2007年11月26日

女性用恋愛シミュレーションゲーム このエントリーを含むはてなブックマーク

女性用恋愛シミュレーションゲーム

ってなんで増えないんだろう?

男性向けの、いわゆるギャルゲーとかエロゲーは物凄い市場なのにさ。

女性向けはそれに比べると全然潤ってない。

何故だ。何故なんだ。

もっと増えて欲しいよ。そうすれば質のよいのも出てくるだろうし(ぶっちゃけ今のって絵がどれもいまいちなんだよな…まゆたんみたいな奴ばっかりっつーか)。

たくさんのイケメンに囲まれてマネージャーとかやりてえんだよこっちはよ。

隣の幼馴染に起こされて学校とかいきてえんだよ。もうそういうベッタベタのでいいから。やりたい。飢えてる。

エロとなるともっと減るからね。男性向けは寧ろエロの方が充実してそうでうらやましー。仕方ないから男性向けやったりもしてるけど女キャラは可愛いけど男キャラが全然ダメで……まあ当たり前なんだけどね……

しかし、シチュエーションはベッタベタでもいいけどキャラがベッタベタなのは嫌だな。

めがねに白衣とかもういらんし。教師ネタも飽きたし。ショタもあんま好みじゃない。美形で長髪は勘弁。とか言い出すと本当出来るゲーム無くなっていくんだけど。

かといってBLゲームはなんか違う趣向の話になってくるし。

なんでないのかね。

まあ売れないからなんだろうけど

とするとなんで売れないのか。

なんで女性には恋愛シミュレーションゲームが受けないのか。

……まさか女オタは男オタに比べて結構リアルで彼氏がいるからとかいうオチじゃないだろうな……やめてくれよ!そういう悲しいオチは……

いやでも女オタは結構彼氏いるんだよ、ってのは最近よく言われることだけど、なんか「女オタは彼氏いなさそう」というイメージを払拭するためにえらく躍起になって「彼氏いるんだよ」っていいすぎた感があるような。やっぱ一般人に比べると、いねえべ。うん。まあ私の知る限りじゃだけど。だからそんなオチじゃないと思うんだよね。

やっぱり女オタはBLに走っちゃうからかねぇ。恋シミュなんて興味ないんかねぇ。

あーBLにハマれたらなー楽しそうなんだけど。他の女オタとも楽しく会話できるし。でもハマれないんだよなあどうしても……

どうか質の良い女性用恋愛シミュレーションゲームがこれから出来ますように。

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 男女

2007年11月12日

理系の女の子の取扱説明書について このエントリーを含むはてなブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/gomi-box/20071109/1194613291

こういうエントリは嫌いだ。

名誉男性的な所が。的、というかまさにそれだ。

女でありながら他の女を嫌悪し、私は他の(バカで愚かな)女とは違って(男並に)賢いの、と男のコミュニティへ行き男にしっぽを振る。(本人は対等になっているつもりだが男達はそうは思っていないところは少し哀れなのだが)

それでいて「女の子は生理で辛いの」と、辛いときだけ女らしさで誤魔化そうとする。

結局、本人が嫌う「いかにもな女」になってしまっているところが実に皮肉だ。


私はあんな女とは違うのよ。

やっぱり男友達は女と違って最高ね。

私、(優秀である(と本人が思っている))男っぽいの。


そんな自意識が丸見えで鬱陶しい。

こういう女は嫌いだ俺は。

実は人一倍女という事に拘っている。男っぽい振りしてね。

そう言う拘りを突き抜けた所にいる女が好きだ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 19:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 男女

2007年11月09日

男って このエントリーを含むはてなブックマーク

男って

あっさりと物凄い酷い事を事も無げに言う人多いよね。

自分は相手がそういわれたらと思うとそれだけでなかなか悪口とか言えないのでそういう男の人はどうしてそんな事が出来るのか不思議だったんだけど……

もしかしたらあれかな。女の人は共感する能力が高いっていうけど男の人はそれが低いっていうよね、あれなんだろうか。だから平気で酷い事も言えると。酷い犯罪を犯すのも、ほとんど男性だし。被害者は女性が多いけど加害者は男性ばかりだよね。いやまあ勿論それには他の理由も入り組んでくるんだろうけど。でも無関係じゃないんじゃないかと。共感する能力がないから、何やっても心が痛まないように出来ているんだろうなと。いやあおりじゃなく。でもそれってある意味羨ましいな。私は人を傷つけると自分まで傷ついちゃうけど、それがないっていいよね。他人をどれだけ傷つけても自分はなんともないなんてさ。ある意味羨ましい性格っていうか。だから中学とか、あんなに男子はブスとか氏ねとか簡単に言えちゃうんだろうなぁと。

男の人って、どこか「共感する能力が低い」ことに誇りすら感じてるところあるよね。共感しないでなんぼ、みたいな。

酷い事を簡単に出来てそれに傷つかないっていいよなぁ。本当。そんな性格だったら人生楽しいんだろうなあー。

続きを読む
posted by tsukamoto at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年11月07日

好きな女に奢れもできん男はその時点でタカが知れてる このエントリーを含むはてなブックマーク

好きな女に奢れもできん男はその時点でタカが知れてる

実際ね。

奢るのが嫌だとかバカなこといってる男がいるけどさ。正直俺からしたらアホ。

男女平等だから男が奢るなんてダメとか。正直、バカ。

あのな、恋愛に男女平等持ち込んでどうすんだっての(笑)

つっこむ性、つっこまれる性って時点で恋愛で平等なんて無理。つうか寧ろある意味男が奢ってこそ平等。

前提が違うのに結果同じにしたら不平等に決まってるだろっていう。

男はぶっちゃけとにかくつっこみたい。

女はでもそうじゃない。つっこませる奴を選ぶ。

基本的にこうである以上恋愛市場において女がある意味強者であるのは必然。

俺らはアプローチしなきゃなんない立場なわけ。どうかつっこませてくださいと。

孔雀の羽と一緒だよ。奢っておだてて、アピールすんの。男は。女落とすために。

それはもう自然の摂理。これに文句言うなら神に言え。オスとメスっていう性がある時点でこうなんだから仕方ない。嫌ならカタツムリになれ。

大体、女も、着飾って待ってるわけ。その時点で金かけてるわけ。そっちがメスの役割。

それを金かけて落としにかかるのがオスの役割。

そうなってんだ、動物界は。

で、ま、そんな立場が、奢るの嫌だとかね(笑)だからお前ら非モテなんだと(笑)

大体、好きな女にメシも奢ってやれないような男はその時点でたかがしれてる。まあはっきりいってろくでもない。好きな奴にケチってる時点でカス決定。そういう奴は決まって身なりもダサくて、仮にメスだとしても失格なポジション。もう服装にも金かけねーわ、奢りもしねーわ、そんな奴を誰が選ぶっつーんだって話(笑)女はズルいとかいうけどお前が仮に女になったとしても絶対モテないっつーの(笑)

イケメンなら、メス的に着飾って待つのもいいけどね。でもお前ら自分でよくわかってると思うけどイケメンなわけないだろ?

奢りもしないでお前らに一体何があるっていうわけ?って話。ていうか、ぶっちゃけ大多数は奢ったところでそれでも……なわけだが。

奢ってやっとスタート地点なんだよ。勘違いすんなと。

しかし困った事に、女にも「奢られたくない」とかよくわからんこと言うアホがいる。

自分で自分を安売りして何がしたいのか俺にはさっぱりだ。しかもこういうタイプは意外と高学歴が多い。多分、男女平等という言葉にフラフラ誘われてろくに考えもせず「割り勘」とかいってるんだろう。けど再三言うけど恋愛で男女平等とか有り得ないから(笑)意外と高学歴の連中って、その辺アホなんだよな。そらま、女が奢らなくていいとかいうのはこっちにとっては楽だよ?ただで女ゲットできちゃうんだから。でもそれでいいのかね?俺らが得するだけだぜそれ。自分を安売りしてどうすんだっての。大体、「奢り無し」でひっかかってくるのは上でも言ったとおり粗悪品の男ばっか。いいんかね、それで。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年11月06日

男女の友情とか このエントリーを含むはてなブックマーク

男女の友情とか

ずっと友人だと思っていた男性に手出しされて見事友情崩壊した経験がある者としては、けったくそ悪いものでしかない。

というか先方は最初からやりたいだけだったんかもな。同性同士だったらいい友達でいられたのにと思ったりもしたが、友達だと思っていたのはこっちだけなんかもな。ああ滑稽であることよ。


手出しされたときは、昔読んだ「犬と一緒に育てられた小鹿がなんか勘違いして野犬と仲良くなろうとして喰い殺された」っていう漢文を思い出していた。受けたショックは、ああもう全部しょーもな。と思うことで紛らわす。しょーもな。

続きを読む
posted by tsukamoto at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

男女の友情について このエントリーを含むはてなブックマーク

男女の友情について

なんか色々考えてみたんだけど、

男女の友情間って、男が気を使うかどうかがキーポイントだと思う。


結局、やっちゃえば、均衡が崩れるんですよ。


男の子は好きでなくても、そこに女がいればやっちゃう生物ですが、

かといってやったからといって、恋愛関係に発展するわけじゃなくて、


「まあ、やりたいからやったんだよね、別に恋愛感情はとかは無いよ」


なんて女の子が聞いたら号泣しそうな意見を平気で考えてたりする。

ま、やったからって気持ちが入るかどうかはまた別ってのは男としては分かる。


でも、女の子は、やっちゃうと、どうやら気持ちが入ってくるみたいね。

セックスの口実が欲しいんだろうな。自分が軽くないという結論を導くために。


まあ体の関係になると、崩れるよね。均衡が。


だから、男女の友情関係は


「男が性的欲求を我慢できるかどうか」


が重要なファクターだと思ったりした。

これさえクリアすれば、男女間の友情は成立するといっていいと思う。

ただ、これをクリアできる男は、少数だと思ったほうがいいと思うが。


普通に考えれば、この子は恋人というポジションじゃなくて、

お友達だからこそ意味があるんだから、そういう関係になりたくないと

セーブすればいい話なんだけど、若いうちはなかなか難しいのかも。


まあ、そうやって失敗して勉強していくのもまた、人生。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年11月01日

スイーツ女の実態って このエントリーを含むはてなブックマーク

スイーツ女の実態って

どうなってるの?

  • 仕事は大変>< ランチしか楽しみがないから毎日1000円以上掛けて豪華にする。
    • 豪華なランチをするほど暇のある仕事なのに、毎日昼食に1000円以上も掛けることが出来るのか
  • 休日は平日がんばった自分へのご褒美(笑)にホテルやデパ地下のスイーツ(爆笑)を。
    • 平日はランチを豪華にしてるのに、休日は休日で自分へのご褒美(大爆笑)
  • 服やアクセサリー、バッグは当然とかいうレベルじゃなく、ブランド品。
    • バッグやアクセサリーは一度買えば済むからいいんだが、服なんて数万円するのをちょくちょく買っているようだ。どこにそんな資金力が?
  • 占いを信じてる。純愛映画や純愛小説読みまくり。
    • まあ個人の好きずきじゃないですかね
  • 半年に一回は(海外)旅行。
    • そんなに休みの取れる楽な職場なのに海外に行く金はどこからくるんですか

どうしてそんなに暇そうなのに、お金いっぱいあるんですか?><

思考からいって頭も足りなそうだし。クリエイター(笑)業界人(笑)

やっぱり見えない敵なのかな。でも実際にこういう女見たことあるけどなあ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月31日

化粧苦手 このエントリーを含むはてなブックマーク

化粧苦手

綺麗に化粧してる人を見てるだけならいいけど

顔や唇にキスするときに化学物質ぬりたくられてるってのはいやだよね

胸焼けしてくる

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月30日

女子失格のいちにち このエントリーを含むはてなブックマーク

女子失格のいちにち

よく雑誌にはナチュラルメイクと素っぴんや手抜きは違います! と書いてある。昨日の晩もそういう雑誌の記事を読んで、ふむふむ、と思っていた。手抜きとナチュラルは違うよね、と。

しかし、今日はうっかりファンデーションを塗るのを忘れてしまって、一日中ほぼ素っぴんに近い状態で仕事をしてしまった。手抜きじゃなくてうっかりと忘れた。眉毛は描いてたし、マスカラもしてた。チークも塗ってた。ただ、肝心の肌がダメダメで駅に付く頃には毛穴が浮いてた。いつも化粧直し用の軽い粉しかもっていないから、この毛穴を隠すのは無理だ。ナチュラルにも程がある、全く。

会社の同じ世代の人たちはきちんときれいに身だしなみとして化粧しているのに、素っぴんで自分が仕事しているのは何となく耐え難い。単に気持ちの持ちようなのは分かってる。化粧したってしてなくたって傍から見たら大して変わりはないんだ。でも女の子なんだし、自分である程度満足するようには化けていたいんだ。

という訳で朝から落ち込む。素敵女子を目指して、最近は色々頑張っていたのだけど、女子失格だ。前にもハンカチ忘れたしなぁ。身だしなみがきちんとできないんじゃ、やっぱりダメだな。

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月29日

801もそうなんだが このエントリーを含むはてなブックマーク

801もそうなんだが

そもそも私は、「カップリング」というのがいまいち解せない。

801は勿論だが、そもそも男女カップリングというのも含めていまいち解せない

意味は分かるよ。ただ「カップリング」という概念を楽しむってのがよくわからない。

単体で、「このキャラ萌えるwwwwwww」ってのはよくあるしわかる。

でも「漫画とかアニメのキャラクター同士をくっつかせたい」というような、そういう願望はないし、分からないんだよなあ。

「この世界観が好きだ」とか「このキャラクターが好きだ」とか「このストーリーが好きだ」とかそういうのが基本でさ。

「このキャラクターと、このキャラクターが結ばれればいいのに」とかそういう願望がよく分からない。


下にもあったけどこなたとかがみの話してる様子が和む、とかそういうのはある。

しかし、だからといってそれを恋愛に発展させようという気は全く起こらない。

あくまで彼女達が友達同士でヌルい漫才のような掛け合いをだらーんと続けているのがいいわけで

突然こなたがかがみのことが性的に好きとかいいだしたりキスしだしたりとかするのは全く萌えんわけで

カップリングがまずわからんからそれが男同士の801はもっとわからん

なーんでこんなに皆好きなんだろうな?不思議だ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

なぜ女子がヤオイ好きか分かったから書く このエントリーを含むはてなブックマーク

なぜ女子がヤオイ好きか分かったから書く

理由は二つ

1.男の友情が理解できない。

2.(漫画における)男の恋愛以外への情熱が理解できない。


以下男女差別しながら書くから女性差別嫌いな人や男女平等大好きな人は読まないように。

あと僕は男の子だから本当に女子がこんな風かは知らないので。彼女が居る人は彼女に聞いてみてください。僕は居ないので。


まず1.から。

男は(幻想だと分かっているけど)、男同士の、完全な、100%理解し合える、100%信頼できる友情の存在を信じてる。

だから別に花道と流川の関係も理解できる。ルフィとゾロの関係も理解できる。

でも、女子は同性同士の(つまり女性同士の)友情の存在を理解してない。

だから、花道と流川の関係が理解できない。一番それに近い感情として、恋愛をもってくる。

女子は(幻想だと分かっているけど)、男女間の、完全な、100%理解し合える、100%信頼できる恋愛の存在を信じてるから。

つまり、友情と恋愛を錯覚してしまう。

これがヤオイの動力源になる。


次は2.

少女漫画には、恋愛が軸になってない漫画は無い(と思う。正確に言えば極めて少ない)。

恋愛が主軸で恋愛が行われる場としてのスポーツだったり、恋愛と戦闘が別軸で(でも同等に)存在してたりするから。

少年漫画には、恋愛要素がなかったり、あっても添え物程度の扱いっていう漫画がいくらでもある。

んで、少女漫画に慣れてると、無意識にかどうかは知らないけど、(軸としての)恋愛要素を探す。

でも実際には無いから、独自のフィルターを通して、(男同士の)恋愛要素を見つけ出す。

これがヤオイの動力源になる。


以上、僕の考察はどうでしょう。

さきに断っといたから、気分が悪くなった人が居ても知ったこっちゃ無ぇ。

違ったらなんかリアクションあると嬉しい。

別に無くても気にはしない。

続きを読む
posted by tsukamoto at 06:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月21日

入社数年目、女性 このエントリーを含むはてなブックマーク

入社数年目、女性

望んで入っておきながらアレだが、自分はなにをやってるんだろう。


この会社の事業に貢献したいと、いつも思っておる。でも能力足らずで、男性に負けていることを日常的にひしひしと感じる。

不器用で、仕事にばっか注力して、プライベートはじぶんでどっかにやってしまった。

私生活に時間が割けないのでは決してない。なんだか色々面倒で、じぶんは仕事に生きるんだ! を免罪符に、逃げ回ってきた。


地元で働いている高校時代の友人が結婚した。友人はとっても綺麗で、幸せそうで、でも「仕事も続けるの」と言って、微笑んでいた。

同い年なんだよね。なのに、なんだっけ。これ。

振り返っても私の後ろには結婚どころかなにもない。会社にいるときの「わたし」という殻を外したら、中には何もない。すっからかんだ。


じぶんに言い訳を与えるために仕事に執着して、貢献貢献と恩着せて。っていう構図がみえてきた。ダメネー。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

男子怖えええーっ このエントリーを含むはてなブックマーク

男子怖えええーっ

中学の頃、「男子怖えええーっ」って思った事。

ある休み時間。中学はいってちょい不良にめざめた感じの男子がいつも通り5,6人のグループで座って話している。座り方が、テーブルに足をのっけてみたりしてちょい不良。よりによって私の席のすぐ隣でそれをやってる。私は一人本を読んでた。

「つーかさ。あいつ、ウザくねぇ?w」

「え?あいつって?」

「あいつだよ。エヌ、オー、エイチ、エー、」といってアルファベットを空中に書いている

「あー。野原?」

「そーそー。あいつマジ調子こいてねえ?」

「わかる。こいてるよな。何なのあいつ?本当うぜーんだけど」

「あいつ髪金に染めてたじゃん?」

「あー」

「全っ然似合ってねぇのなwwwwwwwwwwwwww」

「wwwwwwwwwwwwwww」


ここで私は密かにびっくりしていた。

なぜならその「野原(仮名)」は、彼ら不良グループの中の、ボス的存在であって、この学年でも一番の不良だったからだ。そして彼らちょい不良たちは、その野原と一応友達、というかボスとその他に近いのかはわからないけど、とにかく一応は友達のように、いつも一緒に話していたり、バイク雑誌読んでたり、してたわけだ。同学年とはいえちょっと野原に対しその他が遠慮気味ではあったのだが。そんな彼らが、こんな事を言っている。心底びっくりした。

彼らはまだ続ける。


「てか野原さー、あいつ自分がイケメンとか思ってるっしょ?wwwww」

「思ってるw思ってるwwwwwww」

「でも……」

「全然不細工だしwwwwwwwwwwww」

「マジwwwウケルwwwwwwwwwwwwwww」

「あいつ何なんだよ?あんなんで何でいつも偉そうなわけ?」

「しめとくか?」

「しめちゃう?w」


と、そんな会話がずっと続いていた……

普通に仲間だと思ってたのに、陰でこんな事言ってるなんて……

男子怖えええーっ


と私が男子の怖さに震え上がっていると、突然野原がきた。


「てめえら!!」

「やべっ」

「てめえ、山口(仮名)から聞いたぞ。俺の髪にケチつけたらしいな」

「え?いやいや。そんな事してないってw勘違いだって野原w」

「ざけんな!!」


これなんて不良漫画?って感じで机がはじけ飛んだ。野原が悪口いってたやつの一人を机にたたきつけ、教室は騒然となった。私は何故か懸命に「あ、今、読書に集中するあまり何も気がついていませんから」というポーズを決め込み一人護身していた。ケンカになり、先生が来て、不良たちは先生につれられ職員室に引き摺られていった。


突然教室でケンカしだす不良怖っ!とも思ったが、それより個人的には「仲間だと思ってた人たちが影で集団で悪口(それもかなり過激)」という方が怖かった……あれはそれとも不良特有の現象なのだろうか??いっつも野原の前で笑ってる人たちが突然凶悪な顔つきになって「野原マジウゼエエエエエ」モードに入ってるのはなんか怖かったよ…不良同士のケンカなんて中学時代は結構あったからそっちはあんまりアレだったけど…

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

女の妄想 このエントリーを含むはてなブックマーク

女の妄想

女の恋愛話を聞かされると必ずと言っていいほど「運命」だとか「赤い糸」だとか「本当に好きだから」などといった言葉を耳にする。

「偶然私の担当になった美容師さんだから運命だわ」とか「本当に好きだから話しかけることもできない」などとった具合である。

話をしている女性にとっては失礼だが、それら話の内容はとても勘違いや妄想といった領域を超えられるようなものでなく支離滅裂である。

「男から観てどう思う?」みたいな質問をしてきたので答えると「付き合ったことも無いくせになんで分かるの?!もう聞かない!」

と、理不尽極まりない反応をされたこともある。女の話など適当に頷いていれば良いのか・・・。

しかし、その相手と上手くいかなかったと言って「適切なアドバイスを出来なかったお前のせいだ」といって俺に責任を転嫁してくるのはいかがなものか?




ここでひとつ思った。

男は女に対して親しみ易さなど一緒に居て落ち着きを求めるが、女は男に対しては白雪姫のようなメルヘンチックな願望を求めているようだ。

つまり、女性が求めている男性像は毎日気軽に話せる隣人ではなく遠い異国の王子様を求めているのではないだろうか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月19日

銭湯と痴漢対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

銭湯と痴漢対策

だから、めんどくさいからラッシュ時間帯は

女車と男車にわけちゃおうぜ。

ファミリー対策として12歳までは

保護者同伴の下異性用の車両に乗車可。(銭湯基準)

銭湯が性差別だとか聞いたことないべ?

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月15日

3歳児頭悪すぎ このエントリーを含むはてなブックマーク

3歳児頭悪すぎ

さっきのNHK どっちがどっちのコーナー

探偵のお兄さんが2枚の絵を紹介

青の額縁の絵にはしっぽの羽がストレートのアヒル

赤の額縁の絵にはしっぽの羽がぴょんと跳ねてるアヒル

どっちがオスでしょう?という問題

3歳児の群集は出題されたと同時に全員が「青」を連呼

お兄さんは重要なヒントとして、「しっぽが跳ねているのがオス、跳ねていないのがメスだぞ」 と教える。(実際はもっと丁寧に。)

そして、さぁどっちがオスでしょう?と問い直す

3歳児の群集、また「青」を連呼。

お兄さん、少しむずかしかったようだなと言いながら、答えは赤だと教える。

3歳児の群集呆然


こんなもんなのか三歳児は?人の話を全く聞かないのか?それともあれほど丁寧に言っても理解できないのか?

そしてきっと最初に出た瞬間からみんな青がオスだと言ったのは、青は男の色だからという先入観にあると思う。

ジェンダー論を言うのもなんだが、へーと思った。

続きを読む
posted by tsukamoto at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月14日

男の人に関して このエントリーを含むはてなブックマーク

男の人に関して

私には恋人がいます。だから、ヴァレリー・ソラナスになりたいわけでもない。

でも、男の人なんてこの世からいなくなってしまえばいいのにって思うことがたまにある。

先日、渋谷を歩いているときに、キャッチの人に腕をつかまれた。

はっきりいって知らない人ましてや男性に身体を触られるなんて本当にありえないし、

こうしたことが起きる度に、暴言を吐きたいし、そのまま警察に突き出してやりたい気分になる。

でも、腹が立って、例えば腕をつかんだキャッチの男性に対して「キモい」とか

言っても。。。。。と思ってしまう。

多分、エビちゃんとかそれくらい綺麗な人以外、そうした思い上がったと思われるような発言は許されない。

そして、私はものすごく不細工というわけではないけど、どう転んでも一般的に綺麗な人ではない。

小さいだけで可愛いわけでもない。

だって、2chとか見てもそうじゃないか。

女性は美しかったり可愛かったりする人以外たぶん生きていては生けないんでしょう?

きっとほとんどの男性はそう思っていて、私が何か言っても「不細工のくせに」と

思われているように思えてならない。

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月12日

近頃ネット上で男性が このエントリーを含むはてなブックマーク

近頃ネット上で男性が

「女は痴漢にあって大変だけど男も痴漢冤罪とかあるんだからっ!」

的な感じの事を言うのをよく見かける。

しかしどこかこの手の物言いには違和感を感じる。

痴漢冤罪とか、確かに実際そうなった人は大変だし、あってはならないとは思うけど、

でも、昔からかなりたくさんある女の痴漢被害に、あるといってもそれに比べればごく少数の痴漢冤罪をぶつけて、相殺させる感じがなんか違和感。そりゃ冤罪は冤罪で大変だろうけど、数が違いすぎる。それで性犯罪に関する女の苦労男の苦労を相殺してもらっちゃ困る。言っちゃなんだが、ほとんどの男性が一生涯合わないであろう、その程度のもので頻繁に起きる痴漢と相殺するには前者は力不足過ぎるんだよな。なんか「えー……それで『だからオアイコ』みたいな方向に持ってくわけ?」ってちょっとうんざりする。この手の発言を見かけると。

続きを読む
posted by tsukamoto at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月11日

女が多い企業は脆弱になる このエントリーを含むはてなブックマーク

女が多い企業は脆弱になる

単に女が休む、辞めるが多いからだけど。

仕事の場面で女が出来ることで、男が出来ないことってなにかある?

セックスのお仕事くらいじゃないの?

女が増えれば増えるだけ、不確実性が増す。

給料安く使えるならともかく、男と同じ給料払うなら、そりゃ男を採ったほうがいいって。

女の経営者だってそう思うよ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

2007年10月07日

なぜ、男は一人旅をしないのだろうか? このエントリーを含むはてなブックマーク

なぜ、男は一人旅をしないのだろうか?

明日から3連休というこんな日の夕暮れには、宿へ向かって歩く旅行者の姿が散見される。

そんな観光地の風景を見つつ、ふと思ったのは、なぜ旅行、特に一人旅をするのは女の方が多いのだろう?ということ。

特に、男の一人旅ってのは、ほとんど見ない。なぜ、男は一人旅をしないのだろうか?普段は男の方が一人を好むと思うのに。なぜなんだろう。

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。