2007年10月31日

私のお仕事をたとえてみる。 このエントリーを含むはてなブックマーク

私のお仕事をたとえてみる。

いらっしゃいませお客様。

「あー、困っちゃってんだよね」

どのような状態でしょうか?

「あー、なんか、ぐむっぐぐーって感じ」

”ぐむっぐぐー”ですか?

「いやむしろなんだ、ずどーん?」

”ずどーん”ですか。ところで私が見るところとても頻繁に目をこすってらっしゃいますが、最近ホコリっぽい所に行かれたり何らかの液体を目にかけるなどされましたか?

「いや、それはない?ないな。ないよ」

体の重い感じがしますか?座り込みたい、横になりたいといった気持ちはありますか?

「あー。いわれてみればある。あるある。」

もしかして眠かったりしませんか?

「そうか。眠い?私は眠い…?これが眠いということか。そうかも。」

さてお客様、”眠い”という事象のどのような解決がお望みですか?

  1. 起き続ける必要があるので、その手助けがほしい
  2. 睡眠をとりたいので、その手助けがほしい
  3. 現状睡眠が十分にとれていないことに対して原因究明と対策をしてほしい

「寝床」

”寝床”でございますか。直ちに睡眠を取りたいのでホテルに予約をいれて案内して寝かせろ、という解釈でよろしいですか?

「違う。寝床良くないから普段眠れないからに違いない。良い寝床がほしい」

現状の寝床の調査をさせていただいてもよろしいですか?それが真の原因とは限らな…

「いいから寝床をよこせ」

承知いたしました。どのようなタイプにいたしますか?以下のようにさまざまなものを取り揃えてございます。お値段も概算でお知らせいたします。

  1. 天蓋つきベッド+ポケットコイルマットレス+羽毛布団
  2. 和風羽毛布団セット
  3. サイドボード付きベッド+ボンネルスプリングマットレス+綿布団
  4. 和風純綿布団セット
  5. 折りたたみベッド+高反発ウレタンマットレス+毛布
  6. 和風アクリル布団セット
  7. 南国風ハンモック
  8. 敷き藁

「ハンモックが良い」

設置のための条件を選びますので、現地調査させていただいてもよろしいですか?

「嫌だ。今すぐよこせ」

これはお客様のために必ず必要なことですのでお願いいたします。

「じゃあさっさとやれ」

……

お客様、お客様の寝室ですと設置場所がないため柱を立てる必要がございます。お値段はこれこれかかります。

「かえって高くつくじゃねえか。ふざけ、んな、ふああぁぁ(眠)」

ここで寝ないでくださいお客さまー!

「じゃあベッドで一番安い奴でいいや。早くして」

了解いたしました。正確なご予算をお聞かせください。また毛布の柄、シーツの色や飾りなどはいかがいたしましょうか?

「4万円。これ以上でない。後わかんないから適当にやっといて」

了解いたしました。設置後ご確認ください。

……

いかがでしょうか。

「柄気に入らない。シーツこの色嫌。フリルも付けて。お金はこれ以上出ない。」

……

修正いたしました。いかがでしょうか。

「まあ前より良くなったし良いとするか。ところで一割まからない?」

まかりません。

「じゃあ抱き枕つけて」

だめです。

「毛布とシーツのクリーニングサービス2回でいいや。つけないと払わん。金輪際物買ってやらん」

うーん…それなら、何とかいたします。お買い上げありがとうございました。


恋人よこれが私の、プログラマーの仕事です。

ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらちゅららー、ちゅらちゅらちゅらちゅーらーらー。

http://anond.hatelabo.jp/20071030224122

プログラマーなの?SEでしょ?

例文に書いてるのって上流の作業じゃん

まぁプログラマーが上流作業しないとは言わないけども、

客と話積めるのって普通SEだよなぁ…

Re: http://anond.hatelabo.jp/20071030224122

SEからPGに転職したんだけど、やってることはむしろ幅が上下に広がってしまいました。給料上がったからいいけど。というかSEかPGかはしょせん社内の呼称に過ぎないって感じ。ぐらでーしょんで。

あと「一週間」の歌と語呂が悪かった。

http://anond.hatelabo.jp/20071030230345

もう5年ぐらいIT関係(笑)の仕事をしているけど、いまだにSEとPGの違いがわからない。

一応肩書はPGなんだけど、顧客折衝から新人教育、使用技術の選定、金額の設定、開発状況の管理をしている。

もちろんプログラミングも

http://anond.hatelabo.jp/20071030231408

見積りを書くようになればわかるさ( ,_ノ`)y━~~

http://anond.hatelabo.jp/20071030231408

いっそそこまでやったほうがPG的にも楽だったりする?

いや時間的にはきついだろうけど、ただ作業を振られるんじゃなくて折衝からかかわってた方がお客さんの要求とか分かってやりやすいのかなぁって。

http://anond.hatelabo.jp/20071030231720

規模が小さければそれでもいいだろうけど、ある程度規模が大きくなると

PGとSEはきちんと分けないとやってらんないよ

あ、この場合のSEは営業含めたSEね

というかPGをしないSEといえばいいのか

つかほんとSEって単語は表現として使いづらい

http://anond.hatelabo.jp/20071030231720

昔一度、孫請けで開発したことがあるけど意味不明な使用で苦労した記憶がある。

コーディングしにくく、顧客にとって使いにくい仕様だったり、どう考えても実現不可能な仕様だったり沢山あった。

上流にかかわれば、コーディングしやすく顧客にとって使いやすい仕様を提案し納得させ、場合によっては金額も増やせるんだけどなーなんて思いながらコーディングしたよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071030232336

PGをまったくしらずにSEが仕様決めることは少なくないからね

そのパターンにはまったんだろうなぁ

http://anond.hatelabo.jp/20071030231408

名刺を作り直せばSEになれるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071030224122

実体のないものは安く見られてしまう業界はなんとかならんかねえ

Re: anond:20071030225337

まあそれでもうまく稼動して喜んでくれたりすると嬉しくて仕事しちゃうんですよね。(それゆえしっかりした営業さんが必要なのですが。)

ホントの原因が見えちゃって、しかも着手させてくれないとイライラするけれども。

http://anond.hatelabo.jp/20071030224122

おまいがそこで

うーん…それなら、何とかいたします。

って言っちゃうから現場は苦労するんだ!!!

Re: http://anond.hatelabo.jp/20071030224122

ごめんねほんとうにごめんね。

でもなんか保守対応って押し込まれぎみなんだ。

瑕疵なのか保守なのか営業さんとお客様が腕相撲してる横で私たちはとりあえず作業してる。

http://anond.hatelabo.jp/20071030230723

保守契約する際に作業範囲をきちんと決めなかったのが敗因

瑕疵を保守にぶち込まれるなんて考えられない

posted by tsukamoto at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63556872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。