070902012147

やりたかったことがあるなら、それをじっくりとできる会社を選んだほうがいいと思うよ。

辞める時期が多少ずれこんでも仕方ないと思う。

次が決まってないのに退職するのは最悪だ。

「生活しなきゃいけない」という理由で結局中途半端な会社を選んでしまう気もする。

http://anond.hatelabo.jp/20070902012147

入社する前にじっくり選んでもいいけど、入社してからじっくり考えてもいいんじゃないかな?

入社してから別コネ作って転職しても別にいいと思うけど。

というか、入社する前に会社を見定めることができるなら、その能力で飯食えると思うくらい難しいと思う。

posted by tsukamoto at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53778973
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。