2007年11月26日

思いやりという名の侮辱 このエントリーを含むはてなブックマーク

思いやりという名の侮辱

今日僕は、彼女さんにフラレる。

初めて心から「すき」とか「愛してる」と、自然に気張らずに素直に思えた彼女。掛け値なしで、100%理想の彼女だった。

別れを告げられたのは水曜日。確かに最近忙しくて会えなかったけど、順調だと思っていた。いや、思い込もうとしていた。


誰でも考えてしまったことはあると思うけど、『仕事で忙しいからごめん』が続くと、ついつい嫌な妄想は膨らんでしまう。

「どこぞのイケメソと会ってたらどうしよう」「浮気してたらどうしよう」、今回はアウトだった。

僕は比較的女子っぽいところがあって、女の勘的なものもだいぶ働く。信じないようにしてたけど、やっぱりダメだったようだ。


彼女は抱え込みがちだし、病院に通うこともあるくらいメンタル弱いので、目の前の仕事と将来の不安が重なっている今の時期は、そっとしておこうと思っていた。

そんな時に、『これ以上あなたと恋人の関係ではいられない。連絡取れなかったり構ってあげられないし、寂しい思いをさせるから』と別れを切り出された。昔自分もそうやって別れようとしたことがあったし、女の勘も「これはきれいごとだ。」と云っていた。だから会って別れ話をする前に「きれいごとはやめて、他にすきな人が出来た?」と電話したら確定した。



メンタルの影響というものは、想像以上に大きいもので。

幼稚園くらいからずっと見なかった幻覚とか異常視覚とか、今朝は10何年ぶりに遊びに来てた。どうも久々。

いつもは5秒で寝るのび太くんな僕も、流石に30分くらいはかかりそうだったし、その間に考えてしまうあれこれでトチ狂いそうだったから、寝酒もアホみたいに頂いた。

体育会系の自己満足だと嫌っていた一気とかもしてみたけど、酔えないものですね。僕の大好きなジャックダニエルを、むせるほど流し込んだのですが。


僕の人生において「吐く」という行為は2回しかなくて、吐き方を知らないんです。一回目は幼稚園くらいの時に高熱で、もう一度はラムのロックを飲み続けた時。

消化物とか液体じゃなくて、今回は正に「"気持ち"が悪い」というやつだったのだけど、ジャックダニエル<超えられない壁<メンタルだったようで。



本当の想いとか、不平不満を云うのはもの凄く怖いことで。相手が大事であれば大事であるだけ、その恐怖も比例して。

だけどそれを云わずに解る人なんて、母親と心を読める人だけなんだと思う。

僕は高校のときの4つ年上の彼女(『お姉ちゃん』としよう)が泣きながらそれを教えてくれたから、(その時は「お前が悪者になりたくないだけだろ」とか思ってたけど)めちゃくちゃ怖かったけど、踏み出した。

彼女はそれを解ってくれないかもしれないけど、120%理想の彼女さんだと思ってたし、したがって比例した恐怖もとんでもなかった。


それを受け入れてくれたんだと思って、やっと『お姉ちゃん』への後悔を拭えるんだと思って、夢みたいに幸せだった。



僕が夢みたいな幸せにいる中で、彼女には凄く無理をさせていた。

程度の読み違いはあれ、それは僕も感じていたしそういう人だと思ってた。だから精一杯聞いたり思いやったつもりだったけど、それには応えて貰えなかった。


そこには色んな理由が絡み合って、一言で言い切れるものではないのだけど、たぶん今回は「恐怖」じゃなくて「侮辱」なんだと思う。


僕はそれはそれは夢見がちだし、年下だし、適当だし、『無理してる。』なんて云えない程度の相手だ、と判断された。

最終的に深層心理で、それを受け止められる器じゃない、と思われた。


そう思い至ったとき、流石にこれは効いた。

僕の中心思想はアリストテレスとライプニッツだったけど、一気にキルケゴールに傾きそうなくらいの衝撃だった。(わかりづらい)

いつも読ませて頂いてる限り、はてなの住人さんたちは思想関係も強そうなので、趣味にはしってみた。キルケゴールの捕らえ方間違ってそうだけど、堪忍してください。




『夢見がちな期待に応えなきゃ』『無理してるなんて言ったら、傷つくし怒るし、改善できない』、そう考えてくれたってことなんだろう。

だけどそれは、僕のことを思いやっているようで自分が傷つきたくないだけで、そして僕を嘗めくさっている。 僕が夢見がちを自覚していないとでも思ったのだろうか。



だけど今回、僕はまた一歩踏み出せたような気がする。

「恥も外聞もない」「プライドなんか10円で売ります」といつも云っているけど、やっぱりそれは「フリ」だったし、損得勘定した上での演出も大きかった。

だけど初めて本当の意味でかなぐり捨てられたし、どうでもいいと思えた。どろどろに泣きながら、素直な想いをぶつけられた。

これは大きい。僕にもまっとうな「人の心」が残っていたようであります!


『お姉ちゃん』との事に気付いた時のダメージも相当だったけど、今回はそれ以上だった。まさか人生であの時以上のダメージを受けるとは思わなかったw

ツンデレな僕の女神さまが、どんなデレを用意してくれるのかと今から楽しみです。デレツンじゃなくて、ツンデレなのって凄く重要だと思う。最終的に「デレ」で終わってくれるんでしょ?



カッコ悪いついでに云うと、僕があの時の『お姉ちゃん』になれるんじゃないかと、淡い期待を抱いている。

僕は弱いし図々しいから、気付いたときに『お姉ちゃん』に連絡してしまったし、心から謝った。

それを『お姉ちゃん』が許してくれたことが、間違いなく僕の人生を変えた。


もし僕の淡い期待通り彼女があの時の僕になったとしても、『僕を傷つけた』って責任感じて連絡くれないんじゃないだろうか。

そういう人だし、僕の器もだいぶ小さく評価されているし。笑

それが一番の不安なので、そこは強く強ーく伝えることにしました。

それと、そんな不安や「恐怖」を1mmも感じないくらいのいい男になってなきゃいけないんだと思います。




あの時の『お姉ちゃん』はもっと大きな幸せを見つけていたけど、その時の僕はもう一度彼女に想いを伝えるのかな。

裏切られてたとか嘘をつかせてたとか、そんなの全部どうでもいい。そう思えるし、何より僕は図々しいから。



いつも読ませて頂いてるはてなに、ついつい勢いで書き込んでしまいました。乱文失礼しました。

心が乱れまくりじゃ、やっぱり文章も乱れるみたいですね。

http://anond.hatelabo.jp/20071125085501

心が乱れまくりというわりに、一通り落ち着いている様子なので、

何もいうことはないのだが。


がんばって、『お姉ちゃん』になってきてくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20071125091442

わ、レスが付いてる。

ありがとうございます、なんかTV出てるような違和感というか不思議な感じです。

ありがとうございますm(__)m

http://anond.hatelabo.jp/20071125085501

ていうか逆に夢見がちな奴が夢見がちを自覚してるなんて思うわけないだろ常考

自覚してたらやめるのが普通だから

なんか本当乱文で意味が分かりにくいけど

相手に不平不満を言ったり心の内を全て言う事が本当に心を許した証拠でもないしそれが正義でもないしそれが善行でもないしそれが相手を思いやってるわけじゃないわけで、それは、「君の」基準なだけで、相手にそれを押し付けてそれを相手がしなかったからって「ナメられた」も何もないだろうよ。彼女は君の基準に従わないと「君をナメた」事になるのかいな。滅茶苦茶な。ナメてるのはどっちだ?相手の人格を尊重してないのはどっちだ?


大体「100%理想的な彼女」ってあたりにすげー俺は危険サイン感じるんだよね

なんていったらいいかわからないけど。

理想的な彼女だからいいってわけじゃないじゃん

そんなのは妄想や漫画の話で

実際には100%理想的とか有り得ないわけ

そんな自分の妄想に完っ全に当てはまる相手とか有り得ないわけ

漫画のキャラとかと違って相手にも人格があるわけで

それでも、自分の妄想の理想の女性像に全部当てはまらなくて嫌いなところもあるけどでもやっぱひっくるめて全部好きだわってあたりがまあリアルな恋愛になってくるわけで

実際君にとっては結果的に100%理想的な彼女じゃ「なかった」わけでしょ

今回君が「ナメられた」この事によって

でもそもそもそれも彼女であって

結局、君の理想的な彼女とやらの枠から離れた瞬間に「ナメられた」「侮辱された」だもんな。どっちが侮辱してるんだよ。何が100%の彼女だ。笑わせんな。

君は単に、彼女にボロがでない期間だけの彼女を愛していただけなんじゃないの

君にとって都合のいい素振りをする彼女だけを愛していたんじゃないの

その時だけを捉えて「100%の彼女」なんていってたんじゃねーの

彼女に知らないうちに押し付けてたんじゃないのか理想的な彼女像とやらを

夢見がちなその思考を

言えないでしょそんなん本人に

自覚してるんだったら尚更タチが悪いし、自覚してるんだったら尚更治らないし

別れるしかないでしょそんなん

自覚していないんだったらその未熟な思考を未熟な相手に突きつけるのも心苦しいだろうよ

無垢にサンタを信じてる子供に「サンタなんかいるわきゃねえだろ」って言えないのと同じに




てーか要するに振られただけだろ?大袈裟な

こうやっていちいちいちいち思いつめるバカって人の気持ち・心情に「正解」があると思ってやがるから嫌になる

ねーんだよ、んなもん

いい加減気付けよこのバカ

http://anond.hatelabo.jp/20071125113058

サンタを信じられるだけだって幸せじゃない?そんなに、言わなくても・・・

まあ

自分は信じたことがないからだし、かみのあい、とかうんざりだとおもうからだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20071125115809

信じたいですね、サンタ。

「無償の愛≒アガペー≒かみのあい」だと思うのですが、「信仰」という対価を求めていることにはならないのですか?

anond:20071125113058

元増田の文章が分かりにくいのだけど、

結局、「頼りがいがない」ってことで他の男に移られたってことでいいのかな

http://anond.hatelabo.jp/20071125113058

これってレス繋げていっていいもんですかね?エンドレス??

…まぁいいか。今まで観客だったとこに入るとなんか不思議ですね。『元増田』とか形容されてるし。


あくまでも僕は「僕」の基準で話を進めるんですけど、最初から自分を捻じ曲げるんじゃなくて、とりあえず俺ルール(笑)みたいなのを小出しにしてみる訳じゃないですか。もちろんそれは押し付けなんですけど。

最初から相手に合わせまくって自分を曲げてやってたら、そりゃ最初は上手く行きますよね。相手の希望通りなんで。でもだんだん疲れて…ってまさに今回みたいな結末を迎えてしまうわけで。

『お姉ちゃん』の一件ではお互いそれをやっちゃって失敗してるんで、今回はそうしたくなかったんですよ。だから彼女にも、俺ルール(笑)みたいのを出していって欲しかったと。

結局それを出すことなく、他に流れてしまいました、ちゃんちゃん。なんですけどね。

僕が「出したら怖い(恐怖)」なのか「出すに値しない(侮辱)」だったのか、みたいな感じです。今朝の乱文は。


完全に当てはめてないですよーw「夢見がち」だけど、そこまで純粋無垢に夢見れないですwww

>全部当てはまらなくて嫌いなところもあるけどでもやっぱひっくるめて全部好きだわ

ってことですよ、ほんと。ステレオタイプだけど。だからこそ、そこんとこを見せて欲しかったなー、と。

彼女には、貴方が仰るような「純粋無垢な夢見がち」に取られてしまったんでしょうけども(´・ω・`)




そんなん本人に云ったんですよ、どろどろに号泣しながらw僕の人生でトップクラスにダサい瞬間だったと思います。それが出来たんで、結構すっきりしてるんですけどね。


>人の気持ち・心情に「正解」があると思ってる

そうですね、ちょっと違うけどそんな感じです。前にはてなだか2chに現れた人みたいに哲学で博士号取る予定はないですけど、そっち方面の人というか、そっち方面すきなんで。

『我思う、故に我あり』の思ってる「我」は誰が定義じてるの?『我思う、故に我あり。…と、思う』じゃないの?みたいなもんじゃないですか、哲学って。鳥か卵かみたいな。





参考になってます、ありがとうございます。

こーやって受け取って、仰る方がいるってことは、やっぱり彼女には押し付けと捉えられてたと思うんで。

http://anond.hatelabo.jp/20071125162502

だから彼女にも、俺ルール(笑)みたいのを出していって欲しかったと。

だからよ。

それがお前の「俺ルール」だろ、っつってんの。結局お前って、その「俺ルール」に、彼女が沿わなかったから「ナメられた」とか思ってるんじゃん。俺ルール押し付けまくりじゃん。

あと人の感情に正解はあるとか思ってる限りじゃお前は一生そのままだよ。夢見がち以前に馬鹿だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20071125163531

そうだって云いましたよね、「俺ルール」だって。押し付けてるんだって。

最初はお互いの俺ルールを出さないと、相手がどんな俺ルール持ってるのかわからないじゃないですか?

あ、ここで云う「お互いの俺ルールを出す」ってのは、「"俺ルールを提示する"俺ルール」ではないですよ。…ややこしいですねw


「正解があると思ってる」訳ではないんですよ。そうも云ってないですし。また乱文長文で面倒くさいんで、「そんな感じです」ってはしょっちゃったんですけどね。

それにそんなん云ったら、世界中の哲学者(哲学学者もいっぱいいますけど)に怒られますってw

なんか釣りみたいで嫌なんですけど、夢があっていいじゃないですか。哲学。

量子力学やら、最近の理科系も尖がった先は哲学みたいなもんですし。哲学的ゾンビとかよーわからんです。

posted by tsukamoto at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69187886
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。