2007年10月11日

将来が不安 このエントリーを含むはてなブックマーク

将来が不安

一浪中の予備校生です。将来の不安で胃が痛い。


旧帝大の経済学部を目指してますが、そもそも本当に文系のままで良いのかどうかで迷ってしまう。

最初、「この社会の仕組みや成り立ち、そして色んな問題(特に地域格差)の対処法を勉強したい」

と思って経済学部を志したんだけど、「経済の奴は勉強しない」「教授も実学的なことを教えない」とか聞くと

本当にこの道でいいのかどうか、迷いに迷って体調を崩しました。


工学部に行ってものづくりを学んだほうがいいんじゃないか・・・とか、

いやいや、二浪は親が許さないだろう、だとか。


何より、周りの同級生達が「全然そういう将来の不安なんて感じてない」っていう風なのに

自分だけこういうことを悩んでるのが凄い苦しい。


判定は結構いい線行ってるので、このまま志望校を受けたら通るだろうけど…辛い。

去年は全然悩んだりしなかったのにな??。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

19歳で将来のこと考えてるって偉いな。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

文系の方が勝ち組だぞ。工学部なんかに行ったら男ばかりで一生結婚できない(君が女なら逆に人生楽勝だが)し、

仕事も低賃金長時間労働の職にしか就けない。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

経済学部がどうとか、その大学全体がどうかとかはあんまり関係ないと思うよ。

やる気があるなら、その分野で尊敬できる研究者のいる大学に行って、1、2年のうちから押しかけていって専門の授業とかゼミとかにも出させてもらうといいよ。基礎は独学でなんとかすればいい。それから、国内の研究者だけじゃなくて、欧米の経済学、経営学、公共政策の最先端の研究動向にも早いうちから注目しておいた方がいい。

http://anond.hatelabo.jp/20071010124435

元増田です。ありがとうございます。

基本的に「人が生きやすい」社会を作る仕事が出来たらいいと思ってるので(要するに公務員)、

入ってからもそういったことを勉強して、「税金ドロボー」とか言われないような人間になりたいと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20071010213016

公務員に求めることはただひとつ。

公務員以外の連中と交われ。ただし癒着なしにだ。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

まず。

経済学というのはばっさり整理すると社会学・政治学・倫理学と最適化理論とゲーム理論のハイブリッドした学問です。

最適化理論は、工学部(とくに電気系、化学系かな‥)の勉強をきっちり極めた人なら基本はすぐ理解できます(計算だけなら今はExcelがやってくれるし)。実際、現代数理経済学の大成者であるポール・サミュエルソンは学部学生時代にはMITでエレクトロニクスをやってました。ゲーム理論はそれよりはちょっと純粋数学かもしれない。要するに理論系は数学・工学系有利で、すごく勉強が好きなら後からでもなんとでもなります。

問題は最初の文系三科目で、要するに「主張」と「事実」の区別をつけづらい、つけても意味のないことの多い世界です。マックス・ウェーバーの『職業としての学問』とか『プロテスタンティズムの精神と資本主義の倫理』あたり、あとはアマルティア・センとか小室直樹(ただし『ソビエト帝国の崩壊』までね)とかかじってみると、経済論争の原動力になっているそういうどろどろした世界の様子が少しわかるかもしれません。

http://anond.hatelabo.jp/20071010154911

倫理学なんか入ってますか?

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

哲学的倫理学は対象外かもですね。

ケネス・アローとかアマルティア・センとかの研究の多くはゲーム理論的現代ミクロ経済学とも厚生経済学とも倫理学とも言えるものだと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

あと学問としての経済学に影のようにひっついているものがあります。「お金や言葉の力を使っていかにライバルを黙らせたりつぶしたりするかの方法の研究」。

経済学部でやる貿易とか金融とか制度の研究は、表向きはあるモデルが経済現象をうまく説明できるかの研究だったり、どんなルールを実施すればみんなが公平に競争できたり、にこにこ仲良く富んだりできるかの研究だったりしますが、逆にいえば「現実をうまく説明できないというか、ある勢力に有利な説明をする方法」「不公平なルールをライバルにうまく押し付ける説得術」を身につけることになっています。

ビジネスの世界で経済学部卒の価値はここらへんを理解しているから、という点だったりもして、それは工学部では多分教えてないと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20071010164107

ビジネスの世界で経済学部卒の価値はここらへんを理解しているから、という点だったりもして、それは工学部では多分教えてないと思います。

よけいな誤解を招かないように申し添えておきたい。

後だしじゃんけんで勝つためにはじゃんけんのルール知らないといけないし、麻雀でイカサマやるには麻雀のルール知らないといけない。という話ねこれ。

イカサマの種類を知っていれば防御法もわかる。そういう人は重宝される。実際にイカサマに手を出す人はごく一部。


ということにしておいてくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20071010123428

それ全部関係ないだろ。

厭戦気分で直近の課題より遠い将来を見てる振りしてるだけだよ。

集中しな。

http://anond.hatelabo.jp/20071010164635

色々意見を頂きましたが、結局これが一番当たってるのかもと思いました。

受験が終わった後のことは受験を終えてから考えることにします。


受験勉強しながらまずは胃を治そう。

posted by tsukamoto at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60072112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。