2007年12月11日

「8年間付き合ってきた、8歳年下の男性とこの度結婚します。」 このエントリーを含むはてなブックマーク

8年間付き合ってきた、8歳年下の男性とこの度結婚します。

結婚を知った同僚の女性たちが口々に「8歳も下のダンナなんて羨ましい」と言ってくるのがわずらわしくてたまりません。

私と彼は彼が高校生の頃から付き合っていますが、当時それを知った彼女たちは私のことを「やりたい盛りの高校生を身体でたぶらかした悪女」呼ばわりしていました。

彼は高校卒業後、手に職系の特殊な技術職につくために弟子入りして修行していたのですが、その頃は「ドリーミングな男を囲ってパトロン気どりになってる」みたいなことを言われていました。

どの言葉も冗談めかしてはありましたが、冗談でもそういうことを言われるのは不愉快でした。

確かに高校の間も、修行中も、ずっと社会人をしている私の方が収入が多かったのでデート代などは私が負担していました。

けれど、私は付き合いはじめから、彼の持っているもの創りのセンスをずっと尊敬していて、囲っているなんていう上から目線を持ったことはなく、一貫して対等なお付き合いをしてきたつもりでした。

それなのにそうやって揶揄されるのが嫌になったので、私は同僚の前では彼の話は一切しなくなりました。

彼の努力と才能が認められて仕事が軌道に乗ってきたのと、私もそろそろ子どもが産みたいなと思ったので結婚することにしたのですが、それを上司に報告したことで同僚にも知られて、相手のことを聞かれてずっとお付き合いしていた相手だと答えたら、今度は前述のような「羨ましい」発言をされて、やはり不愉快です。

そんなに年下が羨ましいなら自分も年下の相手と付き合えばいいのに。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛

ソフトバンクは私を幸せにはしてくれなかった このエントリーを含むはてなブックマーク

ソフトバンクは私を幸せにはしてくれなかった

付き合って5年の彼女と分かれました。原因は携帯電話。

当方:j-phone→vodafone→softbank

彼女:PHS→vodafone→softbank

softbankになってからも機種変更やプラン変更をせずラブ定額を継続していたので、24時間通話し放題でした。実に幸せな日々だったのだが、softbankのプランにしてから何かがおかしくなった。


7月に一緒に912SHに契約変更をした。料金プランはホワイト。大きな変更点は24時間話しっぱなしが25時-21時の話し放題に変わるだけ。たいした問題ではないはずだった。元2Gだった彼女は、パケホが使えるようになって喜んでいた。


でも、この機種変更が大問題だった。

種変更後、私たちの電話時間は25時以降に固定されてしまった。

そして、いついかなる時でも25時に電話をすることが求められた。私の都合や眠気はお構いなし。何かすることがあろうが、どれだけ眠かろうが、彼女から電話がかかってきて、それに付き合う事になった。いつしか彼女の中では、その義務を果たすことが愛情表現になっていたのだろう。


当初はなんとかなっていたのだが、最近ぎくしゃくしてきた。

私には私のやりたいことがあり、眠い事だってある。ゼミのために大学に行き、バイトに行くという変化のない生活では、彼女に話すことがない日だってある。万が一話すことができたとしても、互いにバイトが終わった一緒に帰宅している最中に話してしまい、電話時のネタにはならないことだってある。

結果として私たちの電話は、彼女の話に私が相槌を打ち、話を広げる作業になっていった。


25時以降の電話は眠いこともあり、電話をかける前に寝てしまうことや電話中に寝てしまうこともあった。正直ごめんなさいであり「途中で連絡がつかなくなったら寝たと思ってくれ」という提案をした。

すると彼女は怒り出す。「話の途中で寝ちゃうのは、私の事を嫌いだからだ」と


彼女は「たまにはあなたから電話をしてきて」と言うようになった。しかし私にはやりたいことがある。やらなきゃいけないこともある。というわけで私から電話をしない事も多くなった。どうせ彼女からかかって来るのだし。

すると彼女は怒り出す。「あなたから電話してくれないのは、私の事を嫌いだからだ」と。


まれに私から彼女に話す事がある日はこちらから電話をするわけだが、常に話すことがあるはずもない。にも関わらず彼女は毎日電話をしてきて「あなたも何か話して」を繰り返す。私は「電話で話すことがない日だってある。一緒にいる時は十分に話をしているんだから、それでいいじゃないか」と答える。

すると彼女は怒り出す。「話すことがないのは、私の事を好きじゃないからだ」と。


どーせ喧嘩になるのがわかっているのに毎日電話してくる。

一緒にいるときは幸せなのに、電話越しでは毎日喧嘩。

そして先日彼女から最後通告がきた。「もう連絡しないで」と。


この流れは別れる事になるのかな。寂しいけど無理に引き止めるのも面倒だ。どーせまた電話越しで無理難題を突きつけられるのだから。こんなくだらない事で愛情を確認するなんて馬鹿げてる。私は貴女を愛しているのに。


可愛いしぐさをする彼女を愛していた。あたたかい彼女を愛していた。

でも私は毎日電話で話をしないだけで、その愛情を信じてもらえなかったらしい。

「○○できないのは私を好きじゃないから」ロジックは卑怯すぎる。好きでも出来ないことはある。

私名義で2回線持って家族を組むのをやらなかったのを今更後悔。


電話ってそんなに大事な事なのか。まぁ電話で彼女を無くした私が言える台詞でもないですけども。

お互い初めて同士だったので、釣った魚の餌のやり方がわからなかったのかもしれません。

私が持っていない餌で愛情を判断されても困ります。


未練ったらしいが、一人暮らしをして、同棲できる環境になったら、また連絡を取ってみようと思う。

もう電話なんて必要ないのだから。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:31 | Comment(1) | TrackBack(1) | 恋愛

スイーツ(笑) このエントリーを含むはてなブックマーク

スイーツ(笑)

女なんだけど、スイーツ(笑)な女性をあざ笑いつつも、心のどこかでは羨ましい。

たとえば、クリスマスは50Kくらいするアクセをもらうんだー(ハァト)、とか

たとえば、デートでは毎回素敵なレストランでディナーなんだー、とか

そういうのをしてもらえて当たり前って思える自己評価の高さが羨ましい。

嫌味じゃなく、どうしてあんなに自信が持てるのかな?って不思議に思う。


私はいつもビクビクしてる。

彼氏が優しくしてくれるたび、ごめんなさいって思う。

エビちゃんみたいにかわいくなくてごめんなさい。

自分に自信がないから、かわいらしい反応ができなくてごめんなさい。

本当にごめんね。

それなのに好きでいてくれてありがとう。

嬉しいのとか、好きなのとか、上手に伝えられないのもごめんなさい。


笑われるかもしれないけど、スイーツ(笑)な思考回路ができるようになりたかった。

高校卒業してから、一人暮らしをしている今ですらもずっと親に渡している、

お給料を、洋服や、靴や、高い食事や、エステに使ってみたかった。

そういうのを経験して、根拠のない自信を持ってみたかった。

学費を払ってもらって、大学にも行ってみたかった。


今、20代後半だけど、同世代の女性が怖い。

うまくコミュニケーションできない。

相手が自信持ってて、私はオドオドしちゃって会話ができない。

普通に同性と話すだけなのに「今日の私のコーディネートはださいな」とか

「この靴、3900円だったやつだ。貧乏くさいな」とか思い出して、

相手に対して一気に緊張する。


こんな私なのに、彼氏は結婚を考えてくれてる。

いいのかな。彼は後悔しないのかな。

結婚した後に、華やかで、かわいらしい女性になびいたりしないかな。

すごい心配だけど、私は彼と付き合うようになってから、

高価な物とかセレブな場所に重きを置かなくなったんだ。

上手に書けないけど、スイーツ(笑)な付加価値がなくても彼を好きなんだ。

彼もそう思ってくれてるといいな。


グダグダな内容でごめんなさい。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年12月10日

非モテのパラドックス このエントリーを含むはてなブックマーク

非モテのパラドックス

  • 非モテがマトモに恋愛できないのは、自意識が強すぎて他人や物事を自分の優越感を満たすための手段にしてしまうから。
  • 非モテが恋愛するためには、過剰な自意識を捨てることが必要。モノや肩書きに捉われない、「自分は生きていて良いんだ」感が必要。
  • 過剰な自意識を捨てて、「自分は生きていて良いんだ」感を得るためには、恋愛しなくてはならない。

↓以上まとめる。

  • 非モテが恋愛するためには、過剰な自意識を捨てなくてはならないし、過剰な自意識を捨てるためには恋愛しなくてはならない。

↓さらにまとめる。

  • 非モテが恋愛するためには恋愛しなくてはならない。
続きを読む
posted by tsukamoto at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

メンヘラに対する性的搾取問題 このエントリーを含むはてなブックマーク

メンヘラに対する性的搾取問題

呉市振興委員会:元の増田女史の話と無理矢理(嫌な感じで)絡めると

メンヘラ萌えの話で言う、フェティシズムでも恋愛市場的な何かでも集団の力学でも、たまたま好きになった娘が病んでいた訳でもないポジションとは何でしょう? おそらく、セックスを提供せねば好きになってもらえないとか、言うことを聞かないと酷いことをされるであろうとか、そういった(まさしく)自己評価の低さ・心的外傷につけこんで関係を持つパターンがありそうです。わざわざメンヘラを選ぶ男性には、このパターンが結構な頻度でいるとしたら、一体何事なのでしょうか。男性の性的搾取者としての実感は前面に出ず、女が自信回復の為に望むからセックスしただとか、あるいは恋愛の力で病んだ女を救ったと解釈しているのでしょうか? もしくはもっとシンプルに、女子供の弱さを強調することにより、己の強さと男性性を際立たせることが可能であり、なおかつ両者を等号で結んで無敵ゾーンに go! *1出来るからかもしれません。

メンヘラ女子として実体験からこの現象について言及してみますと、確かにこういう男性っていやらしいのは事実なんですが、否定されるべき存在でもないのかもと思うのです。

こういう男性に徹底的に見下されると「なんで私ここまで見下されなきゃいけないんだろ?」と自己卑下についての疑問が出てきて、案外自己評価を見直すきっかけになったりします。

また、それに気付いて「なんでそこまで見下されなきゃいけないの?私の自己評価の低さにつけこんでそういう扱いをするのひどいよ!」とちゃぶ台をひっくり返してみると、こういう男性ってもともと悪気があるわけじゃなくて単にそういう構図に無自覚であるだけの場合も多いので、自覚を促すことできちんと反省して以後の対応を改善してくれることもままあります。

翻って、最初から「メンヘル女なんて面倒だから近寄りたくない」というような男性とは、そもそも接触の機会がないのでいつまでも溝は埋まりません。

この辺は「しない偽善よりする偽善」というか、ボランティアな人々を「所詮自己優位性を確認する自己満足のためにやってる人たち」と一律に非難することの愚かしさに通じる気がします。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

今の彼女にどうやって別れを告げるかを考えてる。 このエントリーを含むはてなブックマーク

僕はオタクの23歳プログラマー。

オタク趣味に関しても、リアルな女の子に関しても一筋なタイプだと思う。

とあるアニメが大好きで部屋にはそのアニメのフィギュアとかがたくさんある。

でも他のアニメとかに関してはたしなむ程度しか知らない…

僕には二年少し付き合っている彼女がいる。

彼女も軽度だけどオタクで、趣味を理解してくれている。

彼女は僕のことを非常に好いてくれている。

僕は大学を中退して仕事をしていて、高校卒業後既に二回の引越しを行っている。

彼女とは一回目の引越しの後に出会ったのだが、僕は既に引っ越しており今は遠距離だ。

それでも彼女は僕のことを一途に好いてくれている。

僕はそれは嬉しい。


話は変わるが、僕には若干女性に関してトラウマがある。

トラウマってほどのものじゃないかもしれない。

高校生の頃大好きでたまらない女の子がいた。

三年間ずっと好きだった。

彼女にとって僕はある程度仲のいい男友達でしかなかった。

彼女は非常にもてる女の子だったので、高校時代も彼氏がよくいた。

ただあまり長続きはしない子みたいでよく別れてた。

友達としてはある程度仲がよかったので分かるのだが、男に対してドライすぎるんだろう。

本気で好きになってるんじゃなくて、好かれてるから付き合ってる感じ。

僕は彼女にちゃんと告白できなかった。

思いはいろいろ伝わっていたと思うが、直接思いを伝えることはできなかった。

俺の思いが伝わった後なんとなく疎遠になった。

男として最大限の屈辱の言葉をうけたこともある。

『○○が女の子だったら本当によかったのに…』

彼女の友達から聞いた。

そんなまま大学生になった。

僕らは遠く離れた。



大学生になってからも、僕のその子への想いは『好き』から『憧れ』のような形に変わって残った。

僕はあんまり女の子を好きにならなかった。

二次元にはまった。(高校の頃からオタクではあったが、だいぶ開花した)

リアルな女の子からはそれなりに好かれた。

好かれて何回かデートとかしたら、見た目、性格の好みがそれなりに合う娘なら付き合ってた。

(オタク趣味は隠してた)

でも本気で好きではなかったと思う。

好かれることは好きだったし、それなりに模範的な彼氏で大事にしてあげてたと思う。

ただセックスしてる時のフィニッシュの時に考えてることは、高校の頃好きだった子のことだったり、二次元のことだったりした。

(二次元は後味が悪すぎるのですぐしなくなったけど…)

そんなんで長続きするはずもなく、俺が彼女の好意を重荷に感じて数ヶ月で別れてもらう。

そんな恋愛しかしたことなかった。


二年少し前くらいから今の彼女と付き合いだした。

初めてオタク趣味を共有できる彼女だった。

隠すところがないからかもしれないが、仲良く付き合った。

今までの彼女とは違ったと思った。

でもきっと高校の頃好きだった人が手の届く所にいたら僕はそっちに移ってしまうんじゃないかという自己嫌悪に陥ったりしてた。


高校の頃好きだった彼女の話に戻るけど、

高校を卒業してから五年立つ今も時々メールくらいはする。

誕生日のメールとか、年賀メールなんて送りあったりしてるのはその子くらいだ。

今の彼女は僕がその子に大きな憧れを抱いていることを知ってる。

何故か不意に話してしまった。

たまにメールをしていることも知っているようだ。

僕は彼女にやましいことは特にないから携帯を見てもいい。ということになっていたため

見たことあったらしい。

彼女が

『見てかなり悔しかった。でも浮気な内容のメールではないので悪いとは言えなかった。それでも文面から想いが伝わってきすぎて泣きそうだった。』

『この子が手に届く状態だったら、あなたはすぐ私を捨ててこの子選ぶんでしょうね』

なんて言ってるのを聞いたことがある。

その時は「そんなことしないよ。」と返した。


だが、実際にそれは現実になってしまいそうだ。

先日高校の時好きだった娘とメールをしていた。

彼女も就職が決まったらしく、その話をしていた。

彼女は大学がある地を気に入っているらしく、そこを移動するのは寂しい。というような話もしていた。

いいとこだから、もし○○が来ることあったら案内するよ??!

というようなメールだった。

このメールは僕を大変惑わせた。

彼女がいるという理由ももちろん大きいが。

彼女は僕の中で既に手が届く女の子ではなく、完全に偶像と化していたというのも大きい。

とりあえずその場では『機会があったら是非頼む!』みたいな感じで軽く流しておいた。

そのメールは一応やましいことはしていなかったので、消さなかった。

彼女がそのやり取りを見たかどうかは知らない。



一ヵ月後、僕はメールをしてしまった。

「正月明けにある程度連休取るんだけど、そのついでにそっちで一日くらいかまってくんない?」

と。

彼女は快く了解してくれた。

そのやり取りのメールは消した。

明らかな浮気だ。

高校の頃の友達と会うだけではあるが、彼女との約束で

・異性と二人きりで勝手に遊ばない

と約束をした。

というかそんなことは小さな問題でしかない。

僕は今どうやって彼女に告白するかを考え続けてる。

今の彼女にどうやって別れを告げるかを考えてる。


正直な話、彼女に告白をしたところで成功する可能性はかなり低いと考えてる。

第一彼女に彼氏がいたらその時点でアウトだ。

そこは怖くて確認していない。

ただ今の彼女への礼儀として、成功するか否かに関わらず別れを告げなければいけないと思ってる。

もう僕の心は完全に移ってしまったから…


彼女への告白は失敗したとしても、今の僕は彼女へ思いを直接伝えることはできると思ってる。

たとえ失敗しても、一歩乗り越えることが出来るんじゃないかと信じてる。

そのために今の彼女には完全に犠牲になってもらわなくてはいけない…それだけが辛い。


成功したとしてもかなり辛い道なんですけどね…

二年以上オタクを理解してくれる彼女と付き合ったせいで、僕はもうオタクを隠せるレベルではない。

間違いなく告白したい相手はオタクではない。

オタク嫌いかもしれない…

それでも告白したい。


落ちも山もない話でごめんなさい。

誰にも相談する相手がいなくて、初めて増田使ってみました。

多分この話に対しては罵倒くらいしかないと思うんですが…いろいろ意見聞きたいです。

自分で自分を罵倒したいくらいなので、罵倒が多いのは承知のうえです。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年12月06日

ある日女性専用車両に乗ってたら このエントリーを含むはてなブックマーク

ある日女性専用車両に乗ってたら

男性が入ってきた。ぶっちゃけいかにもオタっぽい。ていうか、リュックにARIAのキャラクターのキーホルダーがついてるし……どう見てもオタです本当にありがとうございました


気付いてやってんのか気付かずに乗っちゃったのか…

周りの女性を見ると皆またこれはこれで気付かない振り

でまあなんとなく行動してた

後ろから肩たたいて「すみません、ここ女性専用車両ですよ」って言ったら「えっ?あっ!す、すすみません」とかいって向こうへ行った。あぁやっぱり気付かずに乗っちゃったんだなぁ。「だからどうしたんですか?そもそも女性専用車両があるってことが(以下略」みたいな事言われたらどうしようかと思ったけどそんなことは特になかった。


でも電車を降りたら、そのオタも降りてて、なぜか、話しかけてきた。

「さっきはありがとうございます」とか言われる私。ていうか何で礼なんだ?戸惑う余り「あぁいえ別に」とか言葉を濁す。

「あのー」

「はぁ」

「これから時間ありますか」

えええええええええええええええええ何言い出すんだおま…

「時間ってどのくらいですか?」

「えっ?!あぁー……あのー1じか……いやっ!さっ三十分ほど…」

一時間といいかけてこっちを見て慌てて変えるなよ!子供か!

でも面白かったから何となく乗ってみた。

「三十分ならありますけど」

「えっ!じゃっじゃあそこのスターバックス行きませんか」

いいけど何はなすんだよ。宗教の勧誘かなこれと思いつつ

「コーヒー奢ってくれるならいいですよ」

とか強気に出てみる。

「あっ!そっそれはもちrm」

噛んでるし。


で話してみた。思ったとおり話が進まない。ていうか当たり前だろ何も知らないし。

でも私はこの手の気まずい沈黙が割りと好きなので思う存分この気まずさを味わっていた。

そしたら突然オタが

「あの……実は僕……好きっていうか……ごにょごにょ」

「はい?」

「ひっ一目惚れっていうか。好き……うん。好き……なんですよね。うん」

滅茶苦茶キョドってるよ…

ていうか一目惚れておま

「そうですか」

「はっはい」

「ところで一つ聞いてもいいですか」

「あっ。それはなんでも。はい」

「アリスが好きなんですか」

「……へっ?」<声になってない

「いや、それ、キーホルダーつけてるから、好きなのかと思って」

「あっ、ARIA知ってるんですか?」

「そりゃ知ってますよ。私はアリシア派ですけど」

「僕ARIA知ってる女の人に初めて会いました」

「いるとこにはいますよザラに」

「か感激です」

えぇーーーー感激て大袈裟な

「あ、あの…こうしてARIA好きな者同士が会ったんですから……何かの縁っていうか……その……付き合ってくれませんか?」

どういう話の流れだよ!

「いや……付き合うのは……ちょっと無理ですけど」

「……そうですか……」

そしたら携帯を出すオタ

「じゃっじゃあ番号とか交換してくれませんか」

ちょっと迷ったが交換した。でその後すぐに店を出て普通に家に帰った。



でまぁそれが今の彼氏なんですけどね。

世の中色んな出会いがありますなあ

遊び半分でスタバに入ったんだけど

まさかマジで彼氏になるとは思わなかったわw

まあ優しいしいいんですけど。

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年12月05日

モテない 全く このエントリーを含むはてなブックマーク

モテない 全く

20超えてて一度も殿方とデートしたことがない女ってどれほどいんの?マジな話

気付いたら高校時代の友達が皆彼氏がいてセックル済みだったんですが

一人そろそろ結婚とか言い出してるし。なんか「還暦」って言葉を聞いたときくらいの隔たりがあるんだけどその言葉

結婚て!結婚ってー!早すぎるでしょ!とか笑ってたら一人の友達にガチな顔されて

「いや、私たちの年で子供持ってる人とか普通にいるでしょ」とか諭されて

「あ……サーセン」

みたいな……空気読めない行動をまたしてしまった……ていう

え……ていうかえ?こ……子供?キッズ?キッズですか??

え……いや……ていうか……まだなんつーか私自身がまだキッズな感覚なんだけど……

もう産めるの?あ、産めるのか。あそうか。そうでした……産めるんでした……なんかびっくりだよ。

すげぇ私もう子供産めるのかよ……何もしてないのに……ただ食って寝て排便してネットしてただけなのに……生命の仕組みビビるでホンマ

でまぁ生命の神秘とかはどうでもいいんだけど

とにかく一人結婚とか言い出すし、もう一人は彼氏とこの前ラブホへ行ったとかいらん話をし始めるし、お前ら……どこまで一体本気なんだ?って感じでね……

聞いてるうちに友達の後ろにズズズズズとかいって観音様みたいなオーラが見え始めたから

で5人集まったんですけどまあその中で連れがいないのは私だけでね

その他の友達にも連絡してみたら皆彼氏がいやがる。あ、一人いない子いたけどその子は単に「今」いないだけで高校の時からバリバリ彼氏いたからもう全然アウト。いや寧ろ私がアウトと言ったほうが正しいんだけど。

で、実際どうなの?成人済みでどれほどがデートした事ないんだよ?実際どうなんだよ……

どのくらいが異性と手を握った経験あるんだよ

どのくらいがキスしたことあるんだよ

どのくらいが体験済なんだよ

気になる……まあ知ったところで何が変わるわけでもないんだがにしても気になる……あああああああああああああああ

posted by tsukamoto at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

彼氏が部屋に来たいとか言い出した このエントリーを含むはてなブックマーク

彼氏が部屋に来たいとか言い出した

どうすればいいんだ……

今の彼が初めての彼氏だからかなりパニクってる。彼氏いない歴19年だったから何していいかわからない。

とにかくヤバい。見せらんない。こんな部屋。

まず本棚がヤバい。恥ずかしい本ばっかり。ヤバい。マンガが多すぎるのはともかく、同人誌がやべえホモから男性向けエロまで勢ぞろいすぎ……それよりもっと恥ずかしいのは「CG美少女の描き方」とか、あとほかにめっちゃある自己啓発本だよ……ぎゃあああああこれを見られたら死ねるヤバい

かといって実家には送れない。「もーアンタの本ばっかあるんだからね!もう受け付けんから!」と母に怒られたばかりだ……

と言ってコンテナなんて借りる金はねえ!

といって売るとか捨てるなんて言語道断!

どうすれば……

大体本だけじゃなくて数々のオタグッズをどうすればいいのか

ああああベッドの上に夏コミのカタログが転がっているううううううううう

ついでに原稿も転がっているううううううううううう

こんなエロ原稿見られたらドン引きどころの騒ぎじゃないよ……人格を疑われるっつうの……

万一PCを起動させられたらそれもやばい

壁紙を見られたらジ・エンド……

今の内になんか森林の写真とかに変えておかなくては……

お気に入りとかまさか見ないよな……見られたらヤバい

まずカテゴリの名前からしてヤバい

ていうか大体この壁にかかってる夏にやったコスプレの服はどうするんだよ……

それ以前にポスター剥がさないといけないし

あああああああああああ

コルダのケースが転がってるしwwwwwwフヒヒwwwwwwサーセンwwww彼氏いるのにまだやってますwwwwww


やばい……やばいよ

彼氏マジで来かねない

とすると時間もない

あぁああああああ



……とりあえずコルダやるか……

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年12月04日

彼女に首絞められた このエントリーを含むはてなブックマーク

彼女に首絞められた

今朝鏡を見たら彼女の手のあとがまだ首に残ってた。赤い痕がくっきりとついてる。冬だからまだ街中を歩くときは目立たないけど,でも気にならないわけじゃない。

きっかけはよくわからない。もともとわりとすぐ手が出るタイプで何かあるとすぐ叩いてくるというのはあったんだけど,それもまぁじゃれ付く程度だった。たまに本気になって弁慶の泣き所蹴っ飛ばしてくることもあって,涙目で怒ったらふくれっつらになって黙り込んでしまった。僕がからかいすぎたのが原因なんだけどそこまですることはないよなぁ。ていうかあやまれよ。まぁそれはいい。今回の件はその比じゃない。


僕はついついからかいすぎるくせがあって,土曜うちでご飯食べた後だらだらしながらなんかしゃべってた。そん中でたぶんからかったりもしたんだと思う。突然彼女が怒り出してさ。まぁ流れ的になくはなかったんだけどなんか僕も言い返してさ。んで口論になったわけさ。あんまこういうのやったことないなーとか頭のどっかでは考えてた。彼女はどっちかっていうと怒ると黙っちゃうタイプでどんどん言ってくるタイプじゃないんだ。喧嘩すると沈黙の時間の方が長いんだ。だけどそうじゃなかった。僕はかなり口が先に出るほうだからどんどん言っちゃうんだけど。

んでさ,彼女が手を出したんだ先に。こぶしでどんって胸の辺りを叩かれた。わりと痛かった。んだもんだからつい大声を出したんだ。加減って言うもんがあるだろって。いくらなんでもいてーよっって。


そしたら…そのあとはよくわからない。気付いたら彼女が馬乗りになって俺の首を絞めてた。俺はたぶん必死で自分の首にかかってる手に爪を立てて引き剥がそうとしてて,彼女はきいたこともない低い声でなんか呟いてた。なんかに憑かれてるみたいな形相で,だけどその目に俺は映ってなくて,すごいうるさいようなすごい静かなような,頭の中が真っ白なような真っ黒なような熱いような寒いようなわけわかんない感覚がぎゅうぎゅうって首を絞めて来るんだ意味わかんねぇ。俺も死に物狂いだったからどこをどうやったのかわからないけど彼女を引き剥がして気付いたら彼女は吹っ飛んでって引き戸に頭をぶつけて止まった。なんかもうなんもわかんねぇ。なにがおきたのかもなにがあったのかもわからん。いろんな感覚がすげぇ敏感になってるみたいで,頭の中をぐちゃぐちゃにかき混ぜられているようなそんな気持ち悪い感じ。彼女もわかんなかったみたいで床に転がって目を丸くしてやがった。その目に俺はちゃんと映ってて何が起きたの?見たいな顔をしてるんだ。さっきまで俺の首閉めてたのに,さっきまで人間の顔してなかったのにありえない声出してたのに,いつもの彼女に戻ってきょとんとしてるんだ。意味わかんねーよなんだったんだよあれなんだったんだよ?なんか二人で無言で見返しあう時間がちょっとあって,それから彼女はがたがた震え始めた。みてわかるくらいにがたがたってほんとに体がふるえてんの。血の気が引いて。俺さっきまで首絞められてたくせにだいじょうぶ?って。どっかうたなかった?とかきいてんの。ごめんとかいってんの。わけわかんね。彼女,気持ち悪いとかいってさ,ごめんトイレ借りるっていって吐いてた。なぁ俺ほんと意味わかんないんだけどどうすればいいの?これ。未だに何が起きたかよくわかんない。彼女はあれから連絡してこないし,俺は俺でいつもみたいに普通に過ごしてるし,どうすればいいかとかぜんぜん考えられないし,どっかいってクリスマスのなんたらかんたらとか見てるといつもみたいに彼女のこと考えてそれからこないだのことを思い出すんだ。どうすればいいんだろう。俺は。

続きを読む
posted by tsukamoto at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年12月01日

いいなー このエントリーを含むはてなブックマーク

いいなー

 誰かに関係をもちかけられたことのない29歳・処女・腐女子が、ロムしててなんだかちょっと羨ましくなってきましたよ。

 でも、それは行動した結果として返ってきたものなので、羨ましく思うのも間違ってるんだろうな。

 私ははてなで誰かに誘っていただいても行かないだろうと思うので、そういう保守的なとこもいけないんだろうなー、性格は攻撃的なのに(それがいけないんだよね・・・)。

 

 さすがにもうお年なので、誰かと優しく抱き合いたいと思うこともあります。

 一生むりなのかもなーと思うことも。

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月28日

何故浮気はダメなのだろうか このエントリーを含むはてなブックマーク

何故浮気はダメなのだろうか

この問題に関しては、現代日本の恋愛コミュニケーションにおけるルールだから、としか言いようが無いのではないか。そして、そのルールは家族制度という秩序を維持するために、社会が作り上げたものだろう。

だから、実際のところ、個々人レベルではもっと大らかに考えられていてよいはずなのだが。しかし、それを疑う事無く信じ込み、浮気した事を、自らが否定されたように怒る女がいる。困った事である。一体どこでそんなルールを植え付けられたのか、これこそがメディアの悪影響の例ではないだろうか。

私はいつもこう言う。

「あなた」と「私」の関係は、それは何も「彼氏-彼女」の関係である必要はない、そんな風に呼ばなくとも、この世界において、唯一無比のかけがえのないものなのである。いや、むしろ「彼氏-彼女」の関係と世間一般の概念で定義する事のほうが、我々の関係の「かけがえのなさ」に対する冒涜ではないか?

つまり、私が誰と仲良くしようとも、あなたとの関係は唯一のものであり、その価値は少しも貶められないのである。浮気なんて少しも気にする事はないのだ。パートナーの動向に常に目を光らせている監視社会よりも、みんなが自由で仲良くできる世界の方が、余程すばらしいと思わないか?

と。

私は半分本気で「浮気」などという言葉が無くなれば、戦争だって無くなると信じている。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月27日

付き合って1年ちょっと。 このエントリーを含むはてなブックマーク

付き合って1年ちょっと。

先日、相手から「一緒に住んでみない?」と言われた。

嬉しいけど、正直「どうしよう?」と思う。

今年の4月にも一緒に暮らすという話が出ていたんだけど、

相手が新社会人のため、新生活のストレスと

仕事をするための生活のリズムを作りたいということでナシになった。

できることならずっと一緒にいたい。

週末、二人で買い物に行ったり、ご飯を作ったり本当に幸せだと思う。

でも、今の状況で一緒に暮らしても、

なんだかんだでお互いの平日のストレスをぶつけ合って、

関係が壊れてしまうのではないかと心配。

でも、断るのも言い方が変だが、もったいない。

どうしたらいいのだろうか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

友達に帰り車で送ってもらうことになった。 このエントリーを含むはてなブックマーク

友達に帰り車で送ってもらうことになった。

後部座席に前から気になってた後輩の子とふたり。

まあもともとそういう雰囲気は以前からあったんだけど、ちょっと手が触れ合ったのをきっかけに一気に恋人繋ぎで手繋いでみた。

特に反応もなく時々握り返してくる感じでいい感じ。

家についたあと、後輩の家までお見送りして、頭ちょっとなでなでして別れた。





で、この子凄い礼儀のいい子で、いつも見送ったあとは必ずそのことに対するお礼のメールがあるんだけど、今日はそれがなかった。

やっぱあれかな、先輩→後輩という関係が、その子の礼儀正しさ、素直さみたいなところにかかって、それでちょっと受け入れてくれてたのかなぁ、今まで…。

たったメール一通来るかこないかでこんだけ悩めるんだから恋愛ってたのしいなぁ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月26日

非モテ話でいつも思うのは このエントリーを含むはてなブックマーク

非モテ話でいつも思うのは

アンタそうだからモテないんだよとかそう言うことよりもまず

「てーかなんでそんなにモテたいんだ?」っつーことです。

もうね。非モテってなんかしらんけど必死じゃん。モテないことだけで自分の人生そのものを否定してるようなよく分からん奴とかいるし。なんなんだ?モテないから何?っていう。別にいいじゃん。それで。マリオカートが下手です、ってことで人生そのものを否定する奴っている?あぁいるかもしんないけど。俺にとってはそのくらいバカらしいことなんだよね。いや、いいだろ、マリオカートが下手でも……みたいな。マリオカートが下手なまま生きてたって別に構いやしないだろっていうね。

なんでそこまでモテたいんだ?と。なんでそこまでモテるってことの価値を上げてるんだと。それも自分の苦手分野でどうしてそんなことするのか俺にはちっとも理解できない。わざわざ自分の苦手な事を自分の中で一番の価値に仕立て上げておいて「それに満たないから俺はダメだ」ってお前らどんだけマゾなんだよっていう。ものすげえマゾなんだよね俺からすると。自分を苛めるのがそんなに好きか?まあ趣味でマゾやってんなら止める気はないけどさ、あいつら、自分がマゾやってる事に気がついてないような気がすんだよね。自分の手で自分を殴り続けてるのに、「痛いよ。誰だ、殴ってるのは。畜生」って一人で怒鳴ってるようなさ。そんでそれを見てポカーンとしてる聴衆たちを時折睨みつけて、「お前か。お前が殴ってるんだな」って叫び出す。ネット上だけだけど。言われた側は物凄い不思議なわけ。「何言ってんの、お前、自分で殴ってるんじゃん……意味わかんない」そう言って皆首をかしげながら、時にはあらぬ罪をなすりつけられ少し怒ったりもしながら帰って行く。残されたのは一人殴り続けるMな男。なんて可哀想な。なんて哀れな。一体彼らはいつまで自分を殴り続けるのか、そして一体いつその事に気がつくのか。新興宗教にハマってる奴を現実に戻すのとどっちが簡単か、分かりやしないよ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

思いやりという名の侮辱 このエントリーを含むはてなブックマーク

思いやりという名の侮辱

今日僕は、彼女さんにフラレる。

初めて心から「すき」とか「愛してる」と、自然に気張らずに素直に思えた彼女。掛け値なしで、100%理想の彼女だった。

別れを告げられたのは水曜日。確かに最近忙しくて会えなかったけど、順調だと思っていた。いや、思い込もうとしていた。


誰でも考えてしまったことはあると思うけど、『仕事で忙しいからごめん』が続くと、ついつい嫌な妄想は膨らんでしまう。

「どこぞのイケメソと会ってたらどうしよう」「浮気してたらどうしよう」、今回はアウトだった。

僕は比較的女子っぽいところがあって、女の勘的なものもだいぶ働く。信じないようにしてたけど、やっぱりダメだったようだ。


彼女は抱え込みがちだし、病院に通うこともあるくらいメンタル弱いので、目の前の仕事と将来の不安が重なっている今の時期は、そっとしておこうと思っていた。

そんな時に、『これ以上あなたと恋人の関係ではいられない。連絡取れなかったり構ってあげられないし、寂しい思いをさせるから』と別れを切り出された。昔自分もそうやって別れようとしたことがあったし、女の勘も「これはきれいごとだ。」と云っていた。だから会って別れ話をする前に「きれいごとはやめて、他にすきな人が出来た?」と電話したら確定した。



メンタルの影響というものは、想像以上に大きいもので。

幼稚園くらいからずっと見なかった幻覚とか異常視覚とか、今朝は10何年ぶりに遊びに来てた。どうも久々。

いつもは5秒で寝るのび太くんな僕も、流石に30分くらいはかかりそうだったし、その間に考えてしまうあれこれでトチ狂いそうだったから、寝酒もアホみたいに頂いた。

体育会系の自己満足だと嫌っていた一気とかもしてみたけど、酔えないものですね。僕の大好きなジャックダニエルを、むせるほど流し込んだのですが。


僕の人生において「吐く」という行為は2回しかなくて、吐き方を知らないんです。一回目は幼稚園くらいの時に高熱で、もう一度はラムのロックを飲み続けた時。

消化物とか液体じゃなくて、今回は正に「"気持ち"が悪い」というやつだったのだけど、ジャックダニエル<超えられない壁<メンタルだったようで。



本当の想いとか、不平不満を云うのはもの凄く怖いことで。相手が大事であれば大事であるだけ、その恐怖も比例して。

だけどそれを云わずに解る人なんて、母親と心を読める人だけなんだと思う。

僕は高校のときの4つ年上の彼女(『お姉ちゃん』としよう)が泣きながらそれを教えてくれたから、(その時は「お前が悪者になりたくないだけだろ」とか思ってたけど)めちゃくちゃ怖かったけど、踏み出した。

彼女はそれを解ってくれないかもしれないけど、120%理想の彼女さんだと思ってたし、したがって比例した恐怖もとんでもなかった。


それを受け入れてくれたんだと思って、やっと『お姉ちゃん』への後悔を拭えるんだと思って、夢みたいに幸せだった。



僕が夢みたいな幸せにいる中で、彼女には凄く無理をさせていた。

程度の読み違いはあれ、それは僕も感じていたしそういう人だと思ってた。だから精一杯聞いたり思いやったつもりだったけど、それには応えて貰えなかった。


そこには色んな理由が絡み合って、一言で言い切れるものではないのだけど、たぶん今回は「恐怖」じゃなくて「侮辱」なんだと思う。


僕はそれはそれは夢見がちだし、年下だし、適当だし、『無理してる。』なんて云えない程度の相手だ、と判断された。

最終的に深層心理で、それを受け止められる器じゃない、と思われた。


そう思い至ったとき、流石にこれは効いた。

僕の中心思想はアリストテレスとライプニッツだったけど、一気にキルケゴールに傾きそうなくらいの衝撃だった。(わかりづらい)

いつも読ませて頂いてる限り、はてなの住人さんたちは思想関係も強そうなので、趣味にはしってみた。キルケゴールの捕らえ方間違ってそうだけど、堪忍してください。




『夢見がちな期待に応えなきゃ』『無理してるなんて言ったら、傷つくし怒るし、改善できない』、そう考えてくれたってことなんだろう。

だけどそれは、僕のことを思いやっているようで自分が傷つきたくないだけで、そして僕を嘗めくさっている。 僕が夢見がちを自覚していないとでも思ったのだろうか。



だけど今回、僕はまた一歩踏み出せたような気がする。

「恥も外聞もない」「プライドなんか10円で売ります」といつも云っているけど、やっぱりそれは「フリ」だったし、損得勘定した上での演出も大きかった。

だけど初めて本当の意味でかなぐり捨てられたし、どうでもいいと思えた。どろどろに泣きながら、素直な想いをぶつけられた。

これは大きい。僕にもまっとうな「人の心」が残っていたようであります!


『お姉ちゃん』との事に気付いた時のダメージも相当だったけど、今回はそれ以上だった。まさか人生であの時以上のダメージを受けるとは思わなかったw

ツンデレな僕の女神さまが、どんなデレを用意してくれるのかと今から楽しみです。デレツンじゃなくて、ツンデレなのって凄く重要だと思う。最終的に「デレ」で終わってくれるんでしょ?



カッコ悪いついでに云うと、僕があの時の『お姉ちゃん』になれるんじゃないかと、淡い期待を抱いている。

僕は弱いし図々しいから、気付いたときに『お姉ちゃん』に連絡してしまったし、心から謝った。

それを『お姉ちゃん』が許してくれたことが、間違いなく僕の人生を変えた。


もし僕の淡い期待通り彼女があの時の僕になったとしても、『僕を傷つけた』って責任感じて連絡くれないんじゃないだろうか。

そういう人だし、僕の器もだいぶ小さく評価されているし。笑

それが一番の不安なので、そこは強く強ーく伝えることにしました。

それと、そんな不安や「恐怖」を1mmも感じないくらいのいい男になってなきゃいけないんだと思います。




あの時の『お姉ちゃん』はもっと大きな幸せを見つけていたけど、その時の僕はもう一度彼女に想いを伝えるのかな。

裏切られてたとか嘘をつかせてたとか、そんなの全部どうでもいい。そう思えるし、何より僕は図々しいから。



いつも読ませて頂いてるはてなに、ついつい勢いで書き込んでしまいました。乱文失礼しました。

心が乱れまくりじゃ、やっぱり文章も乱れるみたいですね。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月23日

クリスマスプレゼント このエントリーを含むはてなブックマーク

クリスマスプレゼント

彼女いない歴20年だったんですが、数ヶ月前初めて彼女ができました。

で、今年のクリスマスは初めて家族以外の人間とクリスマスを過ごし初めてクリスマスプレゼントを他人に渡すという初体験目白押しな日なんですが。

……プレゼント、どうすりゃいいのかわからん……orz

クリスマスプレゼントってどういうのを用意すればいいんでしょうか?

大体いくらくらいなんだろう??

それすら全く分かりません。アクセサリーとか??服??バッグ??ブランドとか俺全然知らん……

増田たち、教えてください……


参考のため彼女のスペック書いておきます

・同い年(20歳)

・大学生(俺も同じ学校です。二人とも理系だけど俺は工学部で彼女は医学部)

・服の感じは……なんていったらいいかわからん。多分普通に可愛い感じの……エビちゃんとかああいう感じではないけどワンピースとかよく着てて好きみたいです。アクセサリーはあんまりつけてなかったと思います。

・顔は俺の贔屓目が入るかもだけど可愛い 美人系ってより可愛い系 高校生くらいに見える

・それとなく(?)聞いてみたけどブランドものは別に興味ないっぽいです。一緒にショッピングとかも行ったことありますが「1万以上したらまず買わない。5千以上なら熟考する」と言ってました

・オタク。腐女子ではないらしいです。ジャンプは毎週読んでいて最近ハマっているのはネウロだそうです。あとお父さんの影響でミリオタと鉄オタに片足突っ込んでるようです。最近はDSで脳トレばっかりやってます。一番好きな男キャラクターはデスノートのLで女キャラクターはハルヒとマリみての志摩子さんだそうです。ちなみに俺は長門が好きです。

・犬を飼ってます

・冬コミは一緒に行く予定です。なのでクリスマスプレゼントはコミケでどれだけでも買っていいよ!にしようかとも思ったんですが、どーも見る限り、同人誌はあんまり買わない感じなんですよね……サークル参加は友達と一緒にしたことがあるらしいです。

・オタクのほかにはスポーツ観戦が好きらしく、特にフィギュアスケート・F1・ゴルフ・テニス・陸上が好きだそうです。(その割りになぜかサッカーと野球はそうでもないらしい)


とそういえば書いてて思い出しましたが、WiiとDSライトが欲しいと言っていたことがありました!でもWiiとか高かったような…DSライトももしかしたら弟が買うかもと言っていたのでカブる危険性が……。ていうかそれ以前にゲームがプレゼントってどうなのか……なんかいい案あったら増田教えてくださいorz

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月22日

告白→ふられる このエントリーを含むはてなブックマーク

告白→ふられる

そこで、相手に対して「縁を切る、もう連絡しないしすがらない」という対応が出来る人って、多数派?

自分にはむりだ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月18日

彼氏がいる人を本気で好きになった。 このエントリーを含むはてなブックマーク

彼氏がいる人を本気で好きになった。

相手の女性は30代前半。私は20代前半。

10歳年上だけど関係無い。一生懸命仕事している姿に惹かれた。

笑顔が好き。マイペースでのんびり屋なところも好きで、でも仕事の事で納得いかない事があるとムキになってしまうところも好き。

なんであの人には彼氏がいるんだろう。なんで私には彼女がいるんだろう。

お互い恋人いない時に会ってれば良かったのに・・・。

心の底から好きと思える人なのに・・・・。

結婚できないけど一緒に住めば幸せになれるって確信できる。

それでもあきらめられないのでアタックしようと考えた。

でも相手の女性に迷惑はかけられないので、気持ちを抑えてる。

やっと今は落ち着いてきたかな・・・。

あきらめようと思っているんだけど、気持ちが落ち着かない。

どうすればいいんだろう・・・。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年11月12日

とりあえず風俗にでも行ってこい、童貞ども このエントリーを含むはてなブックマーク

とりあえず風俗にでも行ってこい、童貞ども

サークラの話に乗り遅れた。

つい最近あった似た話持ってたのに。


・男のみ十名ちょっとのネトゲヲタサークルに女の子が入る。

・一人で入るのが怖かったらしいので友達(女)と一緒だった。

・結構な数の野郎がやたらとその子に構った。(狙ってるのバレバレ)

・人慣れしてきてその子の態度が柔らかくなる。

・舞い上がる野郎続出。

・暫くして特に女の子を構っていた連中の様子がおかしくなりだす。

・女の子は友人の助言に従って拒絶は示していたものの、効果なし。

 (その後の話で勘違いヲタどもの脳内ではどうやら「恥ずかしがってる、萌える」と変換されていたと判明)

・勘違いヲタ、馴れ馴れしいと言ってもいいくらいの態度を取り出す。

・ある日、サークルの集まりだと思っていつもの集合場所に行ったら勘違いヲタどもが女の子取り囲んで質問攻め。

・誰が好きなんだ、あいつとヤったのか、等々。

・女の子泣き出す。「この中に好きな人なんていない」「誰ともそんな真似してない」

・勘違いヲタどもファビョりだす。「誰にでもいい顔しやがって」「尻軽」等々。

・女の子の友人がその場に来ていないサークルメンバーに連絡を入れる。

・勘違いヲタの一部、乱闘開始。

・それを宥めようとした連中も巻き込み、女の子の友人が呼んだ連中が来る頃には手に負えないレベルに発展。

・どさくさにまぎれて女の子に向かってきた馬鹿がいたため、呼び集めたメンバーが壁になってくれてそのままじわじわと避難。

・運動系サークルに女の子の友人が助けを求め、最終的に勘違いヲタ全員ボコられる。

・勘違いヲタ、大半が自主退部。そうでない奴も追放。女の子も退部。

・勘違いヲタの中にその後も女の子に付き纏う奴が現れ、ストーカー犯罪として警察沙汰にまでなる。

・女の子、重度の男性恐怖症となり、通院。


そりゃ男数人に囲まれて怒声と罵声浴びせかけられて襲われかけた挙句、ストーキングまでされれば壊れるさ。

ヲタじゃない男にも勘違いするのはいたけど、拒絶メッセージはちゃんと理解してた。

ヲタはなんでそうなるのかってくらい脳内変換してた。

基本的にヲタの男は死んでいいと思うよ。

正しくは女慣れしてないヲタは、かな?

子孫残すこともないのに、なんで生きてるだろ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。