2007年11月29日

人を信じること このエントリーを含むはてなブックマーク

人を信じること

ねえ、人を信じることって大人になればなるほど難しくならないか?

小学生の頃ならなにもなくても相手を信じていた。疑うことをなかなか覚えなかった。

思春期の頃だって、本気で相手を信じる気持ちで女子に恋愛感情を持っていた。不信なんてなかった。

ここで言う信じるとは、相手の気持ちの純粋さを信じて疑わないと言うことだ。ふられる怖さを抱えながらも告白するような、つまり行為としての「信じる」ではない。

兎に角、今のように相手のことをいろいろ勘ぐったりはしなかった。相手に打算があること、何よりも私自身に打算があるなんてことほどんど思わなかった。それに打算なんてしなかった。無意識かではいろいろな情報計算が行われていたのだろうが。

勿論、そのころの私は純粋な分だけ視野はせまかったと思う。それでも私は一途だったと思う。やっぱりひたむきだったと思う。

私はこれからあのころみたいに人を信じることができるだろうか。

いま自分がすごく不純になってしまった気がしている。だから、周りの人間にも不純を投影して読みこんでしまう。ものすごく悲しい気分になる。大人になることがこんなことなら、私はいつまでも少年でありたかった。

戻りたいよ。帰りたいよ。私がかつていた一途さの世界に。昔のままは戻れなくてもいいし、それは期待していない(が、もしもそれができるなら・・)。打算や勘ぐりを抱えつつ、いつだって人を信じる気持ちのほうがそれらよりもずっと大きい人間になりたい。

ねえ、悲しみがひっきりなしにやって来るんだ。

さっき公園を走ってきた。「どうして俺の人生はこう遠回りでずれているのだ。俺のどこが間違っていたのか」と心の中で絶叫しながら、息が上がって、泣きそうになるのだけど泣けなくて、そのぶんスピードを上げた。体を痛めつけるように。

何にもわからなくなった。人は、また人を信じることは私にとって1つの人生の喜びであり、救いになるはずだった。いつか、心から信じられる人に出会える。心から信じてもらえる。そう言う救済を私は思い描いてきた。さて、いま再び私はそれを願えるだろうか。自分も人も信じられなくなった今、どこへ向かえばいい。

喜びと救済があると思えるなら、それは私の目標地点でありうる。回り道をしたとしても常にそこを目指し続ける到達ポイントだ。

どう進路をとるのか。そのために何に針路をもとればいい。

そして最大の問題は、人生そのものへの違和感だ。信じることによる救済はこの違和感を消し去って、私を満たしてくれるだろうか。

わかんないよ!ちくしょう!!!

神様、いるのなら応えてよ、どうしたらいいのだ。

どんな風に心の持ちようを変化させていけばいいの。

不信を抱えた私でも人と付き合って良いのか。そして、それは善いのか。

タスケテクレ。

ねえ、私は完全に迷子になったんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071128235157

ばあああああああああああああっかじぇねえの?

世の中なんて不信社会なんだよ

お前みたいな奴が日の目を見る時代はもう来ないの

この社会はな、お互いに不信という状況の中で

ルールに従ってさくさくっとやっていく社会なんだよ



それが嫌なら山間部で農夫でもやってろカス

http://anond.hatelabo.jp/20071128235711

別に日の目なんて見なくてもいいよ。

http://anond.hatelabo.jp/20071129000644

じゃあ山間部に引越し決定。

http://anond.hatelabo.jp/20071129001040

おまえ山間部を馬鹿にしてるだろ、このハゲ。

http://anond.hatelabo.jp/20071129000644

山間部のほうが美しい「日の目」が拝めそうだよね。

anond:20071128235157

増田は神様にまで不信(不審)の目を向けているようだ

それじゃ人を信じるなんて土台無理だよね

http://anond.hatelabo.jp/20071129001139

絶対他者は、ただただ信じるのみ、ということですかい。

否定的レスは打撃されるね。ないよりありがたいのかな。

posted by tsukamoto at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。