2007年09月09日

元彼女と旅行してきた このエントリーを含むはてなブックマーク

元彼女と旅行してきた

元彼女とは同い年で20から27歳まで付き合ってた。

一応お互いの親に紹介して、このまま結婚すると自分も思っていた。たぶん彼女も思っていたと思う。

25歳の時、彼女の親父さんが癌だということが判明し、彼女は看病のため地元へと帰っていき遠距離恋愛が始まった。

そしてある日彼女の親父さんがなくなった。

朝4時頃に泣きながら電話があった。

電話をきった後すぐ飛行機を予約し、彼女の地元へ向かい通夜と葬式の手伝いをした。

彼女の母親はすっかり衰弱していた。

僕は彼女に3回プロポーズしている。

1回目は彼女の父親が癌だと判明した時、花嫁姿を見せてあげようとプロポーズした。

彼女の父親から「東京に娘はやれない。」と断られた。

自分がいなくなった後の妻のことを考えたのだろう。

2回目は彼女の父親がなくなって1年たった頃だった。

彼女はいった。「母親の残して東京にはいけない。」

俺はいった。「お母さんも一緒に東京に呼んで、三人で暮らそう。」

彼女の母親から「地元から離れることはできない。」と断られた。

まだ夫の死から立ち直ってはいなかった。

自分も仕事を捨てて彼女の地元にはいく勇気がなかった。

そして3回目のプロポーズが最後のプロポーズになった。

親の問題は何も解決はしてなかったけど、婚約指輪を買って彼女に話したいことがあるから地元にいくと電話した。

彼女はいった。「もう他に付き合ってる人がいるの。。いえなくてごめんね。。。」

僕と彼女との恋人関係は終わった。

3年が過ぎ、お互い30歳になっていた。

彼女は、彼氏と別れていた。自分も新しい彼女と別れていた。

僕はいった。「旅行に行こうか?」

彼女はいった。「Hなしで友達としてね。」

1泊だけど楽しい旅行だった。本当に何も違和感のない旅行だった。

冗談をいいあって、素直に笑って、昔みたいにお酒を酌み交わした。お互い30歳だねと笑いあった。

帰りの飛行機の中、考えたら駄目なことだが、

「彼女の父親が癌にならなかったら、どうなっていたんだろう。」

と僕は考えていた。

こんなこと考えても何もならないし、誰も幸せにならないなんてわかってるけど考えていた。

それとももっと僕がうまくやっていれば他の道があったのだろうかと考えていた。

羽田に近づき東京のネオンを見下ろしながら考えていた。

僕は何故彼女を旅行に誘ったんだろうと後悔した。

何かを得たのかもしれないが、どちらかといえば何かをまた失くしたのかもしれない。

これからも色々なものを引きずって僕は生活をしていくと思う。

色々な問題にぶつかって、色々な人と出会い、その中で何かを得て、何かをまた失うのだろう。

それでいいのかもしれない。

我ながら30歳で情けない男だと思う。

でもそれでいいのかもしれない。

とりあえずだ。

僕は元彼女と旅行してきた。

posted by tsukamoto at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月08日

彼女だと思ってる人がいたんだけど このエントリーを含むはてなブックマーク

俺は

彼女だと思ってる人がいたんだけど、どうも、話しているうちに、なんか彼女は俺の事を彼氏と思ってない?的な素振りがなんとなーく本当になんとなーく見えたときがあって、アレ?アレ?マジで?と思いつつ勇気出して「あの…俺たちって付き合ってるよね?」って聞いてみたいんだよね、そしたら彼女



「……は?」


その後数秒沈黙ですよ

で次に彼女の発した言葉「……え?」もう完全に彼氏じゃなかったよねこれ完全に一人舞い上がってたみたいなねだって彼女の目めっちゃ引いてるもんこれ視線を受け止めきれないほど凄い鋭い目になってるタカの目だよ獲物を狩るタカの目

そんでとにかくその場はショックというよりなんてこといっちまったんだという恥が先行しまして必死に「だよねー!タハ」ってな感じでかなり痛々しく切り抜けてみたわけなんだけどっていうか切り抜けられてねえっつうのねバハハマジ笑える

そんで帰ってから一人自己嫌悪に陥って布団にもぐりこんで絶望感を味わっていた訳なんですけど

まあ勿論彼女から連絡とかあるわけもなく

俺からメールしてみたんですよ

もうなんか何も失うものないし全部ぶっちゃけちゃったわけですよ

俺実は勝手に恋人気取りしてましたスンマセンでした的なね、いや実際にはもっと長くちゃんと書いたけどさ

そしたら彼女からメールきまして、まあ幸いなことに「誤解がとけたのならまあもうそれはいいけど」的な感じで水に流してくださるそうで、主旨としては「これからも友達ってことで一つよろしく」的な、いや原文ままじゃないですけどまあそんな感じで、あーでもよかった最悪のパターンは免れたーとほっとしてたんですが彼女最後に

「でも……どこでどうそんな勘違いをしたの?別に告白してもされてもいないし、月に2,3度遊んでただけだよね……それもサークルのみんなと一緒に。確かに帰り道は同じだったから、二人で帰ってはいたけど」


キタコレ。

スパーっときまりました。最高のサーブだよ。身動きすらできずポイント取られた。

本当確かにそういわれて見ると今から思うとなんで俺そんな勘違いしてたんだろう?って感じです本当それ以外いい様がありません手すら繋いだことないしねいまだ名字呼びだしあーほんとだねなんで勘違いしてたんだろうねこれホント俺氏ね!!!!

続きを読む
posted by tsukamoto at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

男友達に告白された このエントリーを含むはてなブックマーク

男友達に告白された

びっくりした。つーかなんか気恥ずかしかった……

とりあえず友達としてしか見たことないという旨を伝えた。

でもこれからも友達は続けたいという事だったのでまあこちらとしてもそれが一番よかったので一応そういう事になったのだが


でもふと思った。

ちょっと前にはてなで「男友達に告白されたら気持ち悪い。性的な目で見てたんだって思う」って人がいてさ。でその話題で一部界隈は盛り上がってたけど……この↑感覚って女性のスタンダードなんだろうか……なんか当時は当然の如くスタンダードとされてたけど実は女性の中でも特殊な人たちの考えだったんじゃないかなー……とか思った。いや、こっちが少数派なのかもしれんし、特殊というか2タイプ半々で存在するのかもしれんけど……でも、あれが全女性のスタンダードとは思えんのだよなあ……男友達に告白された程度でいちいち「性的な目でどうこう」とか考えなくねーか。ていうか友達にするくらいだからワリと人間として好きな人なわけでそんな人から好意を告げられりゃ正直悪い気はせん(でも実際付き合えるかどうかは別だけど)。周りの友達にふと聞いてみたところ、「そんなもんじゃない?好きって言われて基本的に悪い気はしないでしょ。ストーカーとかそういうのじゃない限りさ」との事。だよねえ。

posted by tsukamoto at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月06日

世の中で一番恋愛が苦手なのはたぶん俺 このエントリーを含むはてなブックマーク

世の中で一番恋愛が苦手なのはたぶん俺

おしゃれとかには結構興味があるから、恰好が不潔ということはない。「○○君って彼女いたことないの?うそ??」みたいなこともよく言われる。でもマジで恋愛が苦手。というか、女性と話すことができない。おそらく中高と男子校にいたせいだとは思うのだが、女性恐怖症みたいなものにかかってしまっている。

どれくらい苦手かというと、まず女性を名前で呼ぶことができない。それから「女の子」っていう単語が使えない。それだけで赤面してしまう。あと恋愛感情の持ち方がよくわからない。つまり恋というのをしたことがない。

まあ、大学生活の中で慣れていけば治るかな。最近ようやく女友達とも男友達と同等な感覚で話せるようになってきた。

続きを読む
posted by tsukamoto at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 恋愛

2007年09月05日

こんな事リアルで言えば確実に変人扱いされるのがオチだが このエントリーを含むはてなブックマーク

こんな事リアルで言えば確実に変人扱いされるのがオチだが

どう考えても皆が恋愛したがる気持ちが分からない。

今のご時勢恋愛や結婚をしたって何にもならんやんか?

一人じゃ寂しいのか?そんなに皆寂しがりやなのか?

理解できねえ

いやマジで

続きを読む
posted by tsukamoto at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月04日

だまされてた? このエントリーを含むはてなブックマーク

だまされてた?

仕事早退して帰りたい。泣きそうだ。

付き合い始めた同僚が来月結婚とかありえないから。何それ。

頭の中真っ白なんですけど。

明日泊りにおいでよ、って言ってたなあ。

どうしたらいいんだろ、本当困った、こんなの想定外だよ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月03日

近所のお店の店員に恋しました このエントリーを含むはてなブックマーク

近所のお店の店員に恋しました

社会人にもなって。。。

週に1・2度行く会社近くのお店の店員さんが可愛くて仕方ない。

良く分からないけど多分大学生。ロリっぽいから年齢不詳だけど、2・3歳年下かなー。

美容院とかに行くと、たまに話が盛り上がる女の子が居て、そういう人は誘ったら遊んでくれるんじゃないかなーと思うこともあるけど、何しろ飲食店だとなかなか話す機会もなく、悶々とした日々を送る最近。思い切って今度誘ってみようかなーと思ったり、思わなかったり。。。


ま、自分が店員だったら、客から言い寄られたらよっぽど好みでも無い限り遊ぼうとは思わないなぁ。何しろ相手の身分が分からない。

でも今回の場合、僕が近所の会社で働いてることおは相手が知っているので、そういう心配はないのか。。。??


うーん。悩む。。。

誰か店員さんと仲良くなる方法を教えて下さい。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

脱ヲタいいことなし このエントリーを含むはてなブックマーク

脱ヲタいいことなし

職場は服装自由なのでリュックにスニーカーとかで行ってたが

もうちょっとモテたいなと思ったので恥をしのんで友達の意見とか聞いた。

似たようなワンピース3枚買ったりGパンやめて髪切ってパーマかけたら

エビちゃんとは言わないけど、ほんとにそこそこ「OL風」にはなる。


でも、そこからは良いことひとつもない。


今まで私を女扱いしてなかった上司が、へらへらしながらやたら体を触る。

酔った勢いで抱きついてきたり三次会後に「おまえんちで飲もう」とか。

優秀だと思ってた男性社員たちのセクハラぶりに失望した。これほんとの話。

「チャラチャラしてないでまじめに仕事しろ」っぽく言われる機会も増えた。

女からはすっごくしつこく彼氏できたの?と聞かれるし。

ヲタ服(かまやつ服?とにかく露出ゼロ)だと、やることやってれば言われない。


服を変えて変化したことなんてそれだけだ。でも別に私はそういうのはいらない。

最初に思った「モテたい」というのは、こういうことじゃないだってばー。

あわよくば職場の女と不倫しようとか考えてる軽薄な男たちに言い寄られて

チヤホヤされてモテアソビたいとか、そんなの全然いらないんだってば。

もっと、出会って恋をしてハッピーになる、みたいなことを夢見てたんだけど。

モテ服は恋は呼ばない。男のエロ目線と女の色眼鏡だけ呼んでくる。


これが男だったら女が寄って来てウハウハなんだろうか。

顔はブサのまま、性格までゆがんで、またGパンちびTで出社が増えた。

まず服を変えてみなよ人生変わるよ、とか言う人のこと、もう信じない。




-------------

すごい大切なこと書き忘れてた。

寄って来たのは、みんな既婚男性。わかりやす!

いらないって言ったのはそういうこと。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

僕は物体Xを持っていない/後日談 このエントリーを含むはてなブックマーク

僕は物体Xを持っていない/後日談

以前「僕は物体Xを持っていない」(http://anond.hatelabo.jp/20070722152006)

というエントリを書いた増田です。たくさんのブクマとコメント、ありがとうございました。すごく助けられました。

チラ裏になるかもしれませんが、もうちょっとだけ書かせて下さい。


1ヶ月間、ずっと彼女は悩んでいるみたいだった。僕とは花火を見たり、買い物をしたり、お互いが好きなアーティストのライブを見に行ったりしてて。二人で過ごす時間はとても楽しかったけど、やっぱり前とはちょっと違ってたように感じられた。元彼の方とも同じぐらいの頻度で会ってたみたいだった。何度か僕の気持ちを彼女に伝えてはいて、彼女はいつもそれを辛そうに聞いてた。態度で彼女の気持ちが傾いていくのは大体分かっていたけど、僕から別れ話を切り出すことは出来なかった。もしかしたら、という気持ちを捨て切れなかったんだよね。

昨日、二人で2時間ぐらいドライブした。もしかしたらこれが恋人の間柄でいる最後の時間になるだろうと思うと、彼女と会うまでハンドルを握る手が震えた。

「あなたと過ごした時間はいつもとても楽しかった。院試のときも就活のときも、いつもあなたが助けてくれた。すごくすごく感謝してる。それは本当なの。でも、私があなたに同じような優しさを与えてあげられていたとはどうしても思えない。」

「私はあなたの気持ちをたくさん受けて幸せだった。それはすごく穏やかで、楽しくて。元彼に感じたどうしようもない気持ちの高鳴りのようなものはなかった。でも私はそれで良いと思ってあなたと一緒にいた。この間一緒に花火を見たときも、あなたと一緒にいたほうが幸せなのかもしれないと思った。でも、彼に告白されてから、私は彼にすごく惹きつけられて、どうしようもなかった。このままあなたの優しさに包まれていてはいけないんじゃないかって思った。」

この一ヶ月間、彼女にとっての物体Xとは何だったんだろうとずっと考えてた。今ならそれはぼんやり分かるんだけど、それは多分互いの気持ちをぶつけ合ったり、ケンカしたり、そういう過程で起こる気持ちの共振みたいなものだったんだろう。僕も一番最初に付き合った人に対して感じた気持ちだ。確かに、僕らはそれを生み出すことはできなかった。僕は彼女を失うことが怖かったから。僕は彼女が幸せそうにしていてくれれば自分は何でも良くて、それが僕の幸せだったから。本当にそれで幸せだったんだ。でもそれではいけなかったんだろうな。考えて考えて関係を築いてきたけど、結果的には彼女が望むものを(それに対して彼女が自覚的ではなかったのだとしても)僕は与えられなかったし、元彼は与えていた。それだけの話だったのかもしれない。ずるいと思う。でも、そういうのって最終的には理屈じゃないんだ。

「もし二人が溺れていてどちらかしか助けられないとしたら、今私は彼の方を取ってしまう。今は彼も私を取ってくれるように思える」


「だから私は彼を選ぶ。」


彼女を憎んでしまえば楽になれるんだろうなとは思う。彼女は僕と元彼を天秤にかけて元彼を取ったし、自分の望む関係を、僕と一緒に作り直そうとはしなかった。でも僕にとって彼女は彼女だったけれど、2年半一緒に過ごした仲間だったんだ。彼女が自分の幸せを探すのを止める権利は僕には無い、そう思うと、もうそれ以上引き止める言葉を繋ぐ事は出来なかったし、彼女を憎むことも出来なかったよ。

本当に運命みたいなものがあるとしたら、きっとどこかでまた会うし、彼女にとって元彼がそれだったとしたら祝福してあげなきゃいけないんだろうな、そんなことを自分に言い聞かせて彼女を家まで送る帰り道、突然涙がぼろぼろこぼれて、初めて彼女の前で声を上げて泣いた。別れ際、彼女も僕に抱きついて泣いた。「ごめんなさい」と何度も小さな声で彼女は呟いた。本当にそう思っていたんだろうと今でも思う。

さて、これからどうすればいいんだろうな。彼女が前を向いているように、僕も前を向かなければいけないんだろう、と頭では思っている。どっちが前か、まだ全然分からないけれども。

続きを読む
posted by tsukamoto at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月02日

私は30台半ばの妻子持ちです。 このエントリーを含むはてなブックマーク

私は30台半ばの妻子持ちです。

上場企業の管理職。結婚暦は10年弱。

子供は小学生です。

結婚してこのかた、浮気はありません。


以上を読んでまったく興味のない方は飛ばしてください。

最後まで読んでもらっても、つまらないことしか書いてませんので…。


恋をしてしまいました。


恋の相手はMさん。20台半ば。

私とは一回りほど年の差があります。

昨年秋に、私の部署に配属された部下です。


不覚です。

私は、恋とは人工的にするものだと信じていました。

つまり、自分から恋をしようと思わない限り、恋はしないものだと思っていました。

だから、社内恋愛なんて自分から思いを寄せることはありえないと思っていたし、

たとえば誰かから思いを寄せられたとしても、断ることができるはずでした。

ましてや私は管理職。

自分から職場を不安定にする要素を持ち込んでどうする。


ところがです。

自分から恋に落ちてしまいました。

はあ。


私はMさんに、自分の気持ちを伝えていません。

伝えたところで、デメリットが多すぎます。

まず、Mさんの気持ちが私と違うことを知る(「何言ってんのこのオヤジきもっ」)のが恐い。

同じだったとしても、私は妻子があります。

妻に対して情熱的な気持ちはさすがに薄れましたが、

決して嫌いになったわけではないし、日々の生活には感謝しています。

子供はとてもかわいいし、なるべく一緒にいる時間を多くとろうと努力しています。

なので、即離婚してMさんとくっつきたい!という単純な選択肢はありません。


そして気持ちを伝えたいずれの場合も、職場にいい影響はないでしょう。


こんな閉塞的な状況にもかかわらず、私の気持ちを打ち明けるのも、

Mさんにとって迷惑な話です。


と、頭ではわかっています。

にもかかわらず、気持ちを打ち明けたい衝動に日々駆られてしまいます。

理解とはまったく別の次元で、気持ちが動いてしまいました。


この年になって恋に悩むなんて、我ながら滑稽です。

道義上、まったくほめられた話ではないのも十分理解しています。

もしかしたら、恣意的だったのでは?と思われても仕方がないですし、

自分でも、もうなんかよくわかりません。


同じような体験をしている人、いますか?

いないか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年09月01日

なんていうか、いい匂いなんですよねー このエントリーを含むはてなブックマーク

嗜好

彼女に

「私のどこが好き?」

って聞かれて、

「匂い」

って答えると怒られる。

俺は君のことを本当にいい匂いだと思うからそう言っているのに怒ることはないだろう!

あと美人でもなくてスタイルも良くないって自虐に走るのをやめろ!

君は「普通」だ!


なんていうか、いい匂いなんですよねー。

この現象は誰か説明できないですか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月29日

デートに遅刻する男 このエントリーを含むはてなブックマーク

媚びない女は一生独身ですか。を読んで変なところがツボにはまった。

現在、30代大学院生です。今まで一人、男性とつきあったことがありますが、少しでも私がつらかったことを言うと「甘えるな」と言われました。その代わりその男性は日曜日の午後1時頃に待ち合わせという場合も、寝過ごして午後4時くらいに「ごめん、寝坊したから行けない」ということを、ほとんど毎週していました(携帯に電話しても熟睡しているので起きません)。私がそういうことをされるとつらいと言うと、「いつも仕事で忙しいんだから!!」とキレました。でも、その人は平日でも「仕事だけで一日終えたらもったいないから、午前3時くらいまでゲームをやって寝る」という人でした。

この相手の男性が元彼にそっくり!私とのデートの場合はこの手のすっぽかし(週末昼頃の待ち合わせに現れず連絡も取れず数時間後にようやく今起きたと連絡がある)は2ヶ月に1度ぐらいだったけど、ほとんど毎日のように午前3時ぐらいまでゲームをやって寝るという30代社会人だった。


最初すっぽかされた時(付き合い始めて3ヶ月目ぐらいだった)は連絡もとれないし事故にでもあったのかと思ってとても心配したのだけれど、単なる寝坊だと分かってからはすっぽかされるのがとても辛くて(軽く見られてるとしか思えなかったから)、4度目にされた時に「次にこういうことをされたら別れるから!」と宣言したにも関わらず、3ヶ月後にまたすっぽかし。


宣言通り別れようとしたらさんざん引き止められて「一緒に住めばこういうことはなくなるじゃん?俺は別れたくないから一緒に住もうよ」とか哀願された。どうしてデートの約束も守ってくれない相手と一緒に住む気になれると思うのかほんと不思議。というか、そんなに手放したくない相手ならなんでデートをすっぽかすのかも理解できなくて、強引に別れた。


こんな、数時間単位でデートに寝坊するような男性なんて滅多にいないと思ってたんだけど、いるところにはいるものなのですね(ひょっとしたら同一人物かもしれないけれど……ただ、元彼は『甘えるな』という人ではなかったな)。こういう人、何を考えてるんだろうなあ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月27日

不倫上司 このエントリーを含むはてなブックマーク

不倫上司

最近、会社の違う課の女の人と仲良くなったのだけど、話を聞いていたら、はっきりとは言わなかったけど、色々な情報を総合すると、私の上司(単身赴任で3人の子持ち)と不倫していることがわかった。

そいつは、自己保身しか考えてないし、周りの人に取り入るために、そこにいない人間の悪口を言う嫌なヤツで(勿論私も言われている)、上司としても無能だし最低なんだけど、部下の男に、その女の人のことを「○○さんは、暇だから、誘えばいつでもホイホイついてくるよ」とか言ってたり、他にも悪口を言っているのを何度も聞いているので、複雑な気分。私も飲み会の時に「俺の子供を産んでくれ」って言われたけど、お前の年収(しかも、一月の小遣いは光熱費と食事含めて5万円)と遺伝子じゃお断りだよ。

その人は、28歳まで誰とも付き合ったことなくて、そのクソ上司が最初の男なんだってさ。美人でいい人なのに。

明日からどう、このクズ男と接すればいいんだろう。

続きを読む
posted by tsukamoto at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

振ったやつから二回も告白されたら このエントリーを含むはてなブックマーク

振ったやつから二回も告白されたらやっぱりげっそりするもんだろうか。

私がもし振った人から二回告白されたらどう思うだろう。

…なんとも思ってない人なら、ちょっとは嬉しくなって心が動くかもしれない。

苦手な人だったら?…参ったなあ、どう断ったらいいだろう、って困るかもしれない。


スペックによりけりな気がしてきた。

だって大塚愛に(敢えて賛否両論ありそうな人で)

告白二回されたら眼中になくたって少しは考えるもんな。世の中顔か。

続きを読む
posted by tsukamoto at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月25日

元カノからのメール このエントリーを含むはてなブックマーク

元カノからのメール

つい最近彼女が出来たんだけど、昨日その子の誕生日で飲みに言ってたんだ。

そしたら飲んでる最中に元カノから


「新彼女の写メプリーズ」


ってメールが来た。

彼女と一緒に居るときにこんなメールが来たもんだからびっくりした。

実はまだ元カノには何にも報告してなくて、多分友達経由で元カノに伝わったんだと思う。

こういうノリの子だったかな?

何かさ、俺が元カノに降られた時に散々嫌なところを言われてさ、凄いショックだったんだよ。

かなり引きずって、しばらくはほとんど毎晩泣いててさ。

でも、絶対俺を振ったことを後悔させてやる!って思えるようになって、頑張ってたんだよ。

そしたら今の彼女に告白されて「ざまぁみろ!」と思ってたのに、サラッとスルーされたのがすごく悔しい。

俺がどれだけお前のこと好きだったと思ってんだよ。

どれだけ引きずったと思ってんだよ。

偶然会う度に鬱になってさ。

ただ一人で必死なアホじゃん、俺。バカみたい。

結局元カノは俺の事を完璧に友達としてしか見てない事がわかった。

空しいやら、腹立つやら、もうよくわかんないよ・・・。

あんな奴の事忘れてやる。

続きを読む
posted by tsukamoto at 23:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月23日

「逆ロリ現象」の当事者ですが、何か? このエントリーを含むはてなブックマーク

「逆ロリ現象」の当事者ですが、何か?

【独女通信】大学生、高校生に熱をあげる独女-逆ロリ現象を検証する

http://news.livedoor.com/article/detail/3269584/


はい、私は年上の独身女性と付き合ってます。

みんな記事に驚いてるみたいですが、こっちはやっと記事になったか、って感じです。

独女通信は見てるニュースサイトでよく取り上げられてたので、

目を通してたんですが、前からこのことが記事にならないのはちょっと不思議でした。

うちの周りでは当たり前っていうか、

一年くらい前から一つのナンパ方法として普通に話されてましたよ。

付き合う方法としては、携帯の某ネットゲームで話しかけて捕まえるって感じです。

これがけっこう簡単に捕まえられるので、一時期ちょっとしたブームでした。

狙うのはもちろん30代独身女なのですが、注意しなきゃいけないのは

きちんと自分を30代として登録してる人は捕まえられないってことです。

27歳、28歳ってプロフィールに出してる人が狙い目です。

こう表記する人は女としての意識を捨ててなく、かつ年下好きが多い気がします。

こちらの年齢は実際がどうであろうと、17歳とするのが定石です。

これより以下にすると途端に「子ども」として扱われ、異性として接近することは難しくなります。

17歳以下にすることで、ある種の人たちは食いつきますが

その層は数が少ない上に、一癖ある面倒くさい人たちが多く、

友人の報告によると、セックスを拒まれ「オナニーだけ鑑賞させてほしい」と求められたそうです。

あと、年齢だけでなく通ってる学校でも食いつきが違いますね。

私はたまたま某有名大学付属の高校に通っているのですが、

私の通っているところは「優秀」かつ「オシャレ」なイメージを相手に与えるようでその名前を出すとやっぱり食いついてきます。

しかし、記事の反応で「独身女性が余った金で若い男を釣ってる」という受け止め方をしている人がいますが、それは誤解です。

私は実際に三人の女性と会ってますが、そのうち一人とは今も交際が続いてますが、皆さんあまり羽振りはよろしくないです。

今付き合ってる人が、たまにくれるお小遣いは5000円とか、少額です。

こちらの目的が金と身体なのは間違いないですが、年下好きの独身女性がお金持ちかっていうと、ちょっと違うかなって感じです。

私の場合は金よりも身体の比重が大きいですね。

年上女性を操っているという征服感も、けっこう気持ちいいです。あとは背徳感とスリルでしょうか。

今は夏休みなので、交際相手の家に半同棲しているんですが、

この文章も、彼女所有のパソコンを使って書いていて、なかなかスリルがあって楽しいです。

これから会社帰りの彼女と待ち合わせして、外食しに行く予定です。その後はたぶんセックスします。それじゃ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月22日

経過報告 このエントリーを含むはてなブックマーク

経過報告

今女の子にアプローチ中

経過報告


違う大学のサークルと飲み会をやった。(いわゆる合コンに近い?)

そのときに来た数人の女の子の中から一人にピンポイントで話しかけた。

(もちろん自然に。BBQやったんだけど焼けた肉を取ってあげたりしたときに「そういや何年生?」みたいな感じで。)

断続的に2時間くらい二人で話し込んだ。

その中で彼女が携帯をいじり始めたときに「そういや番号教えてよー」と言ってみた。(快くOK)

彼女はまだ地元から出てきてあまり日がたっていないみたいなので、大学周辺の街をあまり知らないらしいことが判明。

そこで「じゃあまた今度案内してあげるよー^^」と言ってみた。


彼女が帰ってから「今日はありがとうー^^楽しかったよ。また来てねー。あ、また暇なとき教えて。街案内してあげるよー^^」

というメールを送った。

「こちらこそありがとう!○○とかあまり知らないから行きたいなー」という返事が来る(好印象?)


よくないとことかこれからのアドバイスとか教えてちょ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月16日

なんで腐女子とつき合わないの? このエントリーを含むはてなブックマーク

なんで腐女子とつき合わないの?

よく「彼女いない歴=年齢」とかって自嘲するオタクがいるけどさ、

毎回思うんだけど、何で身近な女とつき合わないの?

自分がモテない理由を探す前に、身近な女と普通につき合っちゃえばいいじゃん。

身近な女ってのは、腐女子とかオタク女(女オタク?)ね。

いや、俺も今の彼女とつき合う前は、彼女いない歴=年齢の典型的な非モテだったからどんな反応が来るかはだいたい想像できる。

異性として見れないとか、ブスだから嫌とか、そんな浅い理由でしょ。

うちの彼女もまぁ、ブスの部類に入るほうだと思うけど、

そんなことどうでもよくなっちゃうほど、女とつき合うのは楽しいよ。

家でアニメ見たり、オタクスポットを彼女と二人で回るのは楽しいし、

そういうとこで、二人でいちゃいちゃ(これって死語かな?)するのは気持ちいいよ。

萌えアニメ見るよりも、三次元のおっぱいに顔うずめた方が断然癒されるし、

アニメ鑑賞中に意味なく抱き寄せておっぱい揉んだりできるよ。

あとやっぱりセックスはいいね!普段全然露出しないような垢抜けないのが、

全裸で擦り寄ってくるのはかなりいいよ。ギャップ萌えだね。

お互いの性器をぐちゅぐちゅさせながら彼女の目を見ると、「あぁ、生きててよかったなぁー」って思えるよ。マジで。

みんな適当にオタクの女友達をデートに誘って、その気にさせちゃえばいいんだ。オタク女も恋愛に飢えてるよ、たぶん。

顔がブスだとか、言動が痛いとか、そんなのは向こうがこっちを好きになってくれればどうでもよく(むしろ可愛く)なるし。

だから、みんなも手軽に、すぐそこにいる女とつき合えばいいんだよ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月14日

今日急に思い出したよ このエントリーを含むはてなブックマーク

今日急に思い出したよ

一年と少し前、あの人に電話をかけたこと。折り返しかけてきてくれた電話のコール音が鳴った時、神様に勇気下さい、ってお願いしたこと。どう言っていいか解らなくて、どうか関係が今後壊れませんようにと願いながら言葉を選んで伝えた。貴方が友達でなくって、大事な人になってしまった、と。

言ってしまった、という後悔もあれば、それを越える嬉しさがあった。私の気持ちが届けばいい、と願いながら言葉を紡いだ。そうか、ってどこか困ったみたいな返答に、困ってる?と笑って問い返せば、や、困ってはない。と想像しなかった言葉が返ってきた。多分好きな人にとっては、私の恋心は予想の範疇だったんだと思う。

恋心を持っていることを隠せない私の反応を見て面白く思ってたのも本当だと思う。

あの時、あの人は何を思ってくれたんだろう。少しでも嬉しく思ってくれただろうか。

その話題は告白以来、二度と出ない。二人とも顔を合わせていつも通りに笑う。共に出かけることはなくなった。人に対して告白をしたのはあの告白が初めてだった。もうガマンできない、伝えたい、とやや時期尚早なのも解っていて、それでも伝えたくて仕方なかった。

あの時の私は本当に可愛かった。好きな人が変わらない今も思う。この先、この恋は成就しないだろう。

それでも私は人生であの人を好きになれたことを大切に思う。良い恋だった。素敵な恋。

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2007年08月12日

好きな人の指が綺麗だと今日眺めてて思った このエントリーを含むはてなブックマーク

好きな人の指が綺麗だと今日眺めてて思った。ものを持ってたその手を眺めていたんだけど、細くって適度に日焼けてて、血管浮いてたりして、男の人の手、って感じだった。爪も切られてて、一部深爪になってたりして。きっと煙草を吸った直後はあの指からもほんのり煙草の匂いがするんだろう。あの指先に口の中かき回されたいなと思った。指の1本1本舐めさせて貰いたい。ひぃ。なんか変態くさい。変態か。下半身に触られることなんて考えられない。ありえない、ありえない!そんな日が来たら恥ずかしくて死んでしまう。触れられること考えるだけで心臓が爆発する。やばい、おかしいくらいすきだ。

女の欲情も他人には見てとれるもんなんだろうか。…だとしたらもう気付かれてたりして。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 恋愛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。