2007年09月22日

意見を述べる彼と、内で自己完結する僕 このエントリーを含むはてなブックマーク

意見を述べる彼と、内で自己完結する僕

ニートの彼は、実に堂々と不満とそれを肯定する屁理屈を口にする。

派遣労働者の僕は、それを「いやそれ違うから」と胸の中でつぶやいて目を伏せる。


彼は、また明日、家を飛び出てどこかで誰かに一方的なバトルをしかけているだろう。

僕といえば、決められた時間に何も考えずに配電盤のレバーを上げる。


週末海で遠くを見ながらなんとはなしに考える。

「今年も去年と同じだ」

posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56568826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。