2007年12月11日

ベーコンとキャベツのパスタの作り方 このエントリーを含むはてなブックマーク

ベーコンとキャベツのパスタの作り方

準備するもの
  • ベーコン。適当な量
  • キャベツ。一人分なら1/8カットくらい。多めは多めで美味しい。
  • にんにく。適当量。ひとかけくらいか。
  • 塩。適量。
  • クリームシチューの素。顆粒タイプでも板チョコタイプでも。板チョコタイプなら1/4くらい。
  • サラダ油。適量。
作り方
  1. 鍋に水を入れて火にかけます。適当にさじで塩を入れて、かるく混ぜ、蓋を閉めて放置します。
  2. フライパンに油を適当に入れます。健康を気にしないなら多めに、どばっと。にんにくをみじん切りして油に投入します。火は弱火。じわじわ加熱しながらその横で、ベーコンを1cm幅くらいで切ります。切った端からフライパンに投入します。
  3. じわじわベーコンを炒めながら、キャベツを切ります。これも1cm幅くらい。
  4. ベーコンがわりとカリカリに仕上がって来たら、キャベツを投入します。がしがし炒めます。
  5. キャベツに火が大体通ったあたりで鍋の湯が沸くので、そこから200mlほどフライパンに投入し、鍋にパスタをお好みの量投入します。
  6. フライパンの水がぼこぼこしたところでシチューの素を入れ、蓋を閉めて火を消します。ちょっと放置。この間に包丁やらまな板やらを片付けます。
  7. 大体待ったな、というところで蓋を開けます。シチューの素が大体溶けているので弱火でぐるぐるかき混ぜます。味を見て、塩で調整します。微妙に牛乳を入れても美味しいです。
  8. 麺がやや固め位に茹で上がったところで、フライパンに麺を移します。ぐるぐるかき混ぜて、胡椒を多めに挽き、もう一度かるく混ぜながら火を入れて、皿に移します。
  9. フライパンを流しにおいて、上から鍋の湯をあけます。そうしておいて鍋を洗って、フライパンを洗います。
  10. テーブルに出来上がったパスタを持っていって、食べます。
  11. 食べ終わったら、皿を洗って、完了。

ごはん終わってから台所に鍋とかフライパンが残っていると著しく洗う気力がなくなりますが、これならOKです。そして非常に簡単です。シチューの素とベーコンの味で特に頑張らなくとも普通に美味しくなります。試すべし。

キャベツではなく白菜でも美味しいですし、ベーコンの代わりにツナ缶や鶏肉でやってもわりといけます。しかし味の面からいうとベーコン最強です。胡椒はたっぷりと。面を茹でる時の塩もたっぷりと。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:02 | Comment(2) | TrackBack(0) |

2007年12月09日

最強のなべものは このエントリーを含むはてなブックマーク

最強のなべものは

俺としてはしゃぶしゃぶだと思うんだけど、増田はどう思う?

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月23日

最強のお好み焼きの具は このエントリーを含むはてなブックマーク

最強のお好み焼きの具は

俺としてはイカだと思うのだが、増田はどう思う?

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月20日

日本の食文化崩壊も始まってるよきっと。 このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の食文化崩壊も始まってるよきっと。

これ名前言っちゃって良いのかな。

東海ローカルの寿司チェーン店で魚錠って店があるんだけどね。

弟が寿司が食いたいっつうから、少ないバイト代でいける回転寿司にいったのさ。

安かろう悪かろうって言葉はあるから一応そこらへんは覚悟してたんだけどね。

まー、チェーン店なんでそれなりにおいしかった。

もちろん、職人が握ってるお寿司屋さんとは全然違うけど、普通にうまいなーっておもって食べてたんだけどね。

それで弟が店員に直接お寿司を注文したわけですよ、たしかアジだったかな、いや、それまでもしてたんですけど。

そのときは違った。

何が違ったって。

熱々のご飯に魚の切り身をのせて「お待たせいたしました」。

いや、待ってないけどさ。

そりゃあもう待ってないよ、熱々だもんねそのシャリ。

弟が「この寿司あったかい…」とか言うから触ってみたら普通にホットですよ。

それでさ、俺はクレームとか嫌いなんだけどさ。

さすがに、この寿司はないだろうとおもってその店員さんに。

「ちょっとこのご飯温かいんですけど……」って言ったんだよ。

そしたらさ、店員さん「はい、温かいですよ?」って、不思議そうに言ってくるんです。

ああ、そうなんだ………。

お寿司って温かいご飯が普通なんだ…………。

ごめんなさい、俺の家族は今まで寿司じゃないものを食べてたみたいなんだ、ごめんね店員さん変なこと聞いて。


いやね、日本の有名な伝統的な料理でも知らない人っているもんなんだよね。

そう言う人が、知らないまま変な料理の形で作って出すってことが起きるようになるんじゃないかな。

そして知らないままこれが○○って料理なんだーって食べる人も出てくるんじゃないかなぁ。

なんか、一部のご家庭の中ではそういうことがいっぱい起きてそう。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月18日

圧力鍋とオーブンについて大いに語る このエントリーを含むはてなブックマーク

http://anond.hatelabo.jp/20071116111049

チリさん居たー!チリビーンズ美味しく出来たよ、水中眼鏡は買ってないから泣いたけど(笑)

無理に動画入れなくても俺はチリさんの絶妙コメント入りのがイイ。というより好きだ。爆笑付きね。


ところでオーブンとか圧力鍋をサラッと使いこなしてる感じでビックリなんだけど、素人でもすぐ慣れるかな。

ちょっと頑張ればイケそうなんならチャレンジしてみたいなと。

実は引き出物で頂いたのが出番なくて箱のまま寝てるんだけど、フライパンや鍋みたいにサッと片付けられないようなので

ツイツイ面倒になってずっとそのまま。誰かと結婚する予定も未だ無し。

面倒くさがり屋にも使えそうなら「コメント下さい」!!

続きを読む
posted by tsukamoto at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月13日

姉の料理が壊滅的にマズい このエントリーを含むはてなブックマーク

姉の料理が壊滅的にマズい

姉の料理が壊滅的にマズい。なにしろ姉と結婚当初、まるまるとしていた義兄が日々痩せ衰えていく。とにかく油っこく、味が薄く、見た目も悪い。そして手際も悪い。

ちなみに、同じ食生活で育った俺は人並みに作ることができる。父も簡単なものなら作る。そして母はものすごく料理がうまいのだ。家族の中で姉だけが、何か抜け落ちたかのように哀しい結果になってしまっていた。

姉自身もそのことに気付いており、コンプレックスを抱いていたようだ。姉宅にはたくさんの料理本が並び、母も熱心に作り方を教えていた。それでも一向に上達する気配が見られない。長い間、姉の料理センスの無さは、我が家の三大不思議の一つだった(残り二つは「出かける間際に何故か鍵がなくなる」「知らない間に掃除機が機動している」)。

ところがだ。母が姉に電話で指南しているところを傍から聞いていて、姉の料理がひどい理由が分かったような気がした。煮魚かなにかの作り方についてだったと思う。母は姉に「水分がなくなるまで煮るだけよ」と言った。そうか、コレだったのだ。母は料理がうまい。だから姉がどこから躓いているのか理解していなかったのだ。「煮るだけだったら、味が全くないだろ」と俺が言うと、「味をつけるのは当たり前でしょ、そこからは煮るだけよ」と母は言う。その日、姉は予想を裏切らず、味が全くない魚の水煮を義兄に出した。

母のやり方を盗み見して料理を覚えていった俺や父と違い、姉は母の直接指導を受けてしまった。母は自分が常識だと思っている「水にさらしてアクを取る」「青物は最後に入れる」「ダシを入れる」等の料理の基本を完全にスルーして最後の手順だけ姉に伝えている。これでは、まともなものが出来るはずがない。どれもちょっと考えればおかしいと気付くだろうに、残念なことに姉は昔から素直に親の言うことをきく子なのだった。

続きを読む
posted by tsukamoto at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月10日

雑誌でおすすめだったスイーツ(笑)とやらを食べてきたが このエントリーを含むはてなブックマーク

雑誌でおすすめだったスイーツ(笑)とやらを食べてきたが

美味いじゃん。結構。ザッハトルテ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月06日

おいしいチリの作り方 このエントリーを含むはてなブックマーク

おいしいチリの作り方

http://anond.hatelabo.jp/20071105082423

吾輩は猫である・・・まで読んだ。


おいしいチリビーンズの作り方

辛い物好き…でもカロリーが…という貴方のための料理。作り方は簡単、30分ぐらいでできるよ!たぶん!感覚的に!

材料
  • トマト缶一つ(100以下)
  • 豆の缶詰(120ぐらい?なんでもいい)
  • タマネギ一つ
  • ニンニク一個(ニンニク好きなので。ひとかけらでもイイかも)
  • 挽肉1パック(100gぐらい?小さめの適当な大きさのを。鳥でも豚でも。鳥の方が俺は好き)
  • スパイス…というかハーブ?(大さじ2杯ぐらい。買ったは良いけど使い切ってないのがいっぱいあるだろ!増田の台所には!それを適当にミックスして小皿に取っておく)
  • 唐辛子少々(量は好きずき。入れすぎても何とかなるから、がつんと上記の小皿に一緒に入れておく)

上記の材料は挽肉を冷凍しておけば、あとは保存が利くから便利だよ。


作り方
  • ニンニクを刻む

好きに切り刻め。飽きてくるから適当にな。

  • タマネギを刻む

さいの目に。刻み方は検索するといろいろ出てくるのでまかせた。

包丁を研いでおくと涙目になりにくい。でも、俺は水中眼鏡をつかってる。

  • 挽肉のパックを開けて塩コショウしておく

準備しておくと楽だ。

  • 片手鍋にオリーブオイルを多めに入れてニンニクを炒める

香り付けだから適当に。

  • タマネギを投入して炒める

これは透明&やや茶色ぐらいまで丁寧に炒める。

木べらがあると炒めるのが楽だということに最近気がついた。

  • 挽肉を投入

色が変わるぐらいまで炒める。煮るんだから炒めなくても良いと思うんだけど、どのレシピ見ても炒めろってある。なんでだろ?

  • 火を止めてトマト缶&豆缶投入。水を加える

水はひたひたになるぐらい。トマト缶は刻まれていないヤツの場合、包丁を缶に突っ込んで刻んでから入れると楽。トマト缶で水をくむと、きれいにトマト成分が全部入って気持ちいい。

  • スパイスを加えて煮る

適当に煮る。30分ぐらい?いつも圧力鍋を使ってるからよくわからん。豆は水煮されているし、煮たりなくて困ることはないと思うけど。

圧力鍋の場合、蒸気で回り出して5分+自然放熱。

  • 煮えたら塩を足して食う

塩が絶対的に足りないのでよそったら自分の味になるまで塩を足せ。

ちなみに蓋を開けたときに真っ赤になっていたら良い出来あがり。香辛料成分がオリーブオイルに移っているって事だから。

終わりに

適当によそって食え!クラッカーと一緒に食べると、映画の食事みたいでかっこいいぞ!コロンボ風もあり。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年09月29日

あんかけ粥レシピ このエントリーを含むはてなブックマーク

http://anond.hatelabo.jp/20070922020446

うまそう。

自分のためにメモしとく。さんきゅ。


基本のおかゆ&あんかけがゆ - [料理のABC]All About

http://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20030504a/


ほっくりあんかけ粥 - レシピ | ウーマンエキサイト

http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/?recipe_id=ed8081abf441a8b715d536108e0f2b0c


教えて!goo 栄養のある粥(雑炊?)の作り方を教えてください

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1712486.html


あんかけ粥 by ふにゃふにゃ [クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが20万品!

http://cookpad.com/mykitchen/recipe/178906/

posted by tsukamoto at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年06月22日

ワインに詳しい人に質問 このエントリーを含むはてなブックマーク

ワインに詳しい人に質問

ワインの銘柄ってどの程度知ってるものかな?


今ちょっとワインの通販ページ作る仕事してるんだけど、担当者がセレクトショップの店長を前面に出すこととワインの銘柄じゃなくて画像を載せることに強く拘ってて。

そっちの世界に詳しくないからその店長がどの程度知名度のある人なのか知らないんだけど、どうもワインに強い関心を抱いてる人なら知ってる(そうでない人は知らない)ような人物らしい。


自分としては、

  • その店長を知ってる人ならそもそもワインに詳しいから見た目より銘柄で選ぶんじゃないか(だから画像を並べるより銘柄情報を中心にすべきだ)
  • 見た目で選ぶような人ならその店長のことを知らないんじゃないか(だからワイン画像だけに絞って店長とか載せなくていいんじゃないか)

と思ったので、ターゲット層がどっちなのか担当者に訊いたんだけど、「いいから言われた通りにやれ」と取り付く島もない。


あ、念の為に書いておくと、ワインボトルの画像は一切掲載されていない訳じゃなくて、銘柄をクリックすると画像とともにワインの詳しいデータが開くようになってるんだけど。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年06月21日

おいしいコーヒー個人的まとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

おいしいコーヒー個人的まとめ

http://anond.hatelabo.jp/20070601150016

趣味で模擬喫茶店みたいなのやってた。今でも一人暮らしなのに毎月1Kg飲んでる。

【おいしさの重要度】

淹れたて>挽きたて>>炒りたて>>>>>豆のブランド

  • 淹れたての目安 一時間。
  • 挽きたての目安 一日。  最初の1日は「コーヒー」、1日たつと「コーヒー風飲料」、3日たつと「黒い液体」、7日以降は「廃液」
  • 炒りたての目安 一ヶ月。 (店側も炒った日時がわかってないことが多いけど。一週間以内がベスト)

とりあえず家でできることは、淹れる前に挽くことと飲む分だけ少しずつ淹れること。

それと高級豆よりも売れ筋の安い豆のほうが実はおいしい。(商品の回転が早くて鮮度がいいので)。庶民にコーヒーのブランドは無意味。

あと、常識だけど最初の蒸らしでコーヒー粉がモコモコしてくるのがおいしい証拠。

一杯分のお湯を沸かす5分の間に手際良く豆を挽いてペーパー置いてカップ温めて準備する、慣れるとこの儀式そのものが気分転換になってくる。


P.S.コーヒーの豆価格上昇はコーヒー農場をやめてバイオエタノール生産に切り替わってるからだとニュースで読んだけど?

※予想外にブクマついたので追記。

豆の「焙煎風味」自体が好きな人は高級麦茶も買ってみ。スーパーででも。300円の江戸麦茶で珈琲に無い真髄?が味わえるよ。

更に追記。ブクマでのコメント、参考になります。よかったら増田でご自身の論陣を張ってみるのも一興かと。納得されるもよし、撃墜されるもよし。

続きを読む
posted by tsukamoto at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年06月02日

コーヒー好きの増田に質問 このエントリーを含むはてなブックマーク

コーヒー好きの増田に質問

増田はコーヒーがお好きなようだから、ちょっと質問。

今は粉買ってきてるんだけど、やっぱり豆からだと全然違う?ドトールとかで豆買って、安い手動のミル買って挽いて、これまた安い上からお湯が落ちてくるだけのようなコーヒーメーカーのフィルターに挽いた豆をセットすれば、今よりはおいしいのが飲めるのかなあ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年05月29日

パスタを作るときは このエントリーを含むはてなブックマーク

参考になる書き込みが多いです。あとでやって見よ。

パスタを作るときは

前にはなまるマーケットでやっていたフライパンで作るパスタって方法で作ってる。

分量は一人分として、フライパンに水500mlを入れて沸騰させて、塩を入れてパスタ一人分を入れる。そのまま中火で煮詰めていって大体水が蒸発した頃に丁度パスタも茹で上がるので、お湯切りする必要もないというもの。すげー簡単。二人分作るときは確か水の量を700mlくらいにするんだったはず。フライパンの大きさ的にそれ以上の量は多分無理。だから基本一人暮らし向け。

最近はこれで手抜きペペロンチーノもどきを作ってる。

パスタをフライパンに入れたところで乾燥ニンニクスライスも一緒に入れて、水が蒸発しきる直前辺りでオリーブオイルを大さじ一、二杯くらい入れてあえて、最後に輪切りとうがらしを適量入れて混ぜて出来上がり。煮詰まったパスタのゆで汁にはでんぷん質が濃いめに溶け込んでて、これとオリーブオイルが上手く反応していい感じに乳化してくれるので、ちゃんとしたオイルソースになる。

アレンジとしては、キャベツなどの葉もの野菜やきのこ類なんかも一緒に茹でたりして具にすることもある。

とにかく簡単だし洗い物も少なくて済むししかも下手に手間かけてオイルソース作るよりも上手くオイルソースが出来るしで個人的にはこの方法がマジ最強。


ありがとうはなまるマーケット。


追記

ゆで汁を煮詰めたものなので、ゆでるときに入れた塩が残ります。だからゆでる時に入れる塩は味付けしたいくらいの分量の塩で。その他には基本的に塩味無用。同様の理由で、市販のパスタソースと合わせるのはあまりお勧めしません。自分もこれで一度地雷踏んだことがある。書き忘れてスマソん。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(1) |

2007年05月19日

カレーは素晴らしい このエントリーを含むはてなブックマーク

カレーは素晴らしい

昨日のランチから数えて四食、ずっとカレーを食べている。


昨日の昼ごはん:ハンバーグカレー

昨日の夕ごはん:手作りカレー

今日の朝ごはん:手作りカレー(昨日の残り)

今日の昼ごはん:インドカレー


何よりも驚きなのは、全く飽きていないことだ。

むしろまだまだカレーが食べたくて仕方ない。バッチコイ。

ああカレーはすばらしい。

続きを読む
posted by tsukamoto at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(1) |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。