2007年10月28日

人を信用してるようで全然してません。 このエントリーを含むはてなブックマーク

人を信用してるようで全然してません。

親の不倫を知った子供の心はゆがみますか - Yahoo!知恵袋

親を信じられなくなります

ゆがまなくても、傷つくことは間違いないです。

ゆがむでしょうね。不倫は家庭を壊す行為ですから、配偶者だけでなく子供のことも裏切ることになります。子供自身いちばん信頼したい人間に裏切られるのですから、深い傷になるとともに簡単には人を愛せない人間になる可能性が増えるでしょう。その位悪いことをやってのける人間は本当に許せません。

父親がそういうことしていて、それ以来父親は信じていません。

表向き相手にしてますが、心の中では信じていません。

中学一年の時に父親の不倫を知り、家庭内での泥沼状態を経験して、ゆがみました。

私も、今でも父を信じてません。私は立ち直ることができましたが、父への不信感は一生消えないと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20071028143540

子どもはなんで無根拠に父親を信じてるんだろうなぁ…。

っていうか、父親が不倫をすることの致命的なデメリットがわからないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071028144641

それが親子というものなんじゃなかろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20071028144641

致命的かどうかわからんが、兄弟3人誰も父親の面倒を見るつもりは無いし、母親より先に死んでもらいたいと思っているよ。

あ、でも、金が稼げるうちはほどほどに生きていて欲しいけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20071028155109

「父親に裏切られた」と感じているということは、「不倫はいけない、そして私の父親は不倫なんてしない」と信じていたということだよね。人格形成も終わっていない子どもが、どうして「不倫はいけない」だなんて倫理観を持っているんだろう。どうして「私の父親は不倫しない」なんて信じていたんだろう。それが不思議なんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20071028155109

子供の人格をどれだけ軽んじてるんだか知らないけど、事実裏切られた気分になってるんだから、形成されてんだよ。その程度の善悪の区別は。

モラルの低い家庭だったなら当然裏切られたなんて思わなくて済んだだろうけどね。


#これ系の話は、結局モラルの違いで永遠にすれ違うな。だから緩いモラルで育った人間とはつきあいたくないんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071028161642

子どもがショックを受けること自体を否定しているつもりはないよ。

子どもが「不倫は悪だ」と考えているのはおそらく間違いない。

問題は、なぜ「不倫は悪だ」と考えているのか、という点にある。

不倫は絶対悪だろうか。違うよな。

不倫自体に大したデメリットはないんだよ。

しかし理由もなく「不倫は悪だ」と認識されている。

人格形成に影響を与えるほどに、子どもはそれを信じている。

それが不思議だと言ってるんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20071028162505

そんな抽象論を展開するならそもそも絶対悪なんて存在しないのでは?

不倫したら嫁と子供が傷つく、だから悪いこと、それで良いのではないか?

http://anond.hatelabo.jp/20071028163046

なんで傷つくのか、を問題にしてるんだよ。

特に子どもが傷つく理由ね。

http://anond.hatelabo.jp/20071028162505

不倫は絶対悪だと思います。

何故なら、結婚という契約を破っているからです。約束を破ることはいけないと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20071028143540

父親を神聖化しすぎ。パパは一生100%子供のために生きていかなきゃいけないの?

posted by tsukamoto at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62992942
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。