2007年11月19日

どうやら中国が宣戦布告してきたようです。 このエントリーを含むはてなブックマーク

どうやら中国が宣戦布告してきたようです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071116/plc0711162309015-n1.htm

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1056571.html


 東シナ海ガス田開発をめぐる日中共同開発案について、日本政府は、中国側が「白樺」(中国名・春暁)ガス田を含めた日中中間線にまたがる海域での共同開発に応じるのであれば、中間線の日本側の一部での共同開発を認めることを打診していたことが16日、分かった。14日の局長級で中国側に明言した。協議ではまた、日本側が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国海軍は)軍艦を出す」と発言していたことも新たに判明した。

 これまで政府は、中間線から中国側にあるガス田での共同開発を求めており、中間線の日本側は日本の排他的経済水域(EEZ)のため共同開発を認めていなかった。

 協議で日本側は、中国が領有権を主張する尖閣諸島周辺と日韓大陸棚周辺は国家主権にかかわるとして開発対象から除外する方針も伝えた。

 政府が中間線の日本側での共同開発の一部容認にかじを切ったのは、中間線付近の海域で日本側が軟化姿勢を示すことで、中国から譲歩を引き出し「日中関係に強いとされる福田康夫首相の初訪中で具体的成果を確保する」(自民党筋)ねらいがある。

 こうした中、町村信孝官房長官は16日、中国の崔天凱駐日大使と首相官邸で会談。年末以降で調整中の首相訪中までに問題を決着させたいとの意向を表明。崔大使は「共に努力し、早期に妥当に解決する誠意と決心を有している」と述べた。

 温家宝首相が今年4月に訪日した際に発表した日中共同声明では、「今年秋までの共同開発の具体的方策の報告」が確認されている。

 共同開発海域で合意が得られれば、両国は一定期間同海域での境界線画定を棚上げし、(1)開発費を両国が半額ずつ負担する(2)産出される天然ガスなどの権利を双方で折半する??などの内容で2国間協定を結ぶ方向だ。ただ、中国側は「係争海域は日中中間線と(中国が主張する境界線の)沖縄トラフの間だ」との姿勢を崩していない。




軍艦を出す?これは攻撃をするってことかな?

日本が試掘調査しようとしたら攻撃するってことかな?

これはどう考えても宣戦布告じゃね?

さて憲法9条改正しようか。

日本も準備しなくちゃね。戦争の。

http://anond.hatelabo.jp/20071118052612

金だけ出してどっかの傭兵部隊雇おうよ

時代の流れだし。アウトソーシング。

安そうなところだと、インドとか、ベトナムとか、ロシアとか、まあ、中国でもいいかもね。

http://anond.hatelabo.jp/20071118052612

沖縄なんてキタネー島イラネーよ。中国に渡せばいい。

anond:20071118052612

糞田舎に住んでいる僕は何をすれば良いんでしょうか。

政治家が好き勝手にコマを動かし国民を封殺するのを黙ってみているか、何らかの有望な人達の起こした活動を黙ってみているか、下らないアニメを涎を垂らしながら黙ってみているしかないんでしょうか。

http://anond.hatelabo.jp/20071118063928

とりあえずいずれくる戦争のために体を鍛えておくってのが良いんじゃないかな。

http://anond.hatelabo.jp/20071118063928

アニメに飽きたら実写を見ればいいじゃない

http://anond.hatelabo.jp/20071118052612


この記事あまり注目されてないみたいだけど、正直かなりやばいと思う。

こういう脅しを一回許してしまったらこれからもやり続ける可能性が高い。

日本はこの発言に対してしっかり批判するべき。

アメリカだったら戦争状態になってるはず。

http://anond.hatelabo.jp/20071118164012

踊らされすぎ。


日本が掘削を強行。

中国が軍隊を出す。

中国が攻撃(それが日本の謀略だっとしても日本は破壊活動をされたとアピールすることができるようになる)

日本の自国防衛も成立するし、国内世論も動く。体外的にも筋が通る


それこそ満州事変じゃないか。

今の日本にいま中国と戦争するメリットなんてないし、

東シナ海ガス田の重要性なんて国の面子をかけるほどでもない。


一方中国はそういう対外行動でしか対国内への面子が保てない。

あの国は経済は物凄いのびてるけど政治的にはこれまでになく不安定。

国内差がとんでもなく広がっていて民衆がいまにも爆発しそうにくすぶってる。

沿岸部と内陸もそうだし、北部と南部でもそうだ。


今中国に政治面でコケられるとかなりヘビーな状態になるのよ。

日本にとっても他の先進国にとっても中国に経済面で依存している度合いは物凄く高い。

とてもじゃないけど中国の政治的混乱や分裂などは歓迎できない。

だから、市民の国際感覚や知的水準が一定まで育つまでは、

なんとしてでも中国政府にはもってもらいたい。

短期的にも長期的にもそちらの方が日本のメリットになる。


オリンピックで中国国内でテレビでも普及してくれれば市民の意識も相当変わる。

日本人がわすれてはいけないのはあの国は世界で一番でかい共産国だということ。

中華思想で市民を教育してきたという事実。

日本みたいな国からすれば、このペースで緩やかに民主化(市民意識の変革を)してもらうより他ない。

民衆の認識が少しでも変わってくれれば後は分裂してくれようがなんだろうが構わない。


日本人がまず真っ先に懸念すべきは中国対日本の戦争ではなく中国の本格的な内戦。

中国政府の崩壊。

下手に刺激して現段階で中国でリアルタイム三国志をはじめられても日本は困るだけなの。


日本として一番いいシナリオは、緩やかに中国の市民意識を台湾よりになってもらうこと。

そのために必要なのは威嚇ではなく中国の市民に正確で「いい」情報を与え続けてやること。

食わせるエサを間違えちゃだめ。

日本が自衛隊をだしてまで掘削を強行するなんていう中国と同じレベルで行動してしまっては、

中国の市民の意識はいい方向に育たない。



もっとも・・・。

日本も日本で国内でかなりくすぶってる部分がある。

そろそろガス抜きが必要なのかもしれないけどね…。

国威発揚とかはばからしいけど、一部(もしくはかなりの数)に本当に効果があるのは同意せざるを得ない。

ただ中国相手にガス抜くにはこっちが蒙るダメージでかすぎるから、

北朝鮮ぐらいにしておきなよと思う。

こういうニュースを定期的に出してウヨを煽るのはいいことだと思う。

だけど煽りすぎて本当に行動されても困るから適当に冷や水をかけておく。

あのさー

日本の外務省の交渉力の弱さはただごとじゃないよね。

ハッキリ言って高校の生徒会レベルですらない。せいぜい小学校の児童会並。

協議ではまた、日本側が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国海軍は)軍艦を出す」と発言していたことも新たに判明した。

こんなのさ

日「ほほう…」

(…で一回ためて。)

日「そんなことをされて、中国の軍艦が『不幸な事故』にでも遭われたら大変でしょうなあ(ニヤリ)。」


(中国側血相を変えて)

中「それは…応戦すると解釈してよろしいのか?!」

日「とんでもない。あの辺りは…」

 「昔ひどい台風が吹いて、お国の軍艦がたくさん沈んだことでもありますし。

  ま、ただご心配申し上げておるだけですよ」

中「……」

日「そんなことより、我々はもう少し前向きな話をすべきではないでしょうかね。」

程度のジョークで切り返しゃいいだけのこと。ロクに切り返しもできないどころか、泣いて帰って情報が内部流出して自国でニュースにされるとか、正直みっともない。自分の交渉力の無さを満天下に知られて恥をさらしてるようなもんだろ。中国側には大笑いされてるぞ今頃。


まして、一般人がこれを言葉通り真に受けて「戦争か!」とか言ってるって、どんだけおおボケなんだか。

それを言うなら外交交渉ってのはそもそも言葉で闘う場であり、戦争そのものなんだよ。交渉で押し切られた時点で既に第一ラウンドは優勢点とられてんの。なのにまだゴングが鳴ってないと思ってるかのような発言とか、ホント呑気すぎ。

http://anond.hatelabo.jp/20071118052612

http://anond.hatelabo.jp/20071118213027

ハッキリ言って高校の生徒会レベルですらない。せいぜい小学校の児童会並。

じゃあ高校の生徒会にやらせればいいんじゃね?

http://anond.hatelabo.jp/20071118213027

交渉力が云々というより、

ただ一言「チャイナスクール乙」で了解できる展開ではないのか。


いやなんつーか、あれでスクール生じゃありませんでした、って話ならそれこそ、外交は高校の生徒会の持ち回りでOK、ってことになりかねん。

posted by tsukamoto at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67423342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。