2007年12月09日

今年読んだ中で一番面白かった本 このエントリーを含むはてなブックマーク

今年読んだ中で一番面白かった本

今年読んだ中で一番面白かった本って何?

小説でも実用書でも何でもいいから教えれ。


ちなみに俺は転職面接必勝法って本。

転職するつもりはないんだけど、面接って相手に自分を売り込むことなんだよね。

仕事の中でも相手に買ってもらえる自分をアピールできたらって思って読んでみたんだけど期待以上の内容でした。

仕事に活かせてるかはまだわからないけど。

とまあ、こんな簡単な感じでいいので内容や読み終えた感想も書いてくれるとうれしいです。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年11月28日

なぜ百合は流行らない? このエントリーを含むはてなブックマーク

なぜ百合は流行らない?

女性が女キャラクター(一般的に男性が好むようなもの。少女漫画のキャラとかそういうのじゃなくて)を好きになったりアイドルを好きになったりというのは割りと近頃よく聞く話。

まあその中のどれだけが「女なのにそんなものが好きなアタシ☆アピール」なのかは分からないが、そういうアピールヌキにしてガチでアイドルが好き、女キャラクターが好きという女性はその逆よりはいそうではある。彼女らの主張としては「嫉妬とかじゃなくて女は可愛いものが好きだから」とかまあ色々あるわけだが、……が、しかし、それならなぜ百合が流行らないのか。

女性は可愛い女の子が結構好き。BLのように、女性は関係性に萌えることが多い。ならば百合は絶好の萌えではないか?と思うのだが。なぜ広まらないのか。

「可愛い女の子が好き」と言う女性でも大抵、「でも百合は別」と言う。

これは何故なのだろう。


というのも私は女で百合が好きなのである。可愛い女の子も勿論好きだ。だからこそ不思議だ。なぜ百合を好む女性はこうも少ないのか……可愛い女の子が好き!と言う女性は割りと多いのにも関わらず。


ということはやはり「可愛い女の子が好き」というのはほとんどの場合「女なのにそんなものが好きなアタシアピール」なんだろうか?とすると少し個人的には寂しいが。

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年11月27日

CLANNADは女が見てはいけなかった このエントリーを含むはてなブックマーク

CLANNADは女が見てはいけなかった

CLANNADのアニメを見てるんだけども、頭の良さそうな女子が一人もいない。普通の知能すら持ち合わせていなさそうだ。頭がいいという設定の女子ですら、「わかんないです><」を酷くしたみたいな知恵遅れ。これが男ヲタの理想の少女像なのかと思うとゾッとした。

あと、自分のことをクールで頭が良いと思っていそうな主人公が心底キモイ。

イケメン(笑)スイーツ(笑)とCLANNADは人生(笑)は並列にしてもいいんじゃないかな。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年11月24日

よい中二病的設定と悪い中二病的設定 このエントリーを含むはてなブックマーク

よい中二病的設定と悪い中二病的設定

中二病という言葉がはやったせいか、中二病的設定というだけで嫌われる傾向にある。例えば「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士」とか。でもこうした中二病的設定もきちんとストーリに組み込まれていればいいと思う。「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士」という設定がきちんとストーリの中で生きておもしろけばいいじゃないんだろうか。世の中には超能力が出てくる推理小説もあるしね。逆になんらストーリとはなんのかかわりもない中二病的設定はやっぱ痛い。

って、設定全般に言えることかも。

続きを読む
posted by tsukamoto at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年11月13日

差異化ゲームかよ(プと言われそうだけど。 このエントリーを含むはてなブックマーク

差異化ゲームかよ(プと言われそうだけど。

尾崎豊やブルーハーツが大好きな永遠の童貞中学生ノリ上司にも困ったもんだけど、同年代のハイロウズ、奥田民生好きにはそれ以上にイラッとする。社会にきちんと適応してるけど、適度に肩の力も抜いている俺、みたいなのに酔い痴れている匂いがするから。「イージューライダー」をカラオケでがなった後に、「あーあー、会社辞めて旅にでてーなー」とか辞める気なんか全然ないくせに冗談めかしてボヤく姿なんかみると、軽く殺意を覚える。まだミスチル歌って自己陶酔している奴の方が愛敬がある。

ところで、今井美樹の「プライド」とか松田聖子の「抱いて…」を歌いながら、思わせぶりな目線を誰かに投げかけている女ってなんなんだアレ。不倫願望があるのか、それとも実際してるのか。もしくは釣っているのか。別に他意はないのか。謎だわー。どこの飲み会行っても一人はいるんだが。

続きを読む
posted by tsukamoto at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

最近の漫画とかって このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の漫画とかって

やけに「人は死んだら絶対生き返らない」ってことさらに主張するのが多くね?

まあ別にいいけど、漫画なんだから夢見させればいいのに。パーンと生き返ったりしてもええやん。漫画だし。

なんでそういやにリアルなんだ最近の漫画って。

それが前提の世界観なのは別に普通だしどうだっていいけどあんま何度も念いれて主張されると分かってるけどなんか冷める

なんで漫画読んでるときに現実つきつけられないといけないんだって気持ちになるのかもしれん。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月31日

アニメ業界はもう滅ぼせ このエントリーを含むはてなブックマーク

アニメ業界はもう滅ぼせ

http://soulwarden.exblog.jp/6469132/

ニセモノの良心 テレビ局はアニメのお金の中抜きをしているか?

のコメント欄に興味深い記述があった。

 端的に言えば、2,30年前の水準と比べて10分の1くらいしか商品価値がなくなってるのに、下手に(迂闊に)昔と比べて高水準のコンテンツ出してるから、馬鹿は絶対錯覚してるんですよ。アニメは発展してるって。

 そんなわけネーだろと。

 20年前の10分の1の商品価値しかないものに20年前と同じくらいの水準の資金提供してるんだから、現場が博打感覚になるのが当たり前だろ、っていうか。上っ面の数字だけ見て流行ってると錯覚してる馬鹿は死んでください。

 週刊ジャンプやマガジンなんかの少年週刊雑誌全般が、今どの程度の売り上げなんだか分かってる? って感じ。最盛期('80年代??'90年代初頭)の3分の1くらいしか無いんですけど。

 市場が一極寡占化してるから、一部を除いて全部ダメが普通なんですけど。

 アニメの大元になる漫画ですらそういう状況なのに、なんでアニメが流行るんだ。そんなわけネーだろ。常識的に言って。

 (中略)スマップの兄ちゃんが「僕たち毎日アニメ見てます」ってテレビで連呼しても絶対増えないくらいアニメ離れが進んでるんだっつうの。

 そういう状況で派手に豪華にストイックにやっても、ホントに自分の首絞めてるだけなんだよ。そこが分からない限り、何やっても無駄よ。

 そもそも市場規模が大きくなってないんだから派手にも豪華にもする必要はまったくないのに勝手にやって進歩だ前進だって喜んで、いざ気が付いたら自分(オ・タ・ク)ら以外誰も見てないの。アニメは。元々そういうもんだし、これからもずっとそういうもの。

 一般家庭の一般的な心理として、どんな内容のものが出るかよりも、家族揃って見られないものが、一番嫌われるんだよ。みんなで食卓囲んでるときにひとりだけテレビ観てたらダメなの。だから、ゴールデンタイムのアニメだって人気は全然無いの。実際のところ。何を放映するかの問題じゃなくて、そもそもその時間帯に流すな馬鹿と思われてると。そういうレベル。ゲームでも、高性能のPS3より家族で遊べるwiiのほうが人気でしょうが。それにしたって、ご飯時になってもやり続けたら取り上げられるよ。世の中そんなもんでしょ。普通に。

 そういうレベルで(それでいいよと諦めて)ガチッと安定しない限り、発展だ進歩だと偉そう言っても、絶対に通用しないの。しよう・させようと思うなら自分らが「30分視聴で拝観料1万円出す」くらいの覚悟で見てろと言うに。

 タダで好きなだけ見て文句垂れて現場が貧しければ「誰かが銭盗んでる」とか、どんだけ自己中なんだって笑われてお仕舞いですよ。そんなもん。世間知らずもいいとこ。

 趣味でアニメ作って勝手に流してるわけじゃなくて仕事でやってそれで生きてる人が居るんだから、そもそもタダで見ること自体が不遜の極みだっつう。スポンサー頼みでいいじゃな??い、なんて甘いこと言ってられるのは昔の話で、人気無いからスポンサーが撤退しましたなんつう事態になって、自分らで制作費から何から面倒見れないんだったら、そんなもんに何の意味も無いんですっての。

>「30分視聴で拝観料1万円出す」

↑(冗談ではあるけど)冗談じゃなく、本気でこのくらいまで性根据えてからモノ言えよって感じなんですけど。

 タダで見られること自体、どんだけ有り難いんだよって話だわ。それをわざわざ横取りするネット界隈が、正味どんだけ嫌われてるか考えてみろっつうに。

 ネット神話でモノを言うな。ネットで海賊アニメ見るヤツは人間の屑だ。

これだけ引用してしまうと、本文の方を相当長く書かないと「正規の引用」にならないので大変だが、

一連の議論において本質的な部分だと思うので、敢えて長く引いた。

ぼくはアニメが好きだけど、アニメファンじゃない。

アニメ雑誌は買わないし声優のラジオも聞かないし、アニメのDVDは『エヴァ』と『時かけ』と『トップをねらえ』しか買ってないし、

9年前に見られた環境にあったのに今時『カウボーイビバップ』初めて見て「すげー面白い」って思ってる程度の人間だ。

何より『宇宙戦艦ヤマト』も『機動戦士ガンダム』もまだ全話通しては見てない。


その程度の人間だから冷たく言い放つけど、アニメ業界なんて滅ぼしてしまえば?


ぼくもご多分に漏れず頭が悪いから、「テレビまんが」から独立し、あたかもアニメが高尚な表現の可能なメディアだと思いこみ、

おもちゃ屋の宣伝から独立し、彼らから半ば金だまし取るようにして『王立宇宙軍』作っちゃったり、OVAで『パトレイバー』を

売ったり、おもちゃ屋のスポンサー無しに『エヴァ』を放送したりして、ハイクオリティなアニメが当たり前のように空から

降ってくるのを、ある意味当然だと思ってたわけだ。

そういう人間が多くいたから、アニメ業界の方も引き時が分からずに、分不相応なハイクオリティなアニメを作ってたわけだ。

結局第二次大戦の時やバブルの時と同じで、攻勢点の限界を全然見極められなかったわけだね、またしても。

要するにもう誰もアニメなんて見てないんだし必要ともされていないんだから、アニメなんて作り続ける必要ないよね。

少子化の時代に見合った規模でおもちゃ屋からスポンサード受けられるごく一部のアニメをロークオリティで作り、

それと、既に巨匠と言われている人たちがこれからアニメ作るための環境だけ残して、後は総撤収すればいいんだよ。

アニメーターは、これも一部の名人を残してあとは全員廃業。

だって、アニメーターとしての待遇上げる事に成功したって、結局韓国中国への流出が加速するだけなんだし、アニメーターとしての

稼ぎより、バイトで稼いだ方が儲かるでしょ?

どうしてもアニメを作りたいなら、それこそ自分でアニメ作ってニコニコに投稿すれば、神と崇められるだろうし、プライドは満足させられるんじゃない?

もちろんそうなれば、業界に入る事自体が著しく困難になる。

本当に描きたい人は、必死に言葉覚えて、韓国中国に渡ってそっちのアニメ制作下請けに雇われる道もあるだろうけど。

そうして後継者不足になり、日本のアニメ文化絶滅の危機となれば、もしかしたら国が「保護文化財」として

金を出してくれるようになるかもしれない。

出してくれないかもしれないけど、どうせならそうやって国に保護させた方が、かえってアニメの保護のためには

いいかもしれないと思うよ。

国家に保護されない文化なんて、ある意味大したこと無いわけで。

上のエントリのコメント欄には、こんな書き込みもあった。


アニメ業界についての批判が集まっていますが、お笑い芸人なんかも売れるまでは相当悲惨な生活ですし、深夜アニメより安い制作費のバラエティーなんて、ざらにあります。そっちは批判しないのかな?

アニメ業界が苦しいのは、もともとパイが大きくないからなんです。

http://blog.radionikkei.jp/star/index.php?ID=54

>豆腐業界の市場の規模は?目標のシェアは?

一般家庭で食べているお豆腐、油揚げ、納豆、などで6000億円、外食などすべてふくめますと1兆円市場、また卸の市場は3500億円から4000億円と言われています。

アニメ業界は豆腐業界に規模において負けているわけです。

豆腐業界の人がリッチだという話は聞いたことがありませんが...

アニメってそんなに儲かるんですかね?

こんな零細産業を分不相応に見せかけてるんだもん、そりゃバブルも弾けるでしょ。

一回潰しましょうよこんなん。

続きを読む
posted by tsukamoto at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月27日

アニメは誰のためにあるのか このエントリーを含むはてなブックマーク

アニメは誰のためにあるのか

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1047553.html

 結論から。ジブリとか京アニとか、実力のあるアニメ会社以外はつぶれればいい。アニメ業界なんて崩壊すればいい。


 著作権を錦の御旗にしている人間は何なの? 法律が絶対だと思っている遵法主義者? そもそも、インターネットがいったん広がってしまえば、遅かれ早かれ著作権の概念を変える必要があることは当たり前。いつまでもインターネットの無かった時代の枠組みで話していてもダメだと。パラダイムシフトしちゃえよ、製作者側も。


 大体、最近のアニメって地方ではやってくれないし、朝とか夕方とか、観やすい時間にやってくれない。というか、そういう時間にあってても、見る価値があるアニメかどうか分からないけれども。時代が変わってしまった。新聞のテレビ欄を観てみろ。観たいアニメがいつ放送されている? そもそもあなたの住んでいる地域で見たいアニメは放送されていますか? んで、一度も見たこと無いアニメに一話2000円(ぐらい)出せますか?(レンタルを利用すれば、最後の問題は解決できるが、見たいアニメが田舎のレンタルショップに入荷するかどうかは未知数)


 どうせ、ニコニコユーザーを訴えても現状は変わらない。第二、第三のニコニコがあらわれるだけ。そもそもニコニコユーザーを訴えるほどの労力をつかう気力のあるアニメ会社が存在するのか。


 いつからアニメはオタクだけのものになったのか。アニメはもっと自由であるべきだ。ニコニコがなくなればライトオタは消えるだろう。「本当にアニメが好きな人のため」の市場をつくりたいのなら、ニコニコは消えるべきだ。ようつべも消えるべきだ。あらゆる違法行為はなくなるべきだ。しかし、「本当にアニメが好きな人」だけでは市場は成り立たない。映画を観ているのが全員「映画が好きで好きでたまらない人」ではないだろう。マンガだって、ドラマだって同じ。ライトオタを締め出せば、ヘビーオタだけになる。数年はそれでもいいかもしれないが、新しい客層が参入してこないことになる。結果、DVDなどの媒体は売れなくなる。そのときは一体、誰に文句を言えばいい?


 この手の話になると最終的な結論はいつも「2,3人をスケープゴートにすればいい」というものである。正論すぎて反論する気もなくなる。また、同時にその結論は机上の空論でもある。いつまでたっても実行されない、ただ議論に勝つため(正論を振りかざすため)だけの結論。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月24日

アニメどころかコンテンツ産業全体が地盤沈下してるじゃん このエントリーを含むはてなブックマーク

アニメどころかコンテンツ産業全体が地盤沈下してるじゃん

IT業界でサービス作ってるんですけど、ちょっとコンテンツ作れる人を雇おうとしたんです。

で、面接やってるんですけど、やってて日本のコンテンツ産業が本当に心配になってきました。

というのも、来る人来る人がオーバースペックなもんで。

いや正確に言うと、オーバースペックというよりは

別の分野で優れたキャリア・職能を持っている人が来ている感じ。

例えば、

 「原チャリでスーパーに買い物に行きたいのにデカい4WDが来た」とか、

 「DVD観たいだけなのにPS3が来た」

みたいな、こちらの希望と角度がちょっとズレてスペックが高い人が多いんですよ。

いや、そりゃこっちは優秀な人が来るのがいいに決まってるんですけど。

履歴書見ながら、

 「ほんとに派遣でいいんですか?」とか、

 「給料これでいいんですか?」とかついつい聞きたくなってしまう。


で、遠回りに聞いてみると、伝わってくるのは既存メディアの瓦解っぷり。

要は既存メディアが縮小しちゃって、人材が流出してITに流れてきてるってことなんですね。

話には聞いてたけど、それにしてもすごい。

だって、新聞記者やら、誰でも知ってる雑誌の編集長クラスの人や、

番組制作会社の元社長が派遣で応募してきちゃうんですよ?

もう面接の中身よりも相手のバックグラウンドに考えが行って

深く考え込んでしまうのでありました。


テレビ局、とくに TBS なんかは普通にもう情報を扱う組織として

有り得ないレベルに来ていると思うんですけど、

その背景には、この「人材流出」があるんじゃないかと思うんですよ。

要は現場(番組制作会社)に情報の扱い方を知っている人もいなければ、

情報の扱い方に関するノウハウをマネジメントできる人もいなくて、

もう中身スカスカな産業になっちゃってるのではないかと。


なんかアニメの制作現場がどうとか今更騒いでたりもしますが、

そんなレベルじゃない、

 「日本のコンテンツ産業の構造基盤自体がもう既にダメ」

な状況を目の当たりにして、自分の身の振り方とかも

しっかり考えておかないとな??、と思った次第であります。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月20日

どこかに このエントリーを含むはてなブックマーク

どこかに

ミステリが好きで、綾辻行人とか北村薫とか有栖川有栖とか加納朋子とか若竹七海とか倉知淳とか清涼院流水とか篠田真由美とか近藤史恵とか西澤保彦とか仁木悦子とか黒田研二とか読んでて、

メフィスト賞が結構好きで、殊能将之とか辻村深月とか小路幸也とか森博嗣とか京極夏彦とか好きで、

このミスだと海堂尊と水原秀策いいね、って思ってて、

日本ファンタジーノベル大賞大好きで、恩田陸とか浅暮三文とか畠山恵とか沢村凛とか愛して止まなくて、

SFだと森岡浩之とか野尻抱介とか小川一水とか梶尾真治とか山本弘とか好きで、

ホラーだと貴志祐介とか小林泰三とか最強と思ってて、

ハードボイルド系だと打海文三とか柴田よしきとか大沢在昌とか逢坂剛とか真保裕一とか藤原伊織とか気に入ってて、

電撃からコバルトまでラノベには全部チェック入れつつ、上遠野浩平とか時雨沢恵一とか古橋秀之とか秋山完人とか須賀しのぶとか高殿円とか三浦真奈美とか氷室冴子とか小野不由美とか好きで、

ちょっと腐った方向にも対応可で、実はBLもバリバリ読むよ、木原音瀬とか榎田尤利とか月村奎とか好きだよ!なんて人はいないものか……

いやもうこの際レンタルマギカの黒羽と影崎について萌え語りに付き合ってくれるだけでいい。猫屋敷といつきに関して賛同してくれるだけでいい……!

続きを読む
posted by tsukamoto at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月19日

音声学を少しかじってた人からみた"初音ミク" このエントリーを含むはてなブックマーク

少しばかり音声学をかじったことのある元言語屋としては、

初音ミクの歌声は吐き気がするほど不自然で気持ち悪い。

「具体的にどこが?」って聞かれても、そこまで熱心に

学問やってたわけじゃないからうまく説明できないんだけど。

あー、音声学もっと真剣にやっておけばよかった。


つまり、少なくともぼくにとってはこういうことだ。

初音ミクの歌声は、まったく聞けたものではない。

昔の音声合成システムと比べれば、多少ましになったかしら?

いや、それでもまだまだ百年早いよね?とかそんなレベル。


ただ、テレビ局や電通が、ネットで噂されているような姑息な手段を

使って初音ミクをつぶそうとしてるとしているのが真実ならば、

それは良くないことだ、と思う。

続きを読む
posted by tsukamoto at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月16日

今回のTBS初音ミク騒動について - はてな匿名ダイアリー このエントリーを含むはてなブックマーク

今回のTBS初音ミク騒動について

どうもこの件に関しては、「TBSはネットでの盛り上がりなど新しい流行を正当に評価できず、いつもの調子でオタクをオモチャにした放送しかできなかった」という単純な論調が散見される。が。

甘い。甘すぎる。

TBSはともかく「彼ら」は、初音ミクを正しく評価している。これは、あちら側からの明確な意思と目的を持った先制攻撃である、とはっきり認識するべきだ。



初音ミクの流行はさまざまな将来の可能性を示唆している。その中のひとつが「アイドル」の新しい形だ。

現実の人間ではないヴァーチャルなアイドルは、過去に何度も模索されてきた。「アイドルはウンコしない」の名言が示すとおり、アイドルとは純粋な可愛さの記号であり、人間的な生活臭は時として欠点となるのだ。しかし過去のヴァーチャルアイドルは、どれも品質や方向性がファンを満足させるものではなく、失笑とともに無視されていたのが現実だ。

だが、この流れは技術の進化とともに確実に変わってきている。少なくとも外見に関しては、THE IDOLM@STERがひとつの完成形を見せた。しかし「歌については人間の歌手が声をあてなければいけない」という最大の問題は解決されずに残っていた。

初音ミクは、この最後の砦が攻略可能であるという道筋をはっきりと示したのだ。



これにより将来を脅かされるのは誰か? 人間の女性のアイドルたちであり、それにより商売をしている事務所。そう、ホリプロだ。

「アッコにおまかせ」は、ホリプロが最も直接的にその内容をコントロール可能である番組だということを忘れてはいけない。あの放送の真意は、「初音ミクみたいなものを好きになるということは、こんな気持ち悪いオタクたちの一員になることですよ」という印象操作なのだ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

マニアの批評眼 このエントリーを含むはてなブックマーク

ものすごくたくさん映画をみている人の映画について語る言葉が妙に貧しかったり、ものすごくたくさん漫画を読んでる人の漫画について語る言葉が以下同文だったり、文学について以下同様につき略だったりすることがしばしばあるけど、あれはなんだろう。要するに、マニアであることはそのジャンルに対する批評眼をむしろ貧しくさせることがある、ような気がするのだけど(必ずそうなるとは思わないけど)。マニアになることで歪みが生じるのか、ある種の批評精神が欠落してるからマニアになるのか、それとも単に、マニアの世界にいってしまった人々の立場から見えるものは、素人にはわからない、というバカの壁なのだろうか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

オタクも二極分化がすすんでるだろ このエントリーを含むはてなブックマーク

以下妄想。

ハルヒの頃から思ってたんだけどさ、オタクも二極分化がすすんでるだろ。

簡単に言うと、初音ミクでギャーギャー騒ぐ層と、何も感じない層。前者はオタク文化自体が好きというわけではなくて、ただ「何もすることがないから体育会系の部活に入る中学生」と同じようにオタク文化になれしたしんでいるだけで、別にそれがなくなったからと言って死ぬわけではないけれども、仲間意識だけは強い。後者は本気でオタク文化が好きだから、ディープな話題にも乗っていける。ただ、少し空気が読めないところがある。

たまに同人ショップとかいくとさ、身なりがきちんとしていて一見して「この人オタク?」って人がいる一方で、毛髪も顔も貧相でかわいそうな40代ぐらいのオッサンがいる。前者は多分さ、もう40代にもなったらオタクやめてると思うんだよね。普通に恋愛して結婚して、子供生まれて、たまに昔の友達とオタク文化を介してバカやったことを思い出して「あの頃はよかったなあ」と思い出にひたる。一方で、マジなオタク(見た目が貧相な方ね)の人は「やめ時」が分からなくて、死ぬまでオタクをやる。一連のオタクバッシングで損をするのは、見た目的に劣っている後者の方。それで、さらに一般人に対するルサンチマンが強くなって、自閉的になっていく。

大体、オタク市場も肥大化してきているから、秋葉原にいる人たちを一言で「オタク」とくくるのにも無理が出てきている。なんとかならないのか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

ごめん、やっぱ無理。 このエントリーを含むはてなブックマーク

ごめん、やっぱ無理。

うん、「また」なんだ。済まない。 TBSの初音ミク特集の件だ。


最初は気持ちは分かるが萌えなんか理解しようの無いオバサン向けバラエティなんだしファンの過剰反応だろう、ぐらいに思っていた。

が、コレを読んで気が変わった。

coldcupのメモ 2007-10-14 VIPのスレに降臨したtask氏の全発言

話が長いので上手く引用できないが、出演者が経緯を語っている。

途中で写真が出てくるが自宅にアニメ内?の女子制服と等身大アニメキャラのタペストリを飾ってるような人らしい。コレは標準を超えたオタクだ。毎日虹裏に通って基準値がずれてるならはっきり言おう。コイツは変態だ。

(俺はヤラせだというからてっきり小道具や衣装は用意されたのだと思っていた)


実際、上記で出てくる番組の企画書という簡単な台本では普通のソフトの紹介でしかない。当初はごく普通に話題の新製品をお茶の間に伝えるつもりでしかなかったことが良く分かる。

出演者が美味しすぎたのだ。俺がディレクターでもそっちを弄れというだろう。そのほうが断然面白い。つまり特集自体は新ソフト紹介から変態くんご紹介に変わってしまっている。

だから

「初音ミクがマスコミの印象操作に使われてしまった」

「馬鹿にするつもりだったのがあまりにも出来が良くて、(番組制作側にとって)面白くないから無理矢理放送しなかったようにしか見えない」


『「アッコ」祭り状態に オタク叩きに「初音ミク」ユーザー激怒』 産経ニュース2007.10.15 13:02

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/071015/med0710151302000-n1.htm

これはもはやオウンゴールだろ。被害妄想じゃん。

もうほっとけよ、傷はどんどん広がってるぞ。


かわいそうな巻き添え食ったクリプトンはテレビ東京に連絡してトレタマに紹介してもらうように交渉しろ(制作費の敷居が下がって音楽市場が活性化するとかビジネスくさい理屈もつけて)。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

少女趣味増田 このエントリーを含むはてなブックマーク

少女趣味増田

少女趣味な増田を見るとイラリとするのですが、どうでしょう。

多分ここの位置づけはチラシの裏なのでしょうから(違ったらごめんなさい)、別にここで浸ったって酔ってたっていいでしょうと言われそうですが、それにしてもそこから生まれるものがなさすぎでは。もちろん何かを生まなければならない訳ではありませんが…

まだTBSオタク論争のほうがよっぽど高尚に思えます。と思う私の存在は、増田的に許されますか。けっきょくわたしも思うだけだ。浸ってるなあ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

なんとかミクってのが革命を起こすだのなんの言われてるけど このエントリーを含むはてなブックマーク

なんとかミクってのが革命を起こすだのなんの言われてるけど

なんかミクのボーカロイドの技術がどうこうとかいうことを、TBSの騒動の中で見たけど、前からボーカロイドってあったよね。

数年前に2chのDTM板あたりで、

FF6の劇中歌(セリスが歌うオペラ)をボーカロイドに歌わせてうpされて地味に各所で話題になってた。

ミクの音声合成丸出しの声よりも、下手だが合成っぽくない声だった。

(劇中ではずぶの素人が歌っているので、そういう意味ではリアルだった)

技術は進歩したろうけど、元の声の素材が声優(?)で、萌え絵つけて売り出しただけで革命とか言われてもピンとこない。

たまたまニコニコとかのインフラが整ったところに出たから話題になっただけじゃないのかなあ。

セカンドライフの時に感じた古参チマンを、再び感じる。

続きを読む
posted by tsukamoto at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年10月02日

男の人はどうやってストレス解消してるんだろう このエントリーを含むはてなブックマーク

男の人はどうやってストレス解消してるんだろう

女なら、おいしいものを食べる、温泉、エステ、カラオケ、買い物、習い事、いくらでも思いつくんだけど。


男はどうなんだろう?酒を飲む?酒飲んで愚痴るってあんまストレス解消にはならない気がする。まぁ酒飲んで地面につばはいたり看板叩き壊したりっていうのは多少のストレス解消にはなってるんだろうか。

風俗は?でもそれは性欲の処理であってストレス解消になるのかな。

スポーツも、誰もがやってるわけじゃないし...。


この前道の真ん中で大喧嘩してたタクシーの運転手を見て、ストレスたまってんだなぁって思った。

すぐ切れる=若者とかヒステリー=女とかいうイメージあるけど、実際街中でヒステリー起こしてどなりちらしてるのってたいていいい年したおっさんな気がする。

痴漢はおっさんが多いっていうのも、ストレスが過剰に溜まってるせいじゃないだろうか。

続きを読む
posted by tsukamoto at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年09月30日

鉄道は偉大だ このエントリーを含むはてなブックマーク

鉄道は偉大だ。

鉄道がなければ、新幹線がなければ、今の日本はなかっただろう。

そんな鉄道にほれ込んだ人々を世の中は「鉄オタ」などと軽蔑する。

僕にはその気持ちが分からない。


鉄道の知識は、本当に役立つ。


特定の地域しか走らない車両だってたくさんあるし、路線専用塗装もある。

だからドラマのシーンなどでちょっと列車が写れば、大体の地域、特に特徴的な列車なら、さらに詳しくロケ地が分かる。


昨日、なんとなく映画「花田少年史」を冒頭30分ぐらい、ちょっと見たが、その中に列車が写るシーンがあった。

105系。それも小野田線塗装。だからすぐにロケ地は小野田線沿線(=山口県)だと分かった。


これを彼女にでも言ってみるとしよう。

彼女は「すごい!」としかいいようがないだろう。


しかし、そんな彼女だって、彼氏が鉄道好きだと知ると、「鉄道好き=鉄道オタク=オタク=キモイ=最悪」と自動脳内連想され、「別れましょ」なんて展開もおかしくはない。


これほど鉄道好きに悪いイメージが付いているのは、一部のファンの行動のせいや、鉄道自体への評価が悪くなっているからだろう。


じゃ、同じように大きな事故を起こしたことがある飛行機のファンはここまで批判されないんだ?

飛行機なんかより鉄道の方が遥かに安全。

止められないようなことになっても、地上なわけだから、マットでも用意すれば、なんとか降りることだって可能だ!極端すぎるが。

一方飛行機は、標高(?)が高いため、飛び降りようなんて真似できない。


新幹線だってシステム自体を見直さなければならない事故は一度も起きたことはない。


しかし他の交通機関は「ガイド」がないため、事故が起こりやすい。

特に車は大量に人を乗せられないので、もし鉄道がなければ世界中事故だらけ。

死亡率ランキングトップ3に入ったっておかしくない。


なのになんでそんな機関のファンは批判されずに、鉄道だけが批判される運命なのだ?

これはおかしい!絶対差別だ!!

続きを読む
posted by tsukamoto at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2007年09月29日

私家版AV女優トップ10 このエントリーを含むはてなブックマーク

私家版AV女優トップ10

職業研究者,ブログでは政治や学問について考え,mixiには近況を報告しているがこちらも内容は優等生。で,AV超好き。

1位:椎名舞

AVを見始めて10年,恐らく1000本以上見てきたと思うが,作品全部持ってるのはこの人だけ。シチュエーションとかコスチュームとかこだわるほうだがこの人については「いてくれればそれでいい」レベル。顔,体,声,全てがストライク。エラだけがたまにちょっと気になるけど,文句なしの1位。

2位:雛野つばめ

この人はもっと評価されていい(2ちゃん某スレより)。顔,体ともに文句なしのトップレベル。当時はなんでこんなアイドルになってもおかしくないような子がAVに!?と興奮した。絡みの最中もその容姿は崩れることなく,根本的に可愛いと思う。

3位:小川流果

並み居る古参を押しのけて,椎名舞に迫る勢いを見せたのがこの人。とにかく可愛い。顔が好き。胸もいい。キャラがいい。太りやすい体質のようで,作品によって可愛さに幅があるが,猫のコスチュームでご主人様の友達にやられてしまう絡みは,俺史上最高。

4位:持田薫

ほしのあきに通じる体つき。死ぬほど柔らかそうな乳。形はあれだけど,そこがまたいい。顔は美人とは言えないけど,愛嬌があって,笑顔がすごくいい。AV男優の中での人気も高いらしい。この人も作品によって幅があるけど,人間廃業とか逆ソープ天国の頃は本当に可愛かった。

5位:水野はるき

とにかく体がいい。ほどよく肉づき,柔らかそう。この人の絡みを見ていると,男優が羨ましくなる。田渕とかこの人とやってるときすごい嬉しそうだ。奥もすごい興奮してた。目がすごく綺麗で,イメージショットのときとかすごい可愛い。絡みのとき目を閉じるとそうでもなくなるのが残念。あえぎ声が可愛い。

6位:聖さやか

この人を語るのはなかなかに難しい。まあ,あの巨乳は魅力だけどそんなに綺麗な乳でもないし,それだけの人ではない。絡みのときの甘えた仕草がいいのかも。感度がすごくいいし。ツンデレなところもいい。キスNGの時期があったようで,たまにキスしてるの見るとすごい興奮する。

7位:七瀬あゆみ

知らない人も多いかもしれない。あまり出演してない。俺の中では強烈な印象を残した。とにかくものすごい可愛いと思う。同意を得たいとは思わないが。女の子らしい体つきで,彼女にしたいというような人。ぶりっこもいい。絡み始めるといきなり老けるのが残念というか,不思議。

8位:彩名杏子

可愛いし超巨乳で,もっと上位にランクインしても良さそうだがこの位置。絡みになるとすごい崩れるので。あごの形が不自然な感じ。普段はそれもチャームポイントなのだが。それにしても見事な巨乳。ただ,感度が悪いよね。ガバガバっぽくて,男優さんもピストンが心なしか長くなってる。

9位:北村うるか

こちらも可愛いし巨乳だがあのシャクレがね・・・時々残念な感じになる。十分トップレベルだが。後期,劇痩せしてちょっと見ていて気の毒になるような容姿になってしまった。ふっくらしていた頃は本当に可愛かった。

10位:堤さやか

紋舞らんとどっちか迷ったが,紋舞らんのあの偽乳はたまに見ていてへこむのでこちらを。この人の絆創膏もちょっとへこむが。あと前歯も。でも一時代を築いただけあってどの作品もクオリティは高い。安心して購入できる人。ロリなんだけど大人びたところもあるのが好き。

次点の方々:紋舞らん,有賀美穂,桃井望,小倉ありす,蒼井そら,加納瑞穂,宮澤ゆうな,伊藤真紀,上原空,夏目ナナ。

続きを読む
posted by tsukamoto at 21:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。